So-net無料ブログ作成
バル(ビルバオ) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

ビルバオのバル2015(4) [バル(ビルバオ)]

寝過ごして、かつまだおなかもそれなりにいっぱいなのだけれど、それでもバル巡りをする私たち、我ながらあきれます。
時間がないので、すぐにトラムに乗って旧市街へ。
今回ビルバオでコンプリートしすぎのピンチョモルーノです。

MELILLA Y FEZ
さすがに今日は土曜夜、結構忙しそうです。注文したら向こうから「一本は辛くないやつね?」と。
このスパイシーさが、おなかいっぱいでもけっこうすんなり食べられてしまうので恐ろしい。

FEZから旧市街中心へ向かって歩くと遊具のある子供向けの公園があるのですが、この時点で21時過ぎだというのに、公園の中にはものすごくたくさんの幼稚園児~小学校中学年くらいまでの子供たちが遊んでいます。そして、公園の周りには、テラス席で飲んでいる親、公園の周りで飲んでいる親、たぶんすぐ近くのバルの中で飲んでいる親、とにかく飲んでいる親たち(笑)。
日本ではありえない光景だな~と思いつつ、娘も当然遊びたがったので、郷に入っては郷に従えとばかりに私たちも近くのバルからビールをテイクアウトしてきて公園の周りで飲みながら娘が遊ぶのを見ていました。

MOTRIKES
ピリ辛マッシュルーム、やっぱりこれとピンチョモルーノが私たちのビルバオでははずせないピンチョです。
腹ごなしがてら新市街方面へ向かいます。

GAZTANDEGI
昨日のチーズが美味しかったので、23時を回ってはいたけれどまだ開いていたので寄りました。
デニッシュ生地のあたためてもらうピンチョと、イディアサバルチーズのスモーク、白ワインと赤ワイン。
さすがにこれ以上はもう今日は食べられません。

お部屋に戻って、シャワーもなんとか浴びた感じで倒れるように寝ました(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビルバオのバル2015(3) [バル(ビルバオ)]

一眠りから覚めて、夜の部へ出発。今夜は新市街方面を回る予定です。

EL VIEJO ZORTZI
星付きレストランのカジュアルラインとしてやっているレストラン併設のバル、3年ぶりくらいの訪問です。
ここはカウンターにはピンチョがなく、すべてオーダー。どれもおしゃれです。
ポテトブラバス(見たことがないくらい上品な感じだった)とカリレラ(こちらも上品、娘にほぼ全部食べられた)、さすがという感じでした。
それでも価格は良心的なのがいいですね。
メリアからだと、ここは近いのもまたいいです。

mugi
前から気になっていたお店。やっと訪問。
こちらはカウンターにたくさんのピンチョが並んでいます(でも並べ方はおしゃれ)。なんと入り口にルイロデ
レールのクリスタルが置いてあります。シャンパン、しかもクリスタルが置いてあるバルは初めてかな~。いや、飲まないけど。
カリエンテはラシオンでしか置いていないとのことでおすすめを聞くと、キノコのピンチョだという。
マッシュルームを薄切りして味付けしてオイル漬けにした感じのものが薄切りトーストにのった感じ。結構普通に美味しかった。

GAZTANDEGI
チーズ専門のバル。
最初に「白ワインと赤ワインひとつずつ」と言ってから、「やっぱり赤(リオハ)2つ」と注文しなおすと、お店のお兄ちゃんに「ここの白はビスカイヤ産のチャコリで、美味しいよ、すごくいいんだよ!ビスカイヤだよ!白すごくいいよ!」と超熱烈にすすめられ、白と赤をもらいました(笑)
冷たいチーズ系ピンチョしか無いと思っていたら、実はよく見たら温めてくれる系のチーズピンチョもあって、これを注文。パイ巻きみたいなピンチョとか、温めてくれる系はかなり美味しかったです。
さほどチーズラブでもない夫も絶賛でした。(私はもともとチーズラブ)

EME
去年行きたかったのに改装中だったお店。中はとてもキレイになっていました。奥にレストランぽいスペースも出来ていました。
ボリュームたっぷりに見える(実際ボリュームたっぷり)のにペロッと食べられてしまうビルバオ人のソウルフードサンドイッチに舌鼓、美味しかったです。

