So-net無料ブログ作成
検索選択
バル(サンセバ・パルテビエハ) ブログトップ
前の10件 | -

サンセバのバル2017(9) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

バスク3日目(夜)

いつもよりは満腹で死ぬ!という感じはなかったのですが、やはりアルコールがいい感じに回り、シエスタしてしまいました。
いつもサンセバで洗濯をお願いしているWash & Dryでは、閑散期だからか当日夕方仕上がりと言われていて、6時ね、と言われていたのに、起きたら6時20分!
大急ぎで取りに行きました。間に合って良かった。

今回はオンダリビアへも足をのばすので、本日がサンセバラストナイトになります。
娘が食べたいものをリピートすることにしました。
娘はとにかくガンバとパタタがお気に入りのようで・・・

GOIZ-ARGI
このお店の看板メニュー、エビの串焼き。
娘は他のお店のガンバやランゴスティーノの串焼きじゃなくて、ここのが好きなんだそうです。
でもせっかくのマリネソースは落とし食べるのよね・・・・(まだ酸っぱいソースは難しいのかもしれませんが)。お店の人に失礼なような。
でも娘は満足なようです。

PACO BUENO
こちらのガンバのフリットもやっぱり絶対食べたい!とのことでリピート。
うながんば~♪うながんば~♪と、怪しげなガンバの舞を歌い踊って到着です。
注文も自分でしたいと注文。ちゃんと通じました。
嬉しそうにあっというまに平らげた娘、お会計も自分でちゃんと言いにいったら、なんとお店のおじさんがこっそりガンバを1つ持ち帰り用の紙袋に入れて娘に渡してくれました。
娘大感激。
ますます止まらない「うながんば~」を歌い舞い踊りながら旧市街を練り歩いていました。

Ciaboga(セントロ)
やっぱり安定の美味しさです。
ここでも半分以上娘が平らげます・・・お腹大丈夫なのかしら・・・。

Gandarias
本当は娘がHARITZAのトルティージャ希望だったのですが、火曜はお休みだったようで。
大人のリピート希望でこちらの鴨の串焼きを。
さすがにテンション最高潮だった娘、私たちが鴨の串焼きを食べているうちにカウンター下のあしもとで寝てしまいました(笑)

大満足のサンセバスチャン滞在でした!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2017(7) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

さて、旧市街へやってきました。
昨日の日曜日とはうってかわって閑散としています。ただでさえ有力店の定休日が多いうえに、シーズンオフの月曜日ですね、やっぱり。
でも月曜日火曜日もうまく回れば美味しいお店も開いています。

ATARI
どのお店もびっくりするくらいすいている中、大変にぎわっています。
人気店だなあ、と思います。
ここではいつも本日のアロスを注文します。今回のアロスはビーツのアロスでした。美味しい!
ランゴスティーノの串焼き、娘が食べるかと思って注文したら、娘はGOIZ-ARGIのガンバのほうがいいんですって。美味しいのに。
まだちょっとだけ時期には早くて、フレッシュアスパラガスなどはメニューには出ていませんでした。
それにしてもハズレがないですね、ここ。

HAIZEA
今日は開いていました。
ここではやはり鉄板メニューとして、ランゴスティーノレジェーノと、ブリックデバカラオです。
どちらもやっぱり美味しいです。
そしてここは旧市街から一本離れているだけなのに、すいていて安いです。そしてお店の人もいつもとても親切で気持ちいいです。
毎回必ず寄らずにはいられないお店です。

さて、ここからグロス地区にハシゴです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2017(4) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

海岸線を少し遠回りして、海辺の公園とメリーゴーランドで娘を遊ばせ、旧市街へ入りました。

PACO BUENO
娘が食べるか不安だったので、とりあえずガンバを2つ注文
だいたいいつでも揚げたてで置いてあるさっくりだけど分厚い衣のエビフリット、美味しいです。
最初はいらない!とか言っていたくせに、ひとくち食べた瞬間ばくばくと食べ、おかわり!と(笑)。
自分で言いに行け、と言うと、自分の欲望に忠実な娘は「なんて言えばいいの」と私に聞いて、ぐいぐいとカウンター前に進み、「うながんば、ぼるふぁぼる!」と、自分でお代わり注文していました。
当然このお代わりもひとりで食べたので、結局私と夫が1尾ずつ、娘は4尾食べました。

