So-net無料ブログ作成
バル(サンセバ・グロス) ブログトップ
前の10件 | -

サンセバのバル2017(8) [バル(サンセバ・グロス)]

さて、旧市街から川を渡ってグロス方面へ。
まずは昨日閉まっていたMIL CATASと、昨日臨時休業だったEssencia(お向かいだからね)へ行ってみます。

MIL CATAS
ここでは旧市街よりもいつもリーズナブルに美味しい生ハムがいただけたので寄っていたのですが、去年から手切りではなくスライサーに変更になっており、今年もスライサーだったのですが、味の方は今ひとつかな?
でも旧市街よりも安いしな~、と、今後も一度は来るかどうか?という感じです。
カウンターに冷蔵ケースが置かれて、熟成肉(チュレタ)が置かれていました。
次回はピンチョも久しぶりに何か注文してみようかなあ。

Essencia
昨日臨時休業だったのですが、今日はちゃんと開いていました。火曜が定休とのことです。
料理学校の先生が、結構いいよ、とお勧めしていたというバルです。
二階はワインショップになっていますが、数が多すぎて眺めただけで終わりました(笑)
ワインが窒素充填機みたいなのに入っているのですが、うち一本は「今週の秘密ワイン」と書かれたカバーを賭けられています。
国と、ラベルを当てるという感じになっているようで、黒板には先週のワインの正解が書かれていました。
でも当たったら何かもらえるとか一杯無料とか、そういった記載は無かったので、純粋に楽しむためのものかしら?
お勧めのピンチョをお願いすると、リブ(たぶん子豚)のローストが出てきました。美味しかったです。
次回はもう少しゆっくり訪問してみたいです。

El Txoko de RAMIRO
先日はもう閉店準備だったので、リベンジ。
ここのカヴァは美味しいです。
オハルドレランゴスティーノも変わらず美味しい。
トルティージャはひとつずつ小さいサイズを焼いてくれるタイプですが、娘はもう生ハムその他でお腹いっぱいだったので、これはまた次回に試そうと思います。
最後にお会計したら、お店のおじちゃんが娘と私にハグ&キスしてくれました(笑)
とっても居心地良く気持ちいいお店です。

最後に最近出来たというムガリッツプロデュースのTOPA SUKALDERIAの前を通りましたが、本日は早じまいの日でもう入り口は閉まっていました。今回は縁が無かったということで。次回行ってみたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2017(5) [バル(サンセバ・グロス)]

グロス方面に歩き、とりあえず知人から結構いいよ、と聞いていたEssenciaというバル(もとANDRA MARIがあった場所)に向かいました。
あれ?月曜定休のはずなのに、なんか暗い・・・。
入り口に張り紙があって、「トラブルのため臨時休業」というようなことが書かれていました。
ト、トラブルって何だろう(笑)
だったら向かいで娘に生ハムかな?と思ったけれどMIL CATASもお休み。
旧市街は月曜火曜の定休が多いけれど、セントロやグロスは日曜お休みのお店も結構ある感じです。
胃腸の具合からしてクリームコロッケ(SENRA)という感じでもないし・・・。
急遽、絶対開いているだろうと思われた、明日行く予定だったBergaraに行くことにしました。

Bergara
もう夜9時近かったせいもあり、すいています。
スペインの夕食は20時過ぎ~とはいえ、サンセバスチャンは観光地なので、夜わりと早い印象です。
ここではカリエンテメニューのTxarpaというのが好きだったのですが、最近味が落ちたという話しもあり・・・。
でもとりあえずオーダーします。
結論からいうと、確かにTxarpaは美味しくなくなっていました。昔に比べてなんだかモッタリした感じで、表面のかりかりした部分も少なくて、あれ?なんだかこんなんだったっけ・・・という感じでやや残念。真義に反しますが、3分の1ほど残しちゃいました。
Itxaso(アンコウを使ったタルト)は初めて食べましたが、こちらの方が断然美味しかったです。
前回とっても美味しかったオンゴのリゾットフォアグラ添えも、閉店間近のせいか、イマイチ。造り置いて時間たちすぎで、ぬるいし、フォアグラもこれなら乗っていなくていいかもという感じ。
今回は少し残念なBergaraでしたが、定休日がなくてスルーで朝から開いていて、基本的には及第点以上の美味しさがあるバルなので、使い勝手としては今後も良いかなと思います。

