So-net無料ブログ作成
検索選択
バル(オンダリビア) ブログトップ

オンダリビアのバル2017(2) [バル(オンダリビア)]

バスク5日目昼

さて、ランチのバル巡りです。
まずは、昨日お休みだった、コンクールで賞を取ったピンチョがあるというお店へ。

Sardara
今までの例にもれず、広くて明るい店内です。
カウンターにバスクの地ビールが5種類ほど瓶で置いてあり、ピルスナータイプを試してみました。さわやかでフルーティなビールです。
賞をとったピンチョはどれかと聞くと、黒板の横に書いてあるメニューだと教えてくれました。
その賞をとったピンチョが表紙になっている立派な本も見せてくれました。
賞をとったピンチョはバカラオの皮をぱりっとさせたものに、バカラオのクリーム仕立てをミルフィーユのようにはさんだバカラオピンチョで、サクサクミルフィーユな感じです。
美味しいけれど、キレイ食べるのは困難(笑)
あとはマルミタコというこの地方の郷土煮込み料理を注文、これまた非常に家庭的な素朴な味わいじゃがいもと鰹の煮込み料理でした。どちらも美味しかったです。
Gran Sol
この後はビルバオに移動のため、昨日美味しいと思ったボラデカルネが食べられない!と、再訪。
ボラデカルネ、サンセバにはときどきあるらしいので、次回からは探してみよう。
ここのトルティージャは、飴色タマネギたっぷりで、NESTORに近い感じです。
そして娘がボラデケソを食べるというので、それも注文。
ついつい食べ過ぎちゃいます。

ALAMEDA
本日のメインイベントのバルです。城壁の外にあります。
星付きレストランに併設されているこのバルは、とてもオシャレでキレイです。
メニューは季節ごとくらいに変わるらしく、繁忙期はピンチョスも多いらしいですが、この時期はラシオンものが多かったです。
セビーチェ、美味しいですが、添えられたトルティヤチップスは不要かなあ。
鶏の金沢風、照り焼き風味がほっとします(笑)。毎年金沢市から料理人が来て、日本フェアみたいなのをするらしく、そのときに置いていったレシピらしいです。
カジョス、これも上品に仕上がっていて美味しいんだけど、いかんせん半分でいいなあ、量的に。
最後にはシェフがおすすめと行ってきた、豚耳のソテー。とても食べやすくて美味しかったです。
うーん、美味しかった。
また是非来たいですね。
サンセバから30分なので、日帰りで来ることもできますしね。

DANONTZAT
パラドールからすぐ近くの小さな通りにあります。
ウエイターが日本語の前掛け(エプロンじゃ無くて、魚屋みたいなやつ)をかけていました。日本人がバイトしていたそうで、その人にもらったんだそうです。
シェフは超ハイテンションなオネエっぽいシェフでした(笑)
ここのスペシャリテらしい、牛タンを目の前でサラマンダーで炙ってくれるピンチョをいただきました。美味しかったです。
さすがにお腹いっぱいなので、これ以外は食べられませんでした。
帰り際、娘にも私にもハイテンションでハグしてくれました(笑)
パラドールから近くの裏通りみたいな小道にひっそりあるバルですが、人気のようで混んでいました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

オンダリビアのバル2017(1) [バル(オンダリビア)]

バスク4日目夜

ついやっぱりシエスタしてしまい、危うく寝過ごすところでした。
さっきまで大雨でしたが、傘が無くても大丈夫な程度になっています。ほっ。
また石畳の道を降りてバル街に向かいます。坂道を降りたところに、私たちがサンセバスチャンで勝手に成城石井と呼んでいるSOLBESがありました。チェーン店だったのね(笑)
オンダリビアも夏はかなり混むらしいのですが、平日夜の閑散期なので、どこも入りやすい程度の混み具合でした。
オンダリビアのバル巡りで驚いたのは、どこもポーションが大きいこと!
確かに価格は1つ4ユーロ前後なのですが、サンセバスチャンの2倍くらいのポーションです。
そしてなんだか黒板のメニューが読めない・・・と思っていたらフランス語だったりとか。
フランス側からも、気軽に食べに来る人とかいそうですしね。

SENRA
サンセバスチャンのグロス地区に同名のクロケッタのバルがありますが、無関係らしいです(笑)。SENRAというのは、名字だそうで、バスク人の名字なのかな?
カウンターに、オシャレなピンチョが並んでいます(見本かと思ったけれど、見本じゃないらしい。あまりたくさん作り置きして置いておかないスタイルのようです)。
明るくて広い店内。
オンゴのリゾットと、カリレラ、そしてエビとベーコンとピメントの串焼きをオーダー。
どれも美味しかったです。

ARDKA VINOTEKA
先ほどのお店よりも、ややワインバーという雰囲気の強い店内です。
イベリコ豚の薄切り焼き(TACOと書いてあるのは薄切りを意味するらしいのですが、日本で言うところの焼き肉用くらいの厚みはありますね)、鴨のソテー、そしてホタテのソテーをオーダー。
どれもオシャレにソースがかかっています。
オンダリビア恐るべし!

Gran Sol
オンダリビアで一番有名なバルと言っても過言では無いでしょう。
ここの一押しという、パンくずに温泉卵を乗せてフォンをかけたピンチョ、美味しいです。
ボラデカルネ、ちょっとピリ辛の挽肉をアメリカンドックのような生地でくるんで揚げたピンチョはこのあたりの典型的ピンチョなのだそうです。サンセバあたりまでなら時々あるようですが(次回は是非探してみよう)、ビルバオまで行くとほぼ見ないそう。これ美味しいです。お気に入り!
チャンピのチーズ詰め焼きもなかなかのボリューム、これも美味しい。
「偽寿司」というネーミングの、ムール貝の詰め物みたいなものを酢飯風に仕立てたピンチョはお箸が付いてきます。面白いけれど、次回は頼まないかな。
豚の腕肉の煮込みは、ドイツのアイスバインような感じでとても美味しかったです。
そしてボラデケソ、ボラデカルネのチーズ版です。クリーミーなチーズがとろけて酒のつまみです。
うん、満腹です。

最後にちょっと一杯パラドールのバルで飲みました。
ホテルのバルとは思えない良心的な価格でした。このバルまでは、宿泊者じゃ無くても入れるので、ちょっと雰囲気感じるのにはいいかもしれません。
レベル高くて楽しいぞオンダリビア!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
バル(オンダリビア) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。