Alberto
店頭に鮮魚がディスプレイされていて、絶対に美味しくなさそうと勝手に思っていたこのお店、10年間立ち入らなかったのですが、先日発売されたバスクバルの本にも「立ち入っていなかったけれど結構美味しい」旨記載されていたので、初挑戦です。
魚介のスープがタパスでいただけるのも魅力。
ここはアルボンディガスが名物らしいので、アルボンディガスと魚介スープを注文。
アルボンディガスはあまりサンセバで食べていませんでしたが、きりっとした輪郭のソースで、肉も美味しくて、なかなか良かったです。娘も喜んで食べていました。
魚介スープは優しくてしっかり出汁のとれた、美味しいスープでした。これで胃腸が動き始めました!
今まで足を踏み入れていなかったのを後悔するお店でした。
次回からも立ち寄ろうとお思います。

MUNTO
かなり久しぶりの訪問です。相変わらず混んでいます。
混んでいるのにカウンターにはカマレラが一人で、これが見ていて気持ちいいくらいテキパキ仕事しています。
ここはチャングロが有名なのですが、チャングロはSPORTの方が好きなので、ラビオリデチピロン(チピロンレジェーノ)を注文。
ラビオリとは言っても、ラビオリに入っているのではなくて、イカの胴体をラビオリに見立てて内部にクリーム系の詰め物をしているものです。
久しぶりに食べましたが、美味しかったです。

この後はHAIZEAにと思いましたが、HPでは日曜夜は営業と書かれていたけれどお休み(まあスペインだからね)、だったらとグロス地区へ向かいました。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2017(3) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

歩いて旧市街へ戻り、さて一軒目は初めて訪問するバルで魚介スープを、と思ったけれど、店内準備中の様子(8時前だった)。
では、と、胃腸が動いていないというのに揚げ物へ(笑)

PACO BUENO
やっぱりここはガンバです。
さっくりしたアメリカンドックのような衣をまとったガンバ、娘は最初はいらない!と言っていたのに、味見したらそのままエビを2尾(2尾でピンチョ1つ分)食べたうえに、お代わり所望。
自分で言ってこいと言うと、自分の欲望には非常に忠実な娘、カウンターまでずいずい進んで「ウナガンバ、ポルファボル!」と。
カウンターのおじちゃんがにっこりしてお代わりをくれました。
お代わりもペロリと平らげ、満足げな娘です。
会計は自分でする!と、カウンターに行ってお会計をしてもらうと、なんとカウンターのおじちゃんがお釣りと一緒にお土産にガンバを1つ紙袋に入れて渡してくれました。
娘、狂喜乱舞(笑)。
うながんば~♪うながんば~♪と、怪しげな自作の歌を疑いながら踊り歩いていました・・・。

Alberto
入り口に魚屋さんのように魚介が展示してあって、どうにも美味しそうなイメージが無く、今まで一度も足を踏み入れたことの無かったこのバル。
今年出たばかりのスペインバスクバル紹介の本に載っていたことも有り、初訪問です。
このお店の名物はアルボンディガス(ミートボール)なので、それを注文
そして本に書かれていたように魚介のスープがタパスでいただけるので、それを注文。
どちらもとても美味しかったです。
魚介のスープは濃厚なのに優しい味で、これを機に胃腸が動き始めました(笑)
店員さんもとても優しい感じの女性で、良いお店でした。
今後はまた来てみよう。

MUNTO
超久々の訪問です。
ここはチャングロが有名なのですが、チャングロは他にもっと美味しいところがあるので、以前食べて美味しかった記憶のあるイカノラビオリ(チピロンレジェーノ)を。
ラビオリと言っても、ラビオリの具がイカなのではなく、イカの胴体をラビオリに見立てて、イカの中に詰め物をしたものです。
クリーミーな詰め物が、イカの鉄板焼きに合います。
混んでいるけれど、見ていて気持ちいいくらいに一人の女性がてきぱき回しています。

最後はHAIZEAへと思ったけれど、お休みだったので(HPでは日曜夜は開いているはずだったけど、まあスペインですから)、急遽予定変更してグロス地区へ向かいました。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2017(1) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

バスク初日(日)

夜中に到着したけれど、多少時差ぼけもあるので早起きです。
娘は飛行機の中とハイヤーの中で寝たので、すっきりと早起きです(笑)。
7時過ぎに朝食に行くと、日本のホテルよりも日本人しかいませんでした(爆)。バスク流行ってるなあ~。
そういえば昨夜チェックインした時に、バル巡りから戻ってきた日本人グループとガイドがいたので、このグループかな?
毎年ほぼ変わらないけれど美味しい朝食。そして今日はとってもいい天気!