ちょっと不完全燃焼だったので、もう1杯飲んでいきたかったのですが、日曜夜10時近くになるともうどこも店じまいのたたずまい、諦めてホテルに帰って寝ました。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2016(6) [バル(サンセバ・グロス)]

バスク旅行9日目(土曜日)夜

最後のバル巡りです。
土曜はやっぱり昼から旧市街が非常に混雑してきたので、もう最初からグロス地区へ行くことにしました。
今回は旧市街で行こうと思っていたけれど行けなかったのは、殺人的に混雑するのでこの足では無理と判断したCUCHALAと、改装中なのか、シャッターは半分開いているけれど椅子とか積まれていて営業していなかったBORDA BERRI。まあこのあたりはまた来年ですね。
イベントとかが重なっているわけでは無いので、旧市街以外はバルも混んではいませんでした。

EL TXOKO DE RAMIRO
実に8年ぶりくらいの訪問か。
以前初めて行ったときに、こちらも言葉はほとんど出来なかったのもあるけれど、ぼられた(というか、向こうがたぶんこちらの飲み物を数え間違えただけかも?)ため行っていませんでした。
改装されてキレイになっていて、ランゴスティーノのパイ包み焼きキノコソースは健在。温めて出してくれるそれは美味しかったです。
トルティージャが一人前ずつサイズのものになっていました。
ANNA(カヴァ)が置いてあって、これグラスでさほどの値段じゃなく飲めて、美味しかったなあ。
また次回は行ってみよう。

SENRA
ここも何年かぶりかな?
カウンターにフレッシュアスパラとフレッシュアーティチョークが置かれていて、注文するとラシオンで出してくれる形になっていました。
アスパラをオーダー、ラシオンなのでテーブル席にどうぞと言われたのですが、娘がカウンター好きなのでここで、とカウンターでいただきました。
美味しいんだけど、茹ですぎだな~。これだと水煮缶詰でもあまり変わらないかな。まあ美味しいんだけど。
あとはここのスペシャリテでもあるクロケッタ。
以前よりずいぶん形もキチンとして上品になっていたように感じます。
娘にモストを頼んだら、斜めになった可愛いグラスで出てきました。
このお店はいつもカウンターの人が非常に気持ちいいです。

MIL CATAS
娘がハモンを熱望につき再訪。
今回は当然最初からウナラシオンですよ(笑)。ウナラシオンにすると、夫と私が2枚ずつくらいは食べられます。
リゾットとチョリソを頼んでみました。
リゾットはお米でした。私好み。
チョリソはパンに挟まれていて、美味しいけれどわざわざ注文はしないかな?
このお店は絶対に来年もリピートです。

娘がどうしても公園で遊びたいと言っているし、土曜なので夜だけど公園は子供でいっぱい。
まずはBRGARAの南にある小さめの公園。公園腋にあるKAUというバルでビールをテイクアウトです。
しばし遊んで、ホテルに戻りがてら、聖堂脇にある少し大きめの公園へ。
こちらの公園は公園を取り囲む場所にバルがありません。
少し先にあったバルまで足を延ばしてやっぱりビールテイクアウト(笑)
さんざん娘も遊んで満足、私たちもテイクアウトビールで満足、グラスを返しに行きがてらトイレも使わせてもらってホテルへ戻りました。
このまま寝れば良かったのですが、持ち帰るのにも荷物になるだけだしね、と、残っていた非常食のごんぶととどん兵衛を食べて寝ました(苦笑)。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2016(4) [バル(サンセバ・グロス)]

バスク旅行8日目(金曜日)夜

さすがに夜は旧市街だいぶ混んできています。
NESTORでトルティージャだけ食べようかと思ったけれど、7時半くらいに行ったらもう予約分で売り切れたと言われました。夜の分は、昼過ぎから予約とるみたいで、お昼のように30分前とかに行っても駄目なことが多そうです。
グロスに分類していますが、最初に行ったパルテビエハの2軒もこちらに記載します。

sirimiri
パルテビエハのバルです。ATARIの姉妹店であるこちら、ものすごく混んでいます。
去年はイカスミのリゾットがありましたが、本日はオンゴのリゾットがあったので、それを注文。
濃厚なキノコの出汁のリゾットで、上にはソテーしたオンゴも乗っていて、これがまたなかなか美味しかったです。
でも食べている間にもどんどん混んでくるお店、どんどん人があふれてくる旧市街、さすが金曜日の夜です。