IRUNA
やっぱり娘がピンチョモルーノ食べたい、というので再訪。金曜夜なので激混みです。
屋台に並ぶ私、席とる夫と娘に分かれてなんとか目的のピンチョモルーノをゲット!
娘もあっという間に完食、それなりに食べている私たちもつい完食。魔物ですなあ、ピンチョモルーノ。

すっかり夜10時もまわっていたので、IRUNAの最寄り駅であるabandoからトラムでホテルに帰りました。
寝るつもりだったのに、穀類食べたい夫と娘の熱望で、ごんぶとを食べて寝ました(苦笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビルバオのバル2015(2) [バル(ビルバオ)]

ビルバオ2日目

朝食は例年のごとく、お部屋で炊飯。
ちょうど娘と夫が米に植えてきた頃なので、目の色を変えてご飯にとびつく2人です。
一合炊きのトラベルクッカーなのですが、娘が5分の3はおにぎりにして食べてしまい。
カップラーメンを作ったのですが、麺も半分以上は娘に食べられてしまい。
夫と私で娘の残した(というか、食べさせないようにした)ご飯をラーメンスープに入れて食べました。いや、これはこれで美味しい雑炊状態でしたが(笑)。

ビルバオにもたくさん子供向けの公園があるし、ホテルの裏は大きな緑地公園なので、ぷらぷら散歩と娘の遊びを兼ねながらランチに向かいました。

SERANTES
初めて個人でビルバオに来たとき以来。あの時は、よくわかっておらず、ミシュラン本に載っていたという理由で訪れてスペシャリテを頼んだら、それはレストランメニューでめちゃくちゃお高かった(お金払えるか焦った)という懐かしい記憶のお店です。
今回は訪問予定ではなかったのですが、娘のトイレ!コールのため急遽寄りました。
ビールと、生ハムのおつまみをいただきました。(高くはなかったです、笑)

RIO-OJA
娘の大好きなウズラの煮込みを、と訪問したら、なんと長期休暇中!がが~ん。
この時期にビルバオ来たの初めてだからな~。8月31日から9月25日までお休みと張り紙されていました。
ショック。
ま、また来年にね!

「街歩き」のビルバオ編で見たカエルの置物にコインを投げるというゲーム、RIO-OJAの裏のところだろうとテレビを見ていたときからあたりをつけていたので行ってみたら本当にありました。しかもやっていました(笑)
見ていたら娘にやらせてもらえて、楽しかったみたいです。でもこれはなかなか難しい!
実は夫もやりたかったらしい。そのときやればよかったのに(笑)

CAFE BAR BILBAO
広場にあって、長い時間普通にやっているので、こういうときには助かるお店です。チーズボールのピンチョと、チョリソのピンチョをもらいました。どちらも美味しいです。
ここは、カリエンテメニューはありませんが、ときどきキッチンから出来たてが運ばれてくるので、温かいものとか揚げ物系はそのときが狙い目かも?
チョリソの下に引いてある大きなベーコンを娘はペロリと食べ、「ベーコン」のお代わりを所望。あきらめさせましたが(笑)。

BACAICOA
初挑戦のバル。ビルバオ在住の友人に、キノコのピンチョが美味しいよ、と教えてもらったので訪問。
セタ(ぴろぴろしたキノコ)は、薄い部分がカリッと焼けてなかなか美味!それなりなニンニク臭。
マッシュルームは、くぼみ部分に生ニンニクのすり下ろしが入っていて、ものすごいニンニク臭!
友人が言ってはいたけれど、確かにその通りで、しかもこの後歩いていたらいつまでも自分の息はニンニク臭かったです。
でも安くて美味しくて、お店の人も感じよくて、お気に入りになりました。
娘にお菓子をくれたので、娘も超ご機嫌でした。

