So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

セラーで最高の生ハム!KATE ZAHARRA [レストラン(ビルバオ)]

バスク2日目(土曜)昼

ランチは、5~6年前に知り合ったバスク人の友人(多か国語を操りますので、私たちとは日本語で会話してくれます)が、しばらく語学留学などで中国にいたのですが、夏からマドリッドに住んでおり、イースター休暇でちょうどビルバオ近くの実家に戻っているとのことだったので、その友人と一緒にKATE ZAHARRAへ行きました。

KATE ZAHARRA
数年前からいる日本語ペラペラのカマレロも、初めて行ったときからずっといるカマレロもいました。新しく若いカマレロも増えていましたが、一貫として(?)カマレラはいません。男性オンリーのポリシーなのかしら?それとも私たちが行ったときだけの偶然?
2人とも、また今年も来てくれてありがとう、覚えてるよ~と言ってくれました。
このお店はPenとかに紹介もされましたし、この数年かなり日本人客も多くなったようで、日本語ペラペラ氏は非常に重宝されているようです。
バスク人の友人と、バスク人のカマレロが日本語で会話するという妙なシチュエーションにちょっとほっこり。

このお店は、何と言っても最初に地下のセラー(もちろんセラーに行かなくても食べられますが)で頂く生ハムが最高です。
そして地下のセラーはなかなかの見応えなので、是非行ってみて欲しいと思います。
毎年ついここで飲んでしまうカバのクリプタと共に生ハムをいただき、一階の食事席へ移動。
毎回悩みつつ、結局今回もエビの鉄板焼きと大アサリの鉄板焼きを頼んでしまう(笑)
このお店はお肉と野菜は正直そうでもないので、やはり魚介類です。
今日は4人なのでラペ(あんこう)を注文しました(ベスーゴにしようかと思いましたが、ベスーゴはこの時期は産卵後であまり美味しくない時期なのだそうです、入荷もなかったようです)。
エビとアサリは安定の美味しさ。
来年は久々にエビをやめて小イカのフリットにしようかな(でも娘はイカはあまり食べないので悩みます)。
ラペは大きくてもっちりしていて食べ応えありました。塩味も海外にしては全然濃くないのがまたいいですね。

食後はテラスへ移動して食後酒を。
もうこれ無料でいいからっておかわり2杯ずつ注いでくれました。

今日はイースター前日ということで、旧市街入り口にバスクフェストというお祭りみたいなのが出ていたり、イースターパレードがあるということで、ちょっと食後に覗きに行きました。
バスクフェストでは、バスクの競技(力技、力を競うものが多い)や伝統スポーツのペロータを子供にやらせるというのをやっていました。バスク人の友人が娘について通訳してくれたので、娘もしっかり楽しめたみたいです。
イースターパレードは、各教会毎に衣装が決まっていて、昨日見たKKKっぽいのも含め、色違いで全部KKKっぽい軍団が、モユア広場から近い教会のある広場に集結してまた音楽鳴らしながら去って行くという感じのパレードでした。
裸足の人とかも居て、この日は結構寒かったのにすごいなあ・・・。
子供も一緒にパレードしていましたが、ちょっともう嫌そうな感じなのが笑えました。

さて、夜に向けてホテルに戻り、入浴してからまたバル巡りに出発です。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。