HAIZEA
旧市街から逃げながらこちらのお店へ。こちらもパルテビエハ。
私たちが行ったときにはテーブル席はいっぱいだったのですが(もともとテーブル席にはほとんど座りませんが)、私の足を見てお店の人が厨房から厨房の人用の椅子を出してきてくれました。や、優しい。
いつものランゴスティーノと、お隣の人が食べていたものが美味しそうだったので、それは何か聞くと「Brick」とのこと。
Brick de Bacalaoという、ここで今回はそれも食べてみようと思っていたものでした。もちろん注文。
どちらも美味しくて、レベル高かったです。また来年も来るね!
このまま旧市街を後にして、グロス地区へ行きました。グロスは(特にイベントとかある日じゃ無いので)旧市街とは打って変わって混雑していません。

Mil CATAS
ここで生ハムをいただくのがお気に入り。旧市街で食べるよりも安くて美味しいのです。
去年までは手切りだったのですが、機械スライスに変わっていました。
付け合わせも、オリーブオイルを塗ったフランスパントーストからトマトソース(ビルバオのLA VINAで食べた生ハム乗せパンに塗られていた物と同じような感じ、新しいタイプのパンコントマテなのかな)を塗ったパンになっていました。
変わってるからどうかなと思ったけれど美味しかったです。メディアラシオンで注文したのに娘がお代わりとうるさいので、メディアラシオンをお代わり。最初から普通のサイズにすれば良かったわ(笑)
私たちには豚の耳のフライを注文、これ結構美味しかったです。
以前(もう潰れたけど)このお店の向かいにあったANDRA MARIというお店の豚耳フライが好きでしたが、それよりこちらの方が美味しいかも。
お会計の時にカウンターのお兄ちゃんに「去年も来ていたよね」と言われました。そんなに目立つかな私たち(苦笑)。

Bergara
去年は来られなかったので2年ぶりの訪問です。
ここのオンゴのリゾットがやっぱり美味しいという記事を見たので、いつものチャルパと、オンゴのリゾットを注文です。
とても上品でフォアグラも添えられたリゾット、美味しかったです。チャルパももちろん美味しくて、さすがの老舗有名バル。グロスでもここはやっぱり混んでいました。

Hidalgo56
ここは数年ぶりの訪問です。
モルシージャという気分でもなかったので、B食倶楽部がお勧めしていたチュレタのフォンデュを注文しました。
正直、チュレタをしょっぱいチーズソースにつけて食べる意味がいまひとつわからない。
チュレタはチュレタ、チーズソースはパンにつけて食べる方がいいかなという一品でした。
B食倶楽部の情報はかなり偏っていてハズレも多いです。

あっという間にもう10時半、ホテルに帰って寝ました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2015(2) [バル(サンセバ・グロス)]

激混みの旧市街を抜けて、川を渡りグロス地区へ。
まずは、土日限定のパエリアタパスでも食べようかと、Vient Surへ行ってみたのですが、どうやら去年はあった大皿パエリアを出している感じも無く、食べている人もいず。
帰りにも実は覗いてみた(店の中まで入ってみた)のですが、やっぱりパエリアやっている感じはなくて、もしかしたらやらなくなってしまったのかなあ?
サンセバでは気軽に割と美味しいパエリアが少量でも食べられて重宝していたのに残念。

まあ、とりあえず今回の目的は、娘も食べたい生ハムだったので、MIL CATASまで歩きます。
あちこちにある公園に娘が引っかかりそうになるのを引き寄せながら到着。
さほど混んでいなくて、のんびり注文できます。
ここはワインがいろいろ置いてあって選べるので、一辺倒かもしれませんが白はリアスバイシャスかベルデホ、赤はリオハ、数種類ある場合は高い方(とは言っても3ユーロ超えることはまず無い)から注文です。
生ハムを注文するとその場でスライスしてくれて、このお店は小さめのフランスパンをスライスしてカリッとトーストしたようなものをつけてくれます。これが生ハムに合うんですよね~。

この後、去年ちょっとお気に入りだったお向かいのANDRA MARIへ行ってみようかと思ったら、お店が変わっていました。
サンセバスチャンで新しいお店が根付くのはなかなか大変なのかなあ?
パエリアも無かったし、初日初回から飛ばしてもね、ということで、荷物整理もしなくてはならなかったのでランチはここまでにしてホテルへ戻りました。