KOKKEN
こちらも初挑戦。同じくビルバオの友人が地図に記載してくれていたのだけれど、酔っ払いながら聞いていたので、何がおすすめだったのか今ひとつ思い出せない。
まあでもとりあえず行ってみようと訪問です。
旧市街から市庁舎の方面へ抜けた、ちょっと新しいビルの中にあります。旧市街からすぐなのに、新しいのに、何故かさびれた感が半端ない不思議な場所。
お店の前まで行ってみたけれど、バルというよりレストランって感じで、客もいない。
うーん、何故地図に記載されていたのかなあと思いつつ、お店の近くに行くとお店の人が掃除していたので、「開いているの?」と聞くと、にこやかにお店に招き入れてくれました。でもなんだかメニューも無いし、どうしようかと思っていたら「何にする?」と聞かれたので、「ピンチョを2つくらい何か食べたい」と答えてみた。
お店の人は「肉とか魚とかだったら?」と聞くので、「肉かな~」と言うと、奥のキッチンでシェフと話してきたみたいで「お肉はちょっと今は無いけれど、おすすめのピンチョを2つ出すよ!」と。
かなり不安になりつつ待つことしばし、イカの照り焼き風ソースのソテー・カモ肉のタコス包みの醤油風味ソールの小皿料理が来ました。結構きちんとした量と盛りつけです。
一口食べて思い出しました、「アジアンな食材を取り入れたお店が~」みたいなことを言われたことを!
酔っ払いは駄目ですね。
味は普通にきちんと美味しかったです。シェフズテーブル状態で好き勝手作ってもらったのに、お値段も安くてびっくりでした。
でもあまりにも場所がさびれている感じだったので、来年まで残っているかはやや不安です(笑)。

MELILLA Y FEZ
娘がピンチョモルーノを食べたいというので、お昼もやっているこちらへ再訪。
お店の入り口に、昨日ピンチョモルーノを焼いていたおじさんっぽい人がたばこをすって座っている。こんにちは、と挨拶するとやっぱりピンチョモルーノのおじさんでした。そのままお店の屋台コーナーへ。
娘を屋台の中に入れてくれて、一緒に仕事するか?とか、抱っこして焼く前のお肉持たせてくれたりとか、とってもフレンドリーでした。記念撮影までさせてもらっちゃいました。
もちろんピンチョモルーノは完食、その後帰り道がてらラバスで有名なバル(去年は長期休暇中だったと思われる)に行ってみたけれど、今日はラバスはなくて明日だとのこと。
明日はお昼はレストランだから無理だな~。どうにもラバスと、サンセバのFUEGO NEGROには縁が無いらしい。まあ、ラバスは日本に普段住んでいるなら日本で食べた方が絶対美味しいだろうし、無理に食べないことにします。

ホテルへ戻り、バスクにしてはめずらしくプールのあるこのホテル、娘と私はプールへ、夫はジムで腹ごなし。
プールは小さいけれど娘には十分。
お昼寝してから夜の部へ向かいます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビルバオのバル2015(1) [バル(ビルバオ)]

ビルバオ初日

ホテルに無事チェックインして、まずは荷物を整理しつつ一息。
今回は、この日程だといつものカールトンホテルで何かの会議があったようで、お部屋が全然とれなかったので、久しぶりにメリアビルバオ(旧シェラトン)です。
旧市街まではやや距離がありますが、行きは散歩がてら新市街から旧市街まで歩き、帰りはトラムを使うと割り切ると、結構便利です。
お部屋もカールトンより広くて、シャワーブースが別なのもポイント高い。そして安い。次回からカールトンにするかメリアにするか、やや悩みます(笑)
結構な雨が降っていたので、傘を借りて夜ご飯に出発しました。

LA VINA
サンセバは観光地だったから下手でも通じたスペイン語が、やや通じにくくへこむ(苦笑)。でも何とか注文!
今回サンセバであまりいい思いのなかったカリレラ、こちらのものはややソースがピリ辛ですが、やわらかくて美味しい!
今回の旅行のカリレラNo.1でした。

IRUNA
私たちの大のお気に入り、ピンチョモルーノを食べに行きました。
屋台に並んでピンチョモルーノをゲット、娘の分はチリパウダーをかけないようオーダー。
ん~やっぱり美味しいです!ピンチョモルーノ最高!
店舗のバーも混んでいるので、ビールだけ頼んで、会計もビールをもらうと同時にすませます。お店の食べ物を食べない場合は先に会計しちゃったほうが帰りも楽ですしね。
ピンチョモルーノ、私たちもがっつきましたが、娘もあっという間にたいらげて、お代わりを所望する始末です。
さすがにここでもう一回屋台に並ぶのもね、ってことで、もう一軒のピンチョモルーノを出している旧市街のバルへ行くことにしました。

