So-net無料ブログ作成
検索選択

子連れシンガポール旅行2015(9) [シンガポール]

シンガポール最終日

朝はのんびり起きて朝食です。
それなりに充実している朝食なのですが、Wの後だとどうしても見劣りすることは否めません。
朝食後はまたプールです。
プールで遊んで、昼食はチャイナタウンのホーカーズへ出かけました。

チャイナタウンコンプレックス
MRTでチャイナタウンまで行き、こちらのホーカーズへ。
今回の目的は、美味しいという噂の小籠包のストールと、チキンヌードルのストールです。
が、小籠包のストールは一週間の休暇で閉まっていました。残念。
で、目的のチキンヌードルのお店、香港油鸡飯面
ここだけも~~~~のすごく列が出来ています。
並ぶことしばし、ようやく自分の番が来て、なんとか注文。チキンヌードルを2つと、チキンライス1つをオーダーしました。
お盆を二つにしようとしたら怒られて、無理矢理ひとつのお盆に乗せられました(笑)
チキンヌードル、これは美味しい。そして安い!2.5ドルだったか?あり得ないコストパフォーマンスです。こりゃ混むのもわかります。
しかしチキンライスは、ライスが出汁で炊いたものとかじゃなくて、美味しくないご飯で、こちらはいただけない。このお店で食べるならチキンヌードルが絶対です。

もう一軒くらい、とも思いましたが、今日はこのまま空港ラウンジにも行く予定なので、おとなしくこれで帰ることにしました。
ホテルへ戻ってシャワーを浴びて、帰国用の服に着替え、荷物整理をして16時チェックアウトです。レイトチェックアウトは本当に便利に利用させてもらっています。空港ラウンジでシャワーという方法もありますが、やっぱりホテルのほうが楽ですもの。特に子連れの場合は。
タクシーで空港へ到着、チェックインをすませて制限エリア内へ。
出国審査の時に気づいたのですが、なんと3人ともエコノミーから(プレエコを超えて)ビジネスクラスにアップグレードされていました!
JALさんありがとう!

シンガポール・チャンギ空港は、いつもながら非常に充実していて便利で、長時間過ごしてもあまり苦痛がありません。
まずお土産を買いに。
ベンガワンソロというクッキーが割と美味しいらしいとのことでこちらを購入。ぎっしりたっぷり入っています。(お土産として持って行って、自分も味見しましたが、美味しかったです。これは職場などへのお土産に定番になりそう!)
その後、まずはカンタスのラウンジへ。
バーコーナーで生ビールを注いでもらい、ホットミールのコーナーでお料理を作ってもらいました。カンタスのこのオーダー料理コーナーは美味しい部類に入ると思います。
ただカンタスラウンジは結構エアコンが効いていて寒いくらいなので、食べたらBAラウンジに移動。
BAラウンジは、コンコルドルームが新しく併設されていました。このためなのか、BAラウンジでシャンパンを、と思っていたのに、なんとシャンパンが無くなっています!(泣)
ホットミールは以前よりも少し充実している感じですが、お腹はもう結構いっぱいだし、シャンパンが飲みたかったなあ~。
でも座席や雰囲気はカンタスより総じて落ち着いているので、出発時間までのんびりしました。

いよいよ搭乗、本当にビジネスクラスでした。
シェルフラットではないとはいえ、エコノミーの座席とは格段に疲れ方が違います。
早朝帰国後当日に臨時で仕事が入ってしまった私には大変ありがたかったです。

来年は、8月に再訪予定。シンガポールは物価(ホテルとアルコール)さえもう少し安ければ本当に天国なんですけどね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

子連れシンガポール旅行2015(8) [シンガポール]

シンガポール8日目

Wホテルのプールをぎりぎりまで楽しみたい!と、朝は頑張って起床。そして朝食、半分くらいはホットミールも変わっていて、やっぱりついつい食べ過ぎです。
11時までプールで遊び、お部屋のプールでも遊び、風呂に入ってチェックアウト。そのまま最後のホテル、シェラトンシンガポールに戻りました。
シェラトンは13時頃到着でもお部屋に案内してくれました。助かる!
また初日と同じテラス付きの5階のお部屋でした。
荷物を整理して昼食に向かいます。

Leong Kee (Klang)BAK KUT TEH
以前から気になっていた、マレー風バクテーのお店。ゲイラン地区にあります。
MRT駅からしばし歩き、夜は通るのがちょっと?みたいな置屋街を抜けて到着です。
バクテーはコショウのきいた透明スープがシンガポール風、マレー風は土鍋でぐつぐつした感じで、茶色っぽいスープで薬膳風の味付けだそうです。
マレー風は初体験でしたが、薬膳風のスープなので好き嫌いは分かれそうですが、私は好きです。美味しかった!
お店はソンファ本店みたいに外。そこでぐつぐつ土鍋で煮立ったバクテー登場、大汗かきながら食べました。シンガポールではだいたいどこのお店にもあるライムジュースもなかなかいいですね~。
もう少しアクセスの良いところにお店があるといいのにな。でも次回もまた訪問したいです。

発起人(Rangoon road店)
バクテー熱が上がったので、そのままタクシーを拾ってRangoon Roadのほうの発起人へ行きました。
今回初めて2つの発起人を食べ比べてみましたが、うん、やっぱり私はこちらの方が断然好きです!
やわらかで、スープもちょうどいい感じ。娘もかぶりついていました。

黄細亜(NG AH SIO BAK KUT TEH)
発起人から徒歩すぐのこちら、食べ過ぎなのはわかっていますがバクテー熱のまま続けて訪問。
こちらは去年は来なかったのですが、今までの中では最もコショウが効いているスープのバクテーです。
で、やっぱりすごくコショウ効いていましたが、肉料理のスープとしてはこれくらい効いていてもいいかな~。
ただ娘はお肉は食べられてもこのスープはさすがに厳しいようです(笑)
このお店はショートリブとロングリブ(少し高い)があるのですが、食べ比べて見ると差が歴然、ロングリブ言一択です。ショートはパサパサしています。

空模様がやばくなってきたので、Uberでホテルに戻りました。
娘はプールと騒いでいましたが、雷を伴うスコールだったのでお部屋で一休み。プールは19時までなのに、18時過ぎても起きない娘、なんとか起こしてプールへ連れて行きましたが、娘が行きたいプールなのにこんなに機嫌悪くされて、釈然としません(苦笑)
なんとか小一時間プールを楽しんで、お部屋でシャワーを浴び、寝かせようとしたけれど全く寝る気配無しなので、ルームサービスでも~と思いましたがあまり良い酒も食べ物もなくて。
私たちにしては珍しく、ホテルのロビーラウンジでちょっと飲むことにしました。
これはこれで生演奏なんかもあって、良かったです。
3杯ほどいただいて、お部屋に戻って寝ました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

子連れシンガポール旅行2015(7) [シンガポール]

シンガポール7日目

Wセントーサで朝食です。
やっぱりここの(総じてWホテルの)朝食は素晴らしい!
とてもじゃないけれど、目だけは卑しいのに全種類なんて食べられません。
ここの麺コーナーが以前よりも拡充されていました。でも去年すごく美味しかった記憶のワッフルが無くなっていてちょっと悲しい。
ここの麺コーナーは麺が4~5種類置いてあって、具もいろいろ置いてあって、チキンスープかラクサスープを選べます。麺も好きな量取って、入れたい具材を入れて渡すと茹でてくれてスープを入れてくれるスタイル。生麺を茹でるので普通に屋台レベル以上に美味しいです。
ここで、兼ねてからの野望、イエローヌードルでラクサを楽しみました。
ラクサスープは好きなんですが、あのコシの無い白っぽい麺や短い麺なのがどうにも好きになれず。
シンガポールでラクサの素を買ってきて、自宅ではコシのある麺を入れたりしていました。
う~ん、予想通りに美味しい!
でもイエローヌードルは普通はあまりラクサに使わないようで、何度もスープはチキンか?と聞かれました(笑)

今日は一日ホテルプールでだらだらの予定です。
プールのバーで飲みたいのはやまやまですが、朝食を食べ過ぎて飲めません(笑)
ひととおり遊んでからお部屋に戻り、例によってベランダプールでも遊んでからお風呂。その後遅めの昼食に出かけました。

トニーローマ
サンアントニオで食べて以来、すっかりベビーバックリブのファン。ハワイと、2年前のシンガポールで食べた時は美味しかったけれど、日本のはどうも何かが違う(私見ですが)。ということで、久しぶりに訪問です。
以前はオーチャードホテルのモールに入っていましたが、サンテックシティーモールに移転していたので、そちらへ行きました。
15時過ぎだったので、ほぼ客はいません。
オニオンローフのハーフ、これはちょっと油が古い感じ。
ベビーバックリブ、これは文句なく美味しかった!
付け合わせはフライドポテトとライスにしたのに、何故かフライドポテトとベークドポテトでした。まあいいけどさ~。
帰りはタクシー待ち行列がすごかったので、またまたUberです。便利ですね~。

ホテルに戻り、夕食用にシャンパンとおつまみを近くの小さな成城石井みたいなお店へ買い出しに行き(さすがに遅い時間にたくさん食べたので、夕食は出かけるつもりが無くなりました)、食休み後に再びプールへ。
またしてもお腹いっぱいで、バーで飲めません(笑)
夕方にスコールになったのですが、温水プールなので土砂降りの雨の中プールを楽しんでみました。これはこれで滅多に出来ない楽しい経験!
さすがに雷も鳴ってきたので、お部屋に戻ってベランダプールで続きを楽しみました。
お風呂に入って、シャンパンクーラーを借りて、リビングでだらだら飲んで、惣菜パンとポテチでジャンキーな夕食を済ませて寝ました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

子連れシンガポール旅行2015(6) [シンガポール]

シンガポール6日目

今日は軽めに、と思いつつ、また結局しっかり朝食をいただきます。
本日のビュッフェはあまり昨日と内容が変わらない感じでした。
昨夜たっぷり一日遊んで遅くなり、寝るのも多少遅くなったので、出発が8時40分になりました。
本当は9時には到着したかったのだけれど。
そしてやっぱりタクシー待ちもあったので、到着は9時10分でした。今回のタクシーに乗って、やっぱり去年のタクシーは道を間違えて(高速を降りる場所を間違えて)いたことが判明(苦笑)。

ジュロンバードパーク
シンガポールのパーク系の中では場所が他3カ所とは離れていることもあり、いつもさほど混みません。でも結構お気に入りです。
タクシーで到着、何はさておきロリーロフトに向かいます。
ロリーロフトは、カラフルな鳥がたくさん放し飼いになっていて、餌(3ドル)を買うと手や頭や肩にたくさん鳥がとまって餌を食べに来るというのがウリなのですが、昼くらいになると結構餌でおなかいっぱいになってしまうのか、あまり来てくれなくなるという話なので、行くなら朝一番です!
買ったか買わないかくらいから、鳥にたかられまくり、人の腕の上でけんかしたりして、すごい騒ぎです。
鳥が腕に止まるとそれなりに痛いです。
そうこうしているうちにインド人ご一行様が到着、鳥にたかられている私のところに来ては「えくすきゅーずみ~」って一