が、ホテルの部屋にウェルカムワイン(マルケスの赤ハーフボトル)と、チーズ盛り合わせが置いてあって…。
軽めにすませたつもりだったけれど、貧乏性の私たちは結局これをいただいてしまったのでした(笑)
荷ほどきを済ませ、シャワーを浴びて(何せパリのシェラトンは水圧が低くて髪の毛洗うことをあきらめるレベルだったので)一休みしたら夜の部のバル巡りに出発です!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2014(12) [バル(サンセバ・グロス)]

サンセバ5日目(木) 最終ランチのつづき

今日の目的、グロス地区へ歩く。
途中やはり公園に子供達は釘付け…でも、今日は最後のランチ巡りのほうが重要なので、大人の都合を優先(笑)

一番遠くの方から、飲みながら帰ってくることにした。

ANDRA MARI
スパイシーな味付けの豚耳フライがたまらない。個人的にはワインよりはビールのおつまみ。
でも、ちょっと今日のは油切れがイマイチで、にちゃにちゃと歯にくっつく感じだった。
まあ日によって色々差がでるのも醍醐味か?

MIL CATAS
子供達に生ハムを食べさせるのに訪問。
やっぱりここはコストパフォーマンスが良いなあ。
かぶりつきでガン見している子供達に、生ハムをスライスしていたおじさんが一枚ずつ味見用にくれたもんだから、ますます子供達はテンションアップ!
ほとんど一皿を2人で食べてしまいました(笑)

SENRA
カウンターにいる人が変わっていた。経営が変わったのかな?
時間的にこのお店で最後になるので、少し腰を落ち着けて注文。
コロッケ2種、ギンディージャ。
今日のギンディージャは、辛い当たりのやつが多かった(これは店が悪いわけではない)。
友人が食指をのばしたタコのピンチョは、正直生臭かった…やはり並んでいるものを選ぶときは厳選しないとだな~。

GARBOLA
友人がモヒートを飲みたいとのことで、最後に(もうハイヤーの予約時間過ぎることは明白だったけれど)寄りました。
ここのモヒートは、セントロのLA VIDAよりもドライな感じ。
甘さも控えめで(砂糖を入れるかどうかは聞かれる)さっぱりとした感じ。
胃がすっきりしたところで、ホテルに戻ってハイヤーでビルバオに向けて出発です。

今回は、私たちだけでなくて連れもいたこともあって、しばらくぶりに行くバルにも行けて、見直したりするバルも見つけられて良かったな~。
さて、夜からはビルバオです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2014(6) [バル(サンセバ・グロス)]

サンセバスチャン2日目(月曜)夜の続き

川沿いを海方面に歩く。
このくらいの時間帯は非常に散歩に気持ちいい。
ALEXまで行ってしまうと、結構それなりの距離があるのだけれど(特に子連れで歩いていると)、まあ腹ごなしも兼ねているので(笑)。

BERGARA
グロスの有名店。
広くて座るスペースもあって、何より休日が無い。そして朝も割と早くから、途中お休み無くぶっ通しで夜までやっているありがたいお店です。
さすがに夜遅かったので、並んでいるピンチョスはやや時間が経過したな~という雰囲気だったけれど、ここではマストのチャルパを注文、やはりこれは好きな味だな~。
かにかまのマヨ和えクロワッサンサンドは、まあ見たままそのままの味でした(笑)

DIZ
今回初挑戦。
児童公園に近いところにあったので娘が遊びたがるかと思ったけれど、お店を探しているうちに入店直前で撃沈。さすがにもうおねむの時間です。
ここではチョリソアラシドラ、値段のわりにボリューミーです。
夫は塩気がキツイとの評価だったけれど、チョリソなのでまあそんなもんではないかと思います。

今日はこのくらいにして、明日のARZAKに備えます(笑)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2014(2) [バル(サンセバ・グロス)]

ランチの続きで、ウルメア川を渡ってグロス地区に来ました。
天気予報ではあまり良くない予報でしたが、昼頃からはからっと乾燥しつつ気温も上がり、心地よい風があってバル巡りには最高の気候です。

Vient Sur
このお店では土日限定でパエリアがタパスで出ます。人気のようで、パエリアが出るたびにあっというまに無くなります。
到着したときは既に空っぽのパエリアパンがあって、次のが出来るのにあと15分くらいとのことで、予約注文して待ちました。
待っている間に、セビーチェを注文。これもなかなか美味しかったです。
パエリアが炊きあがり、いつまでも出てこないので、もう一度パエリア2人前だよ、と言うと出してくれました。出汁がきいていて美味しいです。
しかし会計の時に2皿×2を請求されました。最初に予約した分、レジだけは打っていたものと思われ…もちろん修正してもらいましたが。
このあたりはパエリアの地域ではないので、美味しいパエリアを、しかもちょっとだけ食べたい時には重宝です。

MIL CATAS
娘お待ちかねの生ハムを食べに行きました。
このお店は、骨付きの足からハンドスライスしてくれるのですが、スライスも上手だし、美味しいし、旧市街に比べてコストパフォーマンス良好!
付け合わせには軽くトーストしてオリーブオイルをちょっとたらしたパンが付いてきます。
娘が普通に一皿くらい食べてしまうので、最初から1皿半を注文、満足!