MELILLA Y FEZ
ここのピンチョモルーノコーナーのおじさんはとっても陽気。娘にもたくさんかまってくれます。
IRUNAに比べると忙しくないので、いろいろお話も出来て楽しいです。
こちらの方がスパイシーな味付けだと思っていたけれど、同日に食べると顕著にわかります。うん、こっちの方が断然スパイシー。私たち大人はスパイシーなのも、マイルドなのも好きですが、娘はさすがにIRUNAの方が食べやすいみたいです。
娘の分だけチリパウダーはかけずに提供してもらいましたが、お肉そのものにかなりスパイシーな味付けがされています。でもなんだかんだ言いながら娘も完食でした。

MOTRIKES
ここも私たちのお気に入り、ピリ辛マッシュルームのお店です。
大きなマッシュルームに、私はスリート、夫は小さなカリムーチョ(コーラのサーバーがあるので、小さなサイズで提供してくれる)。これも定番、そしてこれで5ユーロでおつりが来る安さ!

初日はこのあたりにして、トラムでホテルに戻りました。
旧市街のトラム駅は、旧市街の歩道部分が駅になっています。昼見ればすぐわかるのですが、夜は一瞬駅がどこか探しちゃいました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビルバオのバル2014(5) [バル(ビルバオ)]

バスク最終日(日)昼

朝食は持ち帰っても荷物になるし、と最後の1合を炊飯して、これまた残ったカップラーメンもいただきました。
今日は日本語ぺらぺらのビルバオ人の友人とお出かけです。
散歩して、アルチャンダの高台へ上り、そこから降りてきつつバルへ。
お目当てのトルティージャのお店がやっぱりお休みだったので、旧市街へ向かいました。
今回はお目当てが休暇中とか改装中とか多かったなあ。残念。

MELILLA Y FEZ
最後までどんだけ好きなの!状態で、ピンチョモルーノ(笑)

MOTRIKES
そしてやっぱりどんだけ!なピリ辛マッシュルーム。
昨日の夜に生ハムで大失敗しているだけに、間違いないところばかり行ってしまった…

IRRINTZI
友人が好きだってことで、最後はここへ。
またいろいろ違うモノ食べてみました。基本美味しい。
カンガルーの肉を使ったピンチョがありました。予想以上に美味しかった。
でも、どうしてもこの承認されていなさそうな漫画キャラの絵が気になって仕方がない(笑)

帰り道、旧市街からグランビアに抜ける通り沿いにあるアイスクリームやさんへ寄りました。
娘はイチゴのアイス。
そして夫はカリムーチョのアイスです(私は辛党なのでアイスは食べません)。
このアイスクリームやさん、カリムーチョはまだしも、ハモン味とか、ピルピル味とか、ひと舐めならしてみたいけれど恐ろしすぎるご当地フレーバーが揃っていました…。
これをてんこ盛りで食べる勇気はありません。
ティースプーン1つずつで6種類2ユーロ、とかで売れば試すのに(笑)

ぎりぎりにホテルへ戻って預けていた荷物を受け取り空港へ。
空港は近くて、タクシーで15分程度、エアフラのカウンターは混んでいないので余裕でした。
今回はチケットはCDGでカウンターでの発券が必要でしたが、荷物だけはスルーにしてくれたので、CDGでの移動はすごく楽でした。
無事発券をすませ、今年はさほど混んでいなかったイミグレを通って、エアフラのラウンジへ。
ここでサンセバのはじめの頃一緒だった夫妻と合流です(帰りの便が一緒だった)。
友人はフランス語がぺらぺらなので、カウンターのフランス人が感激したのか、まるでVIPのようにラウンジ内を案内してくれました(笑)

シャワーを浴びてさっぱりしたあとは、シャンパンで乾杯!
実はこの日は娘の4歳の誕生日だったのですが、友人がサプライズでヘアバンドのかぶり物とチョコレートのプレゼントをくれました。
ろうそくが扇子のようにならんでいて、炎の部分に一本のろうそくに一文字ずつで「HAPPY BIRTHDAY」と書かれている、日本では到底売っていなさそうなひと品、娘大喜びです。
機内でまでかぶる始末(笑)
こんなものをかぶっているものだから、CAさんから即席手作りバースデープレゼント(キャンディのネックレスと、お菓子の詰め合わせバスケット)いただきました。
両親は何も準備していなかったのは内緒です(笑)

