So-net無料ブログ作成
レストラン(マドリード) ブログトップ

マドリッドのバル2015(1) [レストラン(マドリード)]

マドリッド初日

バスターミナルのAvenida de Ameicaに到着、ターミナルの建物を出たらすぐタクシー乗り場がありました。タクシーでマドリッドの宿、ウェスティンパラスへ向かいます。
以前初めてマドリッドに来たときと同じジュニアスイートのお部屋にアップグレードしてくれました。昔ながらのヨーロッパ調重厚な建物と内装です。
荷物が来たら出かけようと思っていたけれど、なかなか荷物が来なくて待つことしばし。
ようやくお部屋に運んでもらった荷物を整理して、早速夜ご飯のバル巡りに出発です。

パラスは地下鉄最寄り駅がソルまたはバンコデエスパーニャ、ソル駅の向こうのマヨール広場とかサンミゲル市場までは十分徒歩圏内です。

MUSEO DEL JAMON
以前マドリッド訪問時、行こうと思っていたけれど行っていなかった有名生ハム店。あの時よりはだいぶ物怖じしなくなったので、ずんずんカウンターに向かいます。
イベリコの生ハムを一皿とビールを注文。
頼んでいないのに生ハムとベーコンのロールパンサンドみたいなのが出されました。
マドリッドは飲み物を頼むとお通しがついてくるのか?
生ハムは、う~~~~~~~~~~~~~ん、バスクの後だからなのか、正直たいして美味しくない。
スライスも、機械切りなのに、なんだか分厚い。
正直かなりがっかりです。
あ、お通しは美味しかったです(笑)
まあでも今後マドリッドに行くことがあっても訪問はしないだろうなあ。

CASA DEL ABUELO
言わずと知れたエビの超有名店。何店舗か支店が近隣にあるようですが、もともとあった本店へ。
時間帯(夕食にはちょっと早い時間)のせいなのか?店はガラガラ。
さっきの生ハムのこともあり、やや不安ながらもお店へ入り、エビのアヒージョと鉄板焼きを注文。
お店のおじさんはとっても陽気で気さく、味も美味しかったです。
でも価格はたぶん10年近く前に来たときと同じくらいだけれど、現地的にはきっと高価なのかなあ?だからあまり人がいないのか、時間帯のせいか。ただカウンター下には紙ナプキンとエビの殻がたくさん落ちていたので、時間帯のせいかな。高価なのは、エビ自体が高価だから仕方が無いかなあ、とも思いますが。
アヒージョのオイルで食べるパンがまた美味しくて危険でした。

MESON DEL CHAMPINON
こちらも言わずと知れた超有名マッシュルーム焼きのお店。
カウンターでマッシュルームを注文、娘さんにどうぞ、とパンもくれました。
しばらくして日本人の女の子二人組が来たのですが、カウンターで日本語メニューを渡されていました。
え?日本語メニューあったの?
普通にそんなもの渡されず、普通に娘さんにどうぞ、とかもスペイン語で話しかけられていましたが…。まあ日本でも日本人スタッフに空港とかラウンジとか、ホテルとかでさえ英語で話しかけられることが多い私たち、慣れていますけどね(苦笑)。
ここのマッシュルームは少し酸味のあるソースで、見かけの量よりも軽く食べられてしまいます。

SAN MIGUEL市場
サンミゲル市場が観光客向けに改装したらしいとのことで、寄ってみました。市場というよりは、もう観光客向けのシンガポールにあるホーカーズ(屋台村)みたいです。
ぐるりと回って、パエリアとアイスクリームを買いました。
購入して市場内にある座席で食べる感じです。座席も結構混んでいて、あいているところを見つけるのは大変。
正直さほど美味しいお店(食べ物)があるわけではないので、雰囲気を楽しんだりするにはいいですが、美味しい物を食べたいと思っていくならおすすめしません。

LAS BRAVAS
ポテトブラバスの有名店らしく、寄ってみた。
大きなジャガイモを4つ割にしたくらいの豪快なイモが山盛り、そこに結構ピリ辛のブラバスソース。
いや、不味くはないよ、美味しいですが、ちょっとこの量は無理です(笑)

さすがに満腹でホテルへ戻りました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

マドリードでパエリア! [レストラン(マドリード)]

スペイン2日目(昼)