午前中は、コンチャ湾→ミラマール宮殿→Peine del Viento(コンチャ湾のイゲルド山側の岬っぽいところ)→フニクラ(11時~だったので入り口だけ)→旧市街へと散歩しました。
Peine del Vientoは初めて行ったのですが、結構な写真スポットらしく、たくさんの観光客がいました。有名な彫刻家?が作った謎のオブジェがありますが、それよりも波が打ち寄せる度にその水圧で風が吹き出るようになっている穴が何カ所かあって、この上に立つと波が来る度に「マリリンモンロー」ができます(笑)。これ案外楽しかったです。娘も大喜び。
フニクラは天気が良かったので行こうかと思いましたが11時からの運行で、乗っていると昼のバル巡りが遅くなっちゃうな、と今回はパスです。今回の滞在中は、この日以外はあまり好天ではなかったので、フニクラは来年かな~。
以前はコンチャ湾の向こうまで歩くと娘が疲れて抱っこ抱っこになってしまい、すごく遠かったイメージでしたが、娘もちゃんと歩いてくれるので良いお散歩コースでした。

さて、腹ごなしもすんだところで、早速バル巡り開始です!

GOIZ-ARGI
一昨年去年と、どんどん味落ちてるなあって思っていたけれど、やっぱり我が家のスターターはこのガンバ。
娘も大好きなのですが、娘はせっかくのソースは全部落として食べます(苦笑)。だったら違うところのガンバの串焼きでもいいのではと思うのですが、ここが好きなんだそうです。
初日初回なのでやっぱりチャコリで。
そして肝心の味ですが、持ち直してるという噂を聞きましたが、確かに持ち直していて、一昨年去年よりかなり美味しかったです。
ここに来ると、バル巡り開始だなあってつくづく思います(私は)。

SPORT
まだ12時前なので、早い時間からやっているお店から回ります。
ここではチャングロの甲羅焼きを。チャングロのクレープも美味しいのですが、私は甲羅焼きの方が好きです。GANBARAのチャングロに比べると少しチャングロの味は薄いのですが、良いおつまみです。
いつもカヴァをなみなみ注いでくれるので、カヴァで。
そして今年も娘にはグミの小袋をくれました。

Tamboril
本当は11時半から開店と記載のあったGANBARAへと思ったのですが、まだ準備中(このシーズンは12時開店なのか?スペインですからね)だったので、先にこちらへ。
イワシのフリット、これはやっぱり美味しい。
そしてここの名物ピンチョであるチャンピ。でも私はここのチャンピはちょっと焼いてから時間がたっている(置いておいたせいではなく、そういうレシピなんだと思う)感じで、あまり好きじゃ無かったです。2年前くらいにもそう思ったけれど、今回もそう思ったので、今後はこのお店ではチャンピはもういいかな。

GANBARA
開店と同時じゃ無かったので、すでに激混み。今日は日曜だから余計混んでいると思われます。とは言ってもオフシーズンの混み具合でしたが。
去年もいた日本語のかなり上手なカマレロ、いつものカマレロ、みんな変わりなくなんかほっとします。
この季節にもかかわらずオンゴ(春ポルチーニ?)があったので、もちろんオンゴのみのアラプランチャをお願いし、そういえば名物だったけど食べたことの無かったチャングロのタルトも注文。
オーブンで焼きたてで出てくるし、カニ味噌濃厚だけど、この味で甲羅焼きだったらいいかも(でも日本酒が欲しくなるかも)。
娘がハムとチーズのクロワッサンサンドを欲しがったので、食べるのか?と思いつつ注文。
少し温めるか聞かれ、温めお願いしたらほんのりとけたチーズが美味しそうでした。食べたいとか言うけど食べるのか?と半信半疑でしたが、娘は一瞬で食べきっていました。いつの間にこういう物を食べるようになったんだろう(笑)