帰りは映画を見て寝ているうちに日本へ到着でした。
今年は久しぶりのお店や、当たりを再認識したお店、ひどかったお店、いろいろ思い出深いバル巡りでした。
そして帰ってきてすぐにまた来年どうしようか考え始める私たちなのでした(笑)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビルバオのバル2014(4) [バル(ビルバオ)]

バスク旅行6日目(土)夜

ビルバオの、とうか、夏休みバスク旅行のラストナイト。新市街方面へ行ってみました。
2年前に行って美味しかった星付きレストランのバルと、神戸のレストランの人がおすすめといっていたバル(MUGIだったかな?)は残念ながらまだ準備中という感じで開いていなかった(新市街はバルの夜の部もレストラン同様始まりが遅くて20時くらいからみたい)。

DON ULPIANO
生ハムのお店、以前行ったときはとても美味しかった。
以前は美味しかった。のだが!!!!!!
まあ、こりゃひどいの一言につきる。
そもそも、注文したら、素人が見ても明らかに下手くそなハンドスライス(正直、私や夫のほうが絶対上手だね)。てんぱっているのか、飲み物の注文は受けてくれず。
飲みながら待ちたいっていうのに。
このお店のおっさんが汗だくになり、超時間をかけて、見た目のハンドスライスの下手くそさそのままだけど商品として出すことが許されるのか?というくらいびっくりするくらい細切れとか厚切りとかの生ハムが出てきた。
ここでやめておけば良かったんだけど、とりあえず飲み物を注文。
カヴァを頼んだら、こりゃまた驚きの、泡が一筋もたたなくなったカヴァ(気がもう抜けている。栓を抜いてあって、コルクの蓋がされていた)。
生ハム、そりゃもう期待を裏切らない不味さ。
あんなに生ハム好きの娘も手を伸ばさない。
これ以上食べて呑んだら吐きそうだったので、支払いはすませたうえで、美味しくない旨はきちんと伝えてお店を出ました。
ん~もう二度と行かない。絶対行かない。

SOTERA
あまりにひどい生ハムと、あまりに美味しくないカヴァで飲めなかったので喉を潤すビールのために入店。
ここもカリエンテは見あたらなかったなあ。
バカラオのピンチョ(ピルピル)は、けっこう美味しかった。
なによりビールが美味しかった(笑)

BRASS
ワインバー。あまりピンチョは心引かれなかったので、子供のために(さっき生ハム食べなかったし)子供用のセットを注文。
バカラオのコロッケ、フライドポテト、チキンのフライ。
おとなしめの味で、子供には良かった。が、スペインまで来てこれを食べるかというと、ファミレスのお子様セット的な感じかしら?

CORMADO IBERICO
先ほどの生ハムをバスク最後の生ハムにするのは自分で自分を許せなかったので、生ハムを食べに。
もちろん先ほどとは比べものにならないほど美味しいのだけれど、ビルバオでは生ハムはKATE ZAHARRAがあるので、他には食べない方がいいかも…。
LA VINAが再開したら、ここのは食べてみてもいいかな。

IRUNA
生ハムで不完全燃焼だったので、またしてもピンチョモルーノを食べに(笑)
これは間違いない味でした。

ラストナイト終了です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビルバオのバル2014(3) [バル(ビルバオ)]

バスク旅行7日目(土)昼

朝食は、本日も炊飯。お茶漬けの素は、もう少し多く持ってくるべきだったな~。
旧市街メトロの入り口付近にある児童公園で娘をたっぷり遊ばせて、ランチバルにおでかけです。

MELILLA Y FEZ
お気に入りのピンチョモルーノの出店がお昼にあるので(IRUNAは夜のみ)行ってきました。
IRUNAよりスパイシー。でも娘も平気で食べます。
さすがに娘のぶんは、あとから振りかけるパプリカ無しにしてもらいますが(笑)
食べ過ぎで疲れてきた胃にも、つい入ってしまうこのピリ辛串なのでした。

CAFE BAR BILBAO
本当は広場にある別のバルに久々に、と思ったのですが、残念ながらお休み。
ここも有名店らしいけれど行ったことがなかったので初入店です。
カリエンテは無し、でもお店の人はすごく愛想がいい。
チーズを使ったピンチョが特に美味しかったな~

RIO-OJA
娘がウズラを食べたいというので再訪(笑)
この日はちょうどパエリアが炊きたてで出てきたので、このお店で初めてパエリアを注文してみた。
まあ、美味しくなくはないんだけどね。
パエリアはやっぱりバレンシアのものだしね。
ま、次回注文するかというと、しないだろうな~。
炊きたてで出てきて、かつ米に飢えていたら注文するかも?