ANDRA MARI
ちょっとオシャレなワインバーという感じです。
前に行った時にはお通しが出たのですが、どうもそれは無くなったようでした。
おすすめを聞くと、豚耳のフライと、フォアグラのテリーヌ風のものというので、それらを注文。豚耳はスパイシーでエキゾチックな味付けです。
ビールのつまみに最高、という感じ。
ミミガーも、こういう調理をするとすっごく違うものだなあ(笑)
ただ、ゼラチン質がねっとりと歯にくっつきます(笑)

HIDALGO56
かなり久しぶりの訪問。
モルシージャをお子様ランチのライスみたいに盛りつけた上に卵黄が乗っているピンチョ、このモルシージャはなかなか美味です。
カウンターにあるキノコをソテーしてもらいましたが、キノコはやっぱりGANBARAかな~。

夜もあるので、サンセバのバル巡り始め(ランチの部)はこれくらいで終了としました。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2013(2) [バル(サンセバ・グロス)]

バスク旅行3日目(月曜日) 昼

朝食はSPGプラチナ特典でつけてもらったので、ホテルのビュッフェでいただきます。
ここもフランスと同じく、一切れ一切れが大きい!
そして、適当~に見えるのに、これがまた美味しいので、つい朝食から食べ過ぎてしまいます。
おずおずと(初日のみ)カヴァをお願いすると快く持ってきてくれました。
カヴァも無料なのですが、ちょっと違う場所に置いてあるので、自分で勝手に注ぐのは難しいのです。
朝カヴァ、これぞバカンスの醍醐味!(笑)

午前中は海辺に行こうかと思ったのだけれど、まだ気温がさほど上がっていなかったので、水などの買い出しに行くことにした(日曜日はだいたいお店が閉まっているので、昨日までは日本から持ち込みした水とホテルに置いてあるサービスのお水でしのいだ)。
旧市街の入り口、一本道路を川の方にわたったところにある、私たちが勝手に「成城石井」と呼んでいるお店でお水その他を買い出しした。

月曜日でも比較的開いているお店が多いグロス地区へ昼のバル巡りに向かった。


BERGARA

ここは休み無しで朝から通しでやっているので(バルは開いていてもキッチンが閉まっていて、いわゆる作りたて料理は出せない時間帯があるバルも多い)、便利便利。
ここで夫が、今回飲んでみたいと言っていた、カリムーチョ(赤ワインのコーラ割)に初挑戦。これはなかなか夫的にジャストミートの味だったようで、この後も結構カリムーチョばかり飲んでいたのでした。
ここでは定番のカリエンテピンチョスであるチャルパを注文、複雑に絡み合った味と、カリッとした表面が美味しい。
娘がどうしても生ハムを食べるというので、生ハムのクロワッサンサンドも追加。
喉も潤って、次のお店へGO!


MIL CATAS

ちょうどこのお店が開く時間になったので、ここへ。
ここでは今まで食べたことのないカリエンテに挑戦しようとしたのだけれど、カウンターに置いてあるイベリコ豚の生ハムの足に、娘がどうしてもハムハムうるさい。
仕方がないので、生ハム(ここはメディアラシオンで)を注文。
注文してから上手に手切りで削いでくれる生ハム、美味しかった(あらかた娘が食べたが)。
ここの方が多分LA CEPAより美味しい気がするなあ。


ANDRA MARI

ここは今回初挑戦。MIL CATASのすぐ向かいにある。
店内に入ると、竹で作った間仕切りみたいなのがあったりして、少し和のテイストを感じる。
カウンターはオシャレな感じ。
ワインを注文して、食べ物を物色していると、「お通し」が出てきた。
このあたりでは珍しい。
鶏皮みたいな味の揚げ煎餅?みたいなやつだった。
タコの煮物ヴィシソワーズ風ソース、アスパラの天ぷら、いずれも優しい味付けで塩味が濃くないのがほっとする。
美味しかったのでDUMPLINGというものを、これは何か?と聞くと、これは美味しい、断然オススメというので注文。お芋をマッシュして整形してカラッと揚げたものにケチャップとアリオリがかかっているようなものだったが、これは結構私好みだった。
なかなか満足、次回も是非このお店は来てみよう。