Txuleta
日曜のスペイン人が昼をとる時間帯に入っていることもあり、激混み。
行くのを諦めようかと思うくらいでしたが、娘がすすすっとカウンター前まで入り込んでしまい、そこに居た人たちがちょっとスペースを空けてくれました。
ここはサンセバスチャンでは珍しくお通しが出ます。今日のお通しはパエリアでした。まあ普通(笑)。
そしてピンチョのチュレタ、少し急いで焼きましたって感じで串の根元は冷たいところもありましたが、赤身肉の美味しさを感じることができる一品です。

Urola
まだ季節はじめの涙豆なので、聞いてみたけれど今日は入荷していないとのことで。
ミニハンバーガーとチュレタをオーダー。
ミニハンバーガーは、パテがチョリソ味で美味しかったです。リンゴのスライスが入っていました。チュレタも、上品な一品料理で、ここはどれをオーダーしてもハズレ無しだなあと思います。

Borda Berri
去年は訪問時休業だったこともあり、2年ぶりの再訪。
違う物を頼んでみようと思いつつ、つい頼んでしまうカリレラとアロスボンバ。そしてお気に入りのイベリコケバブ。
2年前に作り置きしてかなり時間がたっていて美味しくなかったのとは異なり、ちゃんとやっぱり人気継続店だなと思える美味しさでした。
アロスボンバは、てっきり鰹節粉がたっぷりなのかと思っていましたが、そうではなくてパプリカの粉が多いとああいう感じになるのだと聞きましたが、なるほど納得。と、納得しつつもやっぱり鰹節感が拭えないのでした。

初日からすっかり飛ばしすぎました。
時差ぼけもあるし酒も7杯飲んでいるしで(どうしてもつい1軒1杯飲んじゃう)、シエスタ。このシエスタは至福の時間です。
目覚ましも気付かずすっかりいい気持ちで目覚めたら18時半でした。
ひゃ~、腹ごなしもできていないけれど、このまま夜の部に出発!です。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2016(5) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

バスク旅行9日目(土曜日)昼

朝から雨です。
朝食は本日はたっぷりいただきました。もちろんカヴァ付きです。
朝方は雨のことが多いこの地方なので、すぐ止むかな~と思っていましたが、なかなか止みません。
でももうお出かけしようと思った頃、ほぼ傘をささなくてもいいくらいになったので、そのままお出かけです。

NESTOR
12時20分にお店の中に無理矢理入ってトルティージャ注文。2番目でした。
13時に戻ってこいと言われ、ぷらっと旧市街を回ります。
BORDA BERRIは、今回はお店の改装を始めたのか、ずっとシャッターは半開きなのですが、荷物が中に積まれていて営業する雰囲気はありません。前回非常に美味しくなかったので、再確認したかったのにな。残念です。ま、来年また行ってみます。

PACO BUENO
待ち時間に覗きに行くと開いていました!ガンバを注文、娘も普通に1つ食べました。
やっぱりここは木曜金曜がお休みなのかな?前回もたしか木曜とか金曜は閉まっていたような記憶。
この隣にあるパン屋さんはものすごい行列です。
以前からサンセバで人気のパン屋さんだそうで、いつも行列なんですって。あまり行列の時間帯にここ通らなかったから今まで気づかなかったなあ。
そうこうしているうちに13時が近づいたので、NESTORに戻ります。

NESTOR(続き)
トルティージャだけの予定でしたが、土曜できっとバルも混んでいるし、このまま今回はここで食べようという話になったので、ピメント(メディアラシオン)とチュレタを注文。
トルティージャは今回2切れ注文しました。2番目の予約だったので、自分の分あるかなって心配になる前にサーブされました。とろける美味しさですねえ。一回一枚しか焼かないというレア感がまた(笑)。
チュレタはやっぱり価格の割に美味しいですが、ETXEBARRIの後だと・・・う~ん。これならTXULETAのピンチョチュレタだけでも良かったかな?
あまり空腹感がなかったことも敗因かもしれません。去年の方が美味しく感じました(去年はETXEBARRI行っていないし)。
まあでも足のこともあってあまりアクティブに動けないので、土曜昼は混雑するし、今回はここでランチほぼ終了の選択肢です。
トマトが有名なこのお店、トマト食べないの?と何度も聞かれましたが、2切れくらいなら食べたいけれど、あんなにたくさんは無理です(笑)
でもまあなんだかんだ言って、全部で50ユーロでおつりがくるコスパは素晴らしい。お店の人も気持ちいいしね。

sirimiri
夫がサングリア飲みたいとのことで、サングリアを見かけたここへ。
ただ、あまり美味しくなかったそうです(笑)

LA VINA
最後はチーズケーキ、こんなにお腹いっぱいなのに食べられてしまうこのチーズケーキは恐ろしい!