さすがに食べ疲れも出てきて、前ほどハシゴできません(笑)
帰り道、エルコルテでお買い物してホテルへ戻りました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビルバオのバル2014(2) [バル(ビルバオ)]

バスク旅行6日目(金)夜

ランチはかなりおなかいっぱいになったのですが、夜も当然バル巡りです。
さすがにあまりお腹はすいていないので、運動(散歩)を兼ねて軽く…。

TXOMIN BARULLO
こちらでコロッケ(クロケッタ)というと、基本クリームコロッケなのですが、このお店はジャガイモのコロッケです。マッシュポテトの中にいろいろな種類の具を入れたものがウリで、注文すると温めてくれます。
昨日はこのお店を見つけられなかったのですが、もうちょっと踏み込んだらありました。
緑色のソースがかかっているのですが、このソースが美味しい。
夫はあまりじゃがいも好きではないので、お気に召さなかったらしい。

MOTRIKES
ピリ辛マッシュルーム。
ここもピンチョモルーノと並んでお気に入り定番の1つです。
ワイルドなお店、鉄板横の台に娘が座って焼くのをガン見しています。
娘にはまだちょっと辛いですが。

IRRINTZI
どうも今まで足が向かなかったのですが、初挑戦。
カリエンテはなく、基本並んだピンチョを取るスタイル。
凝ったモノが多くて、和風なものや、珍しい食材を使ったモノも多くありました。
お店のキャラクターとして書かれている漫画が、どうみてもあずまんが大王のキャラです。
当然許可なんて取っていないんでしょうけど…(笑)
味はどれも想像以上にレベル高かったです。

ランチを食べ過ぎていたので、今日はこのくらいで軽く済ませました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビルバオのバル2014(1) [バル(ビルバオ)]

バスク旅行5日目(夜)
ビルバオに来ると、やはりサンセバスチャンは観光地だな~と思う。
軽井沢にいるのに通じるモノがあると、個人的には思っている。

今日はモユア広場から大通りを歩いて、旧市街方面に向かいます。

IRUNA
時間がまだ早いからか、広いバルなのにカウンターの中には一人しかいなくて、なかなか対応してもらえない。
このお店は、店内で屋台を出しているピリ辛羊肉の串焼き、ピンチョモルーノをいただきに来たので、ビールだけ欲しいんだけどな~。
しばし粘って、ようやくカウンターの人に用件を聞いてもらえたので、すかさずビールを注文し、また会計に時間がかかるのも嫌なので会計を先に済ませる。
久しぶりのピンチョモルーノ、美味しい!
これはビルバオではまっている味のひとつです。

その足で旧市街に向かう途中のGRAN JAにもTALO(トルティーヤにチョリソなどを包んだもの)の屋台があるので行ってみたが、どうも屋台が撤去されている。
時間帯の問題なのか、たまたま夏休みとかでいないのかはわからないのだけれど、夜遅く戻りがてら見たときも、翌日以降に見たときも屋台は出ていなかった…残念。
今回はここに限らず、お目当てのお店がちょうど改装中だったり、なぜかお休みだったり(たぶんvacation)、ちょっと運が悪かったな~。

RIO-OJA
このお店のウズラ煮込みが食べたくてやってきました。
ここのビールはほろ苦いのですが、それもまた美味しい。
イカスミ煮込みとカジョスも、ある意味いい感じに生臭くて美味しいんだけど、もう少し小盛りのがあるといいなあ。
ウズラは子供達が激釣れで、おかわりまでしました。

BITOQUE
店舗が移転して、モユア広場からほど近い場所に新規オープンしていました。
お店は前に比べてずいぶん明るくて開放的な感じ。
相変わらず色々凝ったピンチョがあります。
一番最初にお店をやっていた、公園近くのほうはもう閉店したのだそうです。
まあ、そちらのお店は正直かなり味も落ちていたし、やっぱりあまり支店出すのは~って感じなのでしょうか。
牛頬肉の煮込み、しっかりしたレストラン仕様の味です。
バニラ風味のラビオリ、どんなものかと思いましたが不思議にバニラの香りが合って美味しかった。

