So-net無料ブログ作成

ロンドンヒースロー、トランジット宿泊の予習(笑) [スペイン旅行全般]

さて、いよいよ出発が近づいてきたのですが。
ここ最近はずっとパリでの乗り換えで、シェラトンエアポートホテルでトランジット宿泊し、翌日午前中にパリ発ビルバオ行き、という旅程でした。
シェラトンパリエアポートは、スーツケースを空港内用のカートに載せたまま徒歩移動できるので便利でした。シャワーの水圧が異常に低いことを除けば、たいていクラブフロア以上にアップグレードしてくれたし、ラウンジは遅くまで開いているので寝酒とちょっとしたおつまみはいただけたし、朝ご飯は結構美味しかったし、まあまあ満足のホテルでした。ただシャワーの水圧は髪の毛を洗うのにもやや苦労するほどなので(泡を落とすのが本当に大変)、次回からはパリ乗り換えの場合は、娘も体力ついてきたし、夜中着でビルバオまで当日中に行ってしまおうかなと考えています。

でも今回は韓国発券BAなので、初めてのヒースロー、そうあの悪名高きヒースロー経由です。
去年仕事でウィーンに行ったときに初めてヒースロー経由だったのですが、このときはそのまま乗り継ぎ便に乗ったので、入国審査もありませんでした。確かに多少手荷物チェックは厳しいな~くらいでした。
しかし!
今回は、当日中にビルバオまで乗り継げる飛行機がなかったため(LGWからの便はあるけれど、LHRからの便が無い)、初めてイギリスに入国してトランジット宿泊なのです。

特に出かける予定もないし、空港周辺ホテルで、というところで、SPGからシェラトンヒースローが安かったので選択。
空港ホテルだし、無料送迎シャトルバスとか、もしくはパリみたいに歩いて行けるのかと思いきや
・歩いて行くことはちょっと出来ない(ターミナル5には唯一徒歩で行けるホテルはあるが、利用ターミナルは3だし)。だいたい2キロくらいの範囲にホテルがあり、成田空港周囲のホテルっていう感じのイメージ。
・ホテルの無料シャトルバスは「存在しない」
・よって、空港からホテルへの交通手段は「ホッパバス」「公共交通のバス」「タクシー」

しかし、調べれば調べるほど非常に不便でぼったくり価格なんですよ、ヒースロー周辺の交通!
公共交通のバスは、空港周辺は無料なのだそうですが、ホテル付近のバス停(バス停の名前をきちんと調べる必要あり)までしか行かないし、車がびゅんびゅん通るバイパスを横切って渡らなくてはならないらしく、スーツケース2つと子供連れの私たちにはちょっと厳しい。

ホッパバスは、20分または30分に1本。そしてなんと片道4.5ポンド!(往復で買えば8ポンドらしい)。たかだか2キロ先のホテルに行くのに、700円超えですよ!子供は無料とはいえ、大人2人で1500円、普通だったら無料シャトルバスがあるかな?というところにこれは高すぎる。しかもいくつかのホテルを経由しながら行くので、時間もかかる。ようやく見つけたサイトからの検索によると、T3からシェラトンヒースローまでは17分、しかしシェラトンヒースローからT3までは28分!
http://www.nationalexpress.com/airports/heathrow-hotel-hoppa.aspx

こりゃタクシーの方が・・・と思ったりもしたけれど、空港乗り入れの暗黙の了解みたいなのがあるらしく、タクシーだと5分程度のようですが、空港から乗ると20ポンド(タクシーによっては30ポンド以上取られることもあるらしい)!ホテルから空港だと15ポンド弱で行ったというブログもあったので、ホテルから空港は大人2人子供1人ならタクシーでもいいかなあ・・・とか考えちゃう。
そんなことより、むしろパディントンまで15分くらいみたいだから、そっちで泊まった方が楽だったんじゃ?とすら思えます(ホテルの価格はだいぶ高くなるとは思うけれど)。
そしてホテルの朝食は6時からだけれど、フライトは8時25分なので、バスだと空港まで30分かかることを考えると、朝食をいただいてから出発するのは結構危険・・・。
どうせ時差ぼけで朝は早起きすると思われるので、(あまり期待できない)イギリスの朝食は無理に食べないでおいて、空港にとっとと向かってラウンジで軽食の方がいいかもとか考え始めています。

しかも、イギリスはややこしいことに、EUだけれどシェンゲン外だからスペインに入国時には別に再度入国審査が必要だし、スペイン出国時にはEU出国審査が必要だけれど、スペインで買い物したVATの返還手続きはイギリス。そして通貨はユーロじゃ無くてポンド。
ポンドが結構クセモノです。だってこのバス(かタクシー)に乗るためだけにポンドも換金して持っておかないとならないの?って感じです。ホッパバスはチケット売り場ではクレジットカード使えるらしいですが、ヨーロッパのチケット自販機のクレジットカード、時々日本のカード使えないことがあるし、タクシーは現金らしいので、やっぱり多少持っていないと、でしょうね。

とりあえず色々下調べはしてみたけれど、ヒースローは当日中乗り継ぎの情報はブログも含めてたくさん出てくるのだけれど、宿泊トランジットについてはあまり情報が無く。どんな感じだったかは、実際の体験後にまた備忘録としてまとめておこうと思います。
でも総じて思ったのは、ただでさえ悪名高きヒースロー、もうすこし利便性考えようよ!って感じです。
きっと今後スペインへ行くためにヒースロー乗り継ぎを選択することは、他に手が無いときのみになるのではないかと思う出発2日前なのでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。