苦しすぎる・・・ホテルに帰って一休みです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2016(3) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

バスク旅行8日目(金曜日)昼

朝食はさすがにあまり食べられず(苦笑)
お昼に旧市街へお出かけした頃にようやく胃がうごいてきた感じです。

GANDARIAS
やっぱりPACO BUENOがお休みだったので、胃腸の調子が・・・とか言いつつ、しょっぱなからソロミーヨです。
やっぱりこのソロミーヨは鉄板な美味しさで、娘もお代わりする勢い(笑)
さすがに今日はあちこち行きたいのでお代わりは止めました。

TXULETA
お店の場所の都合上(足のことがあるので、近くて回りやすい順で回ろうかと)、肉の連チャンです。
このお店は非常に店員も応対が良くて気持ちいいです。サンセバでは珍しくお通しが出ます(小さなパンにポテトサラダが乗ったものが出ました)。
チュレタのピンチョ、私たちはソロミーヨよりもこちらの方が好みです。一口サイズのチュレタが3個、串に刺さっています。価格的にはソロミーヨよりちょっとだけお高いですが、コスパは良いかも。フライドポテトが添えられているのも娘的には嬉しい(娘はポテトフライが大好き)。
ここは次回も絶対来ようっと!

Tamboril
鰯のフライ、揚げたてさくさくです。広場周りにあるバルですが、カリエンテメニューはなかなか良いです。
広場のテラス席で飲み食いしている人が多いため、店内はとてもすいていました。
外国人って本当にテラス席好きですねえ。天気が良い日ならまだしも、暑すぎたり少し寒かったりしてもテラス混んでいます。

Urola
今日も果敢に聞いてみましたが、やっぱり涙豆は無いとのことで。まあせっかくETXEBARRIで美味しい涙豆食べたから、その記憶だけ持って行くことにするかとあきらめました。
フレッシュアスパラがあったので、これをオーダー、2本が長いままで焼かれて出てきて、少し酸味のあるソース。こちらのアスパラも美味しかったです。

SPORT
やっぱりこのお店で注文するとカヴァは山盛りです。チャングロのオーブン焼き、ここのは相変わらず美味しい。
アスパラはフレッシュじゃ無いとのことでしたが、フライを注文、揚げ直して出てくるのでさくさくの衣で美味しかったです。水煮アスパラのフライとしてはGANBARAより美味しかったかも。
そして今回も娘がいることに気付くと、娘にはグミのお菓子をくれました。

EGOSARI
お店が改装されてキレイになっていました。
今までグリルして出してくれる串ものは、そのまま(焼く前の生のまま)カウンターに並んでいたのですが、見本の焼いた物だけ置かれていて、注文したら厨房で焼いて出してくれるスタイルになっていました。
正直暑い時期は午後2時過ぎになると海鮮串はややヤバイ臭いを出していたりしたので、こちらの方が安心だし衛生的でいいですね。串以外のカリエンテメニューも見本が置いてあってわかりやすいです。
海老の串とお肉の串を注文、そしてイベリコ豚の頬肉煮込みがあったのでこれを追加注文。
飲みながらちょっと離れたカウンターで待っていたら、お店の人が焼けた串を持ってきてくれました。
美味しいです。価格も良心的だし、ボリュームもあるし。
それを食べながら待っていると、「ちょっと時間かかってごめんね!サービス!」と、イベリコの頬肉に時間がかかっていることを詫びて生ハムを小皿に6~7枚置いたものをサービスしてくれました。娘大喜び。
牛の頬肉はあちらこちらでよく食べましたが、イベリコ豚の頬肉も美味しかったですね~。
ますますお勧めのお店になりました。