ALAMEDA
LA VINAに行こうと思ったのですが、改装中にて休業。
じゃあサンドイッチでも、とEMEに行ったら、なんとEMEも改装中で閉店だったので、もうひとつのビルバオ人御用達サンドイッチバルということでこちらへ来ました。
EMEより小ぶりなので、お腹には優しいけれど、EMEの方が好きかな~。

移動の疲れもあったので、本日はこれくらいにて終了~。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビルバオのバル2013(3) [バル(ビルバオ)]

バスク旅行9日目(日曜日)昼

とうとうバスク滞在最終日、朝食は昨日と同様お部屋で炊飯して娘はおにぎり、私たちはお茶漬けでいただきました。
あらかた荷造りを済ませて、最終バル巡りに出発です。
日曜日はお休みのバルも多いし、お昼を過ぎないとキッチンのオープンしないところもあるので、確実に開いていることが分かっているところから攻めていきました。


Rio-Oja

煮込み料理系が壮観に並ぶ老舗のバル。
ここは日曜日も開いているし、朝9時台からやっているので重宝します。
いつもはだいたい2度は訪れるのですが、今回はお腹と時間の調整上、最終日の今日初訪問です。

バカラオのピルピルやイカの墨煮も美味しいのですが(やや生臭いけれどスペインでこれなら上等)、何と言っても私たちのこのお店のお気に入りメニューはウズラの煮込みです。
昼前だと置いていないこともあるのですが、今日はばっちり置いてあったので早速注文。
野菜と一緒に煮込まれた変わらぬ美味しさのウズラに大満足。娘も驚くほどの勢いで食べました。


Melilla y Fez

旧市街のはずれの方にあるこのお店は、私たちが先日から大変気に入っていたスパイシーな肉串のピンチョモルーノがお昼でも食べられるお店ということだったので訪問。
途中で曲がる道を間違えて、激しく違う方向に出てしまった(苦笑)。もともと碁盤の目に整備された土地出身なので、ビルバオ旧市街のような道は苦手なのだ…(サンセバ旧市街はかなり碁盤の目なので得意)。
ここもIRUNAのように店内に出店として串焼き屋台みたいな一角がある感じで、情報によるとIRUNAのピンチョモルーノをやっている人のお父さん?がやっているのだそうだ。
もうこの店内出店タイプの注文方法もばっちり、前情報通り確かにIRUNAよりもスパイシーな感じだった。
私も夫も(旅も終盤で刺激の強い味が欲しかったせいかもしれないけれど)こちらのスパイシーな方が好みでした。

このバルに行く途中に小さな公園があって、娘がここの遊具でひとしきり遊ぶ。
そうこうしているうちにどんどん残り時間は無くなってきたので、最後に簡単に食べられそうで、かつ昨日気に入ったピリ辛マッシュルームをいただくことにした。
本当はラバスのお店に行きたかったのだけれど、時間的に厳しい可能性が高かったので、やはりラバスは来年にお預けだ。


MOTRIKES

相変わらずワイルドなお兄さんが大きな鉄板前で大きなマッシュルームをじゅうじゅう焼いている。ああ、この鉄板が自宅にあったらいいのになあ(笑)
昨日と同じく、スリートにミニカリムーチョ、マッシュルームを2つ。満足満足。

ホテルに戻って、フロントに預けておいた荷物を受け取り、タクシーで空港に向かいました。

今回、チャイルドシートの代わりに空気で膨らませるタイプのジュニアシートを持って行ったのですが、なかなかスグレモノでした。
サンセバスチャンは観光地なので、ジュニアシートを持っていなくてもあまりうるさく言うことなくタクシーも乗せてくれますが、ビルバオは取り締まりが厳しいのか、去年ジュニアシートを積んで持っているタクシーが来るまで乗車拒否されたりした苦い思い出。
膨らませたジュニアシートを見せると運転手はあからさまにホッと安心した表情になって乗せてくれます。
長距離移動はハイヤーを依頼してチャイルドシートを装着してきてもらいましたが、町中でレストランに行く移動などはやはりジュニアシートがあったほうが良さそうでした。
娘も案外座り心地も良いのか気に入ってくれたようだし、何よりかさばらなくて軽いし、ジュニアシートが必要なうちは重宝しそうです。
次回も持って行くのを忘れないようにしなくては。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | 次の10件 バル(ビルバオ) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。