午前中はプラド美術館を散策し、地下鉄に乗ってお昼ご飯を食べに出発。
マドリードでパエリアというのもどうかと思ったけれど、下調べによるとこのお店はパエリアが結構美味しいらしいし、米も食べたいなあ(連れは米食い)とのことで到着早々にしてお昼はパエリアに決定。マヨール広場とかだと美味しくないパエリアに当たる確率が高いらしい。まあ、どこも観光地のもっとも人の多いあたりてそんなもんなのだろう。
バンコデエスパーニャ駅で地下鉄回数券を購入、そこから地下鉄に乗って・・・と思ったら、ちょうど自分の行きたかった方面が不通になっていた。最初は小さな立て看板しかなくて分からず(トイレの入り口に置く清掃中みたいな看板だった)、乗ろうとしてホームに降り立つとスペイン語しかできない係員にどなられ、どうやらあっちのホームに行けと言われているみたい。
向かいのホームに行くと、さっき着いた電車が折り返しして戻ってきている。どうやらバンコデエスパーニャとオペラの駅間で工事かなんかで不通になっているらしい。しょっぱなからショックだったけれどマドリードの地下鉄はかなり網の目のようにはりめぐらされているので、反対方向へ乗ってもちゃんと目的地へ行けることが分かり一安心。イレギュラーなことがおこると言葉ができないのはかなりツライ。
なんとか目的駅Argüellesに到着、地図と太陽の向きを頼りに歩き出す。コンパス持ってくるべきだったなあ。買おうと思っていたのにすっかり忘れていた。来年は買おうっと。

CASA DE VALENCIA
P.º Pintor Rosales, 58
到着が前日夜だったこともあり、電話しか予約方法も無く、もちろんスペイン語で電話など出来ないので二ヶ月くらい前にホテルのコンシェルジェにメールでお願いしたところ快く予約をしてもらえた。
地図を見ながらロープウエイ入り口を目指し、ロープウェイ入り口の通りを右に曲がって道路を一本くらい渡ると右手にお店が見えた。
13時(開店時間)予約、到着は13時15分だったが、まだ勿論誰一人客はおらず、ウエイターも食器を並べたりしていて超準備中という状態だった。さすがスペイン。地下鉄も通常通りで迷わず時間通りに来ていたらどうなったんだろう(笑)。
英語のメニューがありこれをもらったが、半端に英語になっているとかえって分かりにくい。ハモンイベリコがhamとか書かれていたりして(笑)。
とりあえずカヴァを注文してメニューをながめ、スープドポアソンとシーフードパエリアに決定。
カヴァと一緒に出てきた突き出しの、にんにくのきいたオリーブがすごくおいしい。しかしここのギャルソン、カヴァをちょっとずつしか注いでくれない。最初は冷えていないからなのかと思ったけれど、最後までちょっとずつだけ注いで、それでいてしょっちゅう注ぎに来る。これってよくテーブルを見ていますよ、というサービスの意思表示なのかなあ?私たちには一口分のカヴァなんだけれどな。ごくごくっと飲みたかったんだけれどな。
アペリティフは小さなミートパイのようなもの。美味しい。
スープドポアソンは1皿を2人でシェアしたけれど、3人でもいいのでは?くらいの量だった。魚のダシが濃厚、具もたくさん、でもしょっぱくなくて素敵。
ここまで食べて二時過ぎ、この時点でまだ客は誰も来ていない。しかしテーブルには各席違う数のパンが並べられており、私たちの席も最初に2つパンが置いてあったことを考えるとそれらの席も予約されているのだろうけど・・・。
そして待ちに待っていたパエリア、手長海老など3種類くらいの海老にイカ、蟹、ムール貝など具沢山。一度見せに来てくれてから取り分けして持ってきてくれる。う~ん、美味しい。ものすごくダシがきいている。しかしやはりこれも二人前を3人くらいでちょうどでは?くらいの量(と言いつつ食べきる私たち)。
パエリアを食べ終わって二時半過ぎ、ここにきてやっと徐々に客席が埋まってきた。地元の、しかもかなりお年寄りのグループがいっぱいだった。
デザートはジンのジュレとレモンアイスクリーム、これまた大盛り。
と、ドライフルーツが周りに置かれ、中心に小さなガラスの水差しみたいな容器に黄色い液体の入ったものをギャルソンが持ってきた。私たちに向かって、水差しを高く掲げて空中から口へ直接注いでみせ、「こうやって飲むんだ(多分こう言ったのかな)」みたいなことを言う。
甘いデザートワインで、面白がって飲んでいるうちに結構酔っ払った。しかもこの飲み方、けっこう難しい。ギャルソンはそれは上手に口へ注いでいたのだが、私たちはよだれかけが必要な状態だった。
しかし今なお拭えない疑念。実はこんな飲み方はするものじゃなくて、騙されたんではないのだろうか(笑)。
でも美味しかったし楽しめたのでいいや。
〆て78.64ユーロ、デザートワインはサービスなのか、食事につくものなのかわからないけれどレシートに含まれてはいなかった。
私たちが店を出た3時過ぎ、ようやく席はほぼ満席になっていた。本当にスペイン人のお昼は遅いね。でも満席だったみたいで、予約しておいてもらってよかった~。またマドリードに来ることがあったら是非寄りたいと思う。

後日談:スペインバスクで修行していたというシェフのお店に食べに行ったときに、お店に件のデザートワインが入っていた容器が飾ってあるのを発見。シェフに聞いたところ、本当にギャルソンがやっていたように飲むものらしい。疑ってごめんね、ギャルソン。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
レストラン(マドリード) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。