HARITZA
セントロに属するお店ですが、流れで行ったのでこのまま記載します。
最後にトルティージャをと思って訪問。
相変わらずのシンプルな感じのお店で全然観光客向けではないお店ですが、ちょっと半熟のこのトルティージャは美味しかったです。この価格でこんなに簡単に食べられるのが良いですねえ。

食べ過ぎました。お部屋に戻ってシエスタタイムです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2016(2) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

バスク旅行7日目(木曜日)夜

やっぱりARZAKの後はおなか一杯で苦しいんだけれど、それでもやっぱりバルには行くのだ!と、一休みしてから、でもやっぱり娘の腹ごなしにコンチャ湾沿いの公園へ行きました。
一通り遊ばせてから夜の部を開始です。

ATARI
まずはPACO BUENOでガンバをと思ったのですがお休み。木曜金曜がお休みなのかも?(翌日も閉まっていたので)
ということで、基本的に何を頼んでもハズレ無しのこのお店です。
ここはARROZ DEL DIAがあって(直訳すれば本日の米料理、ですが、日替わりではないことは去年実証済み)、米が大好きなうちの夫と娘にはもってこいです。
ARROZを注文して店内を見ていると、黒板に「フレッシュアスパラガス」の文字が!
これは頼むしか無い、と、こちらも注文。
しばらくして出てきたARROZ、これ米じゃなくてリゾット(米の形のパスタ)じゃん!米じゃないじゃん!ARROZって書くなよ~~~~~!
でも美味しかったからいいんだけど。
アスパラもちゃんと歯ごたえが少し残る調理で、オランデーズ系のソースが添えられており、こちらもオシャレで美味しかったです。
このお店は外れないですね。広いお店なのにいつもすごく混んでいるのも頷けます。

GANBARA
ここへ行く前にUROLAに寄って涙豆があるか聞いたのだけれど、ちょっとしか入荷しないからもう無いと言われたのでGANBARAへ。
季節柄キノコはどうかな~と思っていましたが、オンゴと、春キノコであるアミガサタケ、マッシュルーム、セタが積まれていました。この季節でもキノコあるのね。
ミックスのソテーを注文、結局はやっぱりオンゴが一番美味しかった。アミガサタケは、ソテーよりもクリーム系ソースで出汁が出る感じのほうが個人的には好きかな。
アスパラのフライ、ここのは水煮(通年メニューなので)だけれど初めてトライ。これはこれで美味しかったけれど、うーん、リピートはしないかな?

GOIZ-ARGI
毎年驚くほど観光客用のお店と化していくここ。
とりあえずそれでも一度は行かないとね、と訪問です。
ガンバにかかっているソースが、正直驚くほど不味くなっていました。前とちがって、非常に味の素のような、いわゆる化学調味料の力を感じます。
う~ん。前みたいにいつでも入れないくらい混んでいることがなくなったし、お客は正直ってことでしょうね。
一度は行くけれど、前みたいに毎回スターターに使ったりはしないですね、もう。

さすがにARZAK後なので、これで終了です。
いつもは食べ歩いていても、文字通り歩くので割と体重は思ったよりも増えないのですが、今回は私はひたすら車椅子に座っていて歩かないので、明らかに腹回りがやばいです・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2015(8) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

サンセバ4日目(夜)

そういえば今回の旅行は、あまりグロスとかセントロ(除くCiaboga)は行かず、旧市街を多く訪れています。初心に立ち返る感じ?しばらくぶりに行くお店とかも新しい発見があって楽しい。
4日もバル巡りの日をとっているのに、まだまだ回り足りないですが、ラストバル巡りはおさらいと行きたかったお店を回ることにしました。

GANBARA
旬のオンゴはやっぱり美味しいよね!ってことで再訪。秋の味覚です。
どうしてさっとオリーブオイルでソテーして塩しただけのキノコがこんなに美味しいの?

A FUEGO NEGRO
バスク風あさりご飯(ただしミント風味)を食べたくて行きましたが、注文もなかなか聞いてもらえず、やっと注文取りに来てもらえたと思ったら今日はMakobe(ミニハンバーガー)しかないと言われ断念。どうにもこうにも、このお店はやっぱり相性が悪いとしか(苦笑)
何も食べず飲まず撤退。撤退できるのがバルの良いところでもあります。

LA CUCHARA DE SAN TELMO
やっぱり一回は行っておこう、と訪問しました。開店まもなくの時間帯だったので、問題なくお店に入れました。
カリレラと、今回は初挑戦だけれどここの有名ピンチョらしいケソデカブラを注文。
すぐに出てきたカリレラは、Borda Berriのがあまりにもひどかったこともありますが、美味しい!これを食べている間にどんどん店は混雑してきて、身動きもできないくらいになりました。
が、いつまでもケソデカブラが出てきません。注文が通らなかったかなあ?と心配になった頃サーブされたそれは、ホールサイズの「雪印カマンベール」の高さを1.5倍にしたくらいのホールサイズのチーズオーブン焼きにしたものが主体というものでした。大きさにびっくり。
美味しい、美味しいよ、酒にも合うし。しかしこれは4人くらいで食べたいサイズだ(笑)
かなり満腹中枢が刺激された状態でお店をあとにしました。

海辺の公園(娘の希望)から海辺を散歩しつつ、セントロの大聖堂ライトアップを見にセントロ地区へ向かいます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2015(7) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

サンセバスチャン4日目昼

いつもの朝食をカヴァとともにいただいて、今日はようやく気温が高くなったので娘待望の海へ行き、波打ち際で遊ぶ。
その後お部屋に戻って早速ランチに出発です。

Tamboril
鰯のフリットはなかなかおすすめ、美味しいです。マッシュルームは、少し焼いてから時間がたっているかんじですが、これはこれで美味しいかな。でも私は焼きたてで少し生の感触があるほうが好きです。
この後CUCHARAへ行こうと思ったのですが、開店時間を過ぎているのに準備中という感じでいつまでも飽きません。今日はNESTORの予定だったのですが、ここも開くまでは時間があるので、CUCHALAが見えるMARTINEZで待機することにしました。

MARTINEZ
チーズボールの揚げ物を注文、かなりしょっぱいかな~。でも揚げたてなので美味しいし、つまみとしてはいけています。
でも、このお店も一時期より全然人が入らなくなったな~と思います。
しばらくここで待っていたけれど、CUCHALAが開店する気配が無いままNESTORの開店時間が近づいてきたのでNESTORへ移動することにしました。

NESTOR
まだシャッターは半分しか開いていませんが、無理矢理入ってトルティージャを注文します。
チュレタを食べるつもりなのでトルティージャは1個、というと、「小さいぞ!本当に一つでいいのか?」と言われました(笑)
とりあえず飲みながら待ちます。待っている間に、チュレタも注文。トマトとピメントは?と聞かれたので、ピメントを注文。
焼き上がりの時間になり、切り分けられていくトルティージャ、いつもここで自分の注文した分が来るのか心配になりますが、ちゃんと来ました(笑)
ピメントも出てきて、野菜不足解消にもりもり食べちゃいました。
そしてチュレタの登場です。だいたいいつも2つの焼く前の肉を見せられてどっちにするか聞かれますが、躊躇無く大きい方を選んだ娘。焼き上がりはさすがのボリュームですが、骨部分もあるので3人でぺろっと平らげてしまいました。これでこのお肉32ユーロってすごいコスパ良いです。
大満足です!

LA VINA
肉を大量に食べたので、CUCHALAで牛ほほ肉という気分でもなく、デザートのチーズケーキを食べに。
ここのチーズケーキはものすごく美味しいです。酒のつまみにもなります。
1つ頼んだら、ちゃんと2つに分けて出してくれるのもうれしい。娘もかなり食べました。満足満足。

気温もかなり上がったので、海に入ろうとホテルの部屋に戻ると、掃除がされていない。しかも何故かエキストラベッドが入っている。
何でじゃ?と、フロントに行くと、「最後の日だけスイートにアップグレードしました」と。
チェックインのときに聞き漏らしたのかなあ?今日は混んでいるぞ、という話しか聞いていなかったわ。
大慌てで荷物を移動可能な程度にまとめ、海へ。
唯一水着で海に入れるくらいの気温だったので、娘は大喜びで遊んでいました。
部屋に戻ると確かにスイートになっていて、しかもまたウェルカムワインとチーズプレートが!(爆)
とりあえずテンション上がりすぎて昼寝しなそうな娘を風呂に入れて、着替えて夕食へ向かうことにしました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - バル(サンセバ・パルテビエハ) ブログトップ
メッセージを送る