SENRA

クロケッタを食べにこのお店へ。
ノリのいいおじちゃんがカウンターにいて、なかなか楽しかった。
私「カリムーチョはありますか?」→「三つか?」(私、夫、3歳直前の娘の3人連れ)
私「いや、一つ。で、スリートをひとつ」→「2つか?」
こんな感じ。
クロケッタと、チャンピのクリームソースを注文、いずれも美味しかった。
ここのカリムーチョには苺を切った物が入っていて、娘が苺を欲しがるので夫が出して紙ナプキンで拭いて与えていたのだけれど、無くなった瞬間にカウンターのおじちゃんが「ほい!」と、娘に大きな苺を出してくれた。
更にその苺を食べ終わると、「ほい!」と、モスト(ぶどうジュース)を出してくれた。
娘も大喜び。
こういうことがあると、また絶対来よう、って思ってしまう。


Viemt Sur

ここは去年来たときに、焼きたてパエリアをタパスとして小皿で食べて美味しかったので、それを食べたくて来たのだが、どうもやっている気配が無い。
聞いてみると、タパスのパエリアは土日限定なのだそうだ。
そういえば去年は土曜だったかな。
昨日来れば良かったなあ、残念!
とりあえずワインと、温泉卵風のカリエンテをいただいた。
来年は土日を狙って来よう。


BODEGA DONOSTIARA

ここも初めて。
古典的なピンチョが多いお店と聞いていたが、確かにそんな感じだ。
カジョスと、チャコリ、あとはお店の人が勧めてきたツナと青唐辛子のサンド。
美味しいんだけれど、さすがにお腹いっぱい(笑)

気温もだいぶ上がってきたので、ホテルに戻って、娘お待ちかねの海へ!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2012(12) [バル(サンセバ・グロス)]

スペイン旅行8日目(土曜) 夜(2)

あまりの人混みを抜けてグロス方面に行ったのだが、どのバルもバルの前は歩道をふさぐほど人であふれている。
よくよく後から考えたらメイン会場はグロスのクルサールなのだから、どうせ歩くならアンティグオ方面まで行けば良かったのだが・・・

どこもあまりに人があふれているので、離れればいけるか?と、MIL CATASまで行ってみた。
隣のKIDEは混んでいなかったが、当然入らない(笑)

MIL CATAS
グロスの端のほうだが、それでもすごく混んでいる。
なんとかカウンターまでたどり着く。
おすすめピンチョスはフォアグラのソテーとのことで、それを注文。
ただこれはフォアグラならばやはりCUCHARAの方が美味しいし、先日ここで食べたじゃがいも千切りフライ卵黄乗せのほうが美味しい。
ハモンセラーノが置いてあって、削り立てを供していたので、これを注文。
MARTINEZの生ハムより数倍美味しかった。


HIDALGO51
昔モルシージャが美味しかった記憶があるが、その後行っていなかったので入ってみた。
しかし混雑しているせいなのか、なんど店員に声をかけても「待て!」と言われるだけで、全くとりあってもらえない。
この超絶忙しいときに、明らかに欧米人ではない私たちの相手(言葉がするする通じないだろうと思われる)をするのは嫌なのもわかるが、待てという割にその後はこちらの注文を取りに来てくれるわけでもなく、違う人の注文を受けたりしているのが腹立たしい。
お願いすること5回目くらいに、ようやく聞いてもらえたと思ったらキッチンクローズ。
だから最後のかけこみで余計忙しかったのだろうけれど・・・.
キッチンがクローズしたから注文を受けてくれるようになったのだろうけれど・・・
時期とタイミングが悪かったんだろうとはいえ、次回再訪するかというと、多分二度と行かないだろうな。
とりあえず酒だけ飲んで退散。

正直スペイン語もまったく達者なわけではない(どころか、注文会計片言レベルから上達していない)ので、かなり疲れた。
絶対に絶対に次回はジャズフェスの時期をはずして来るぞ!というか、今後はジャズフェスの時期には絶対来ないぞ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - バル(サンセバ・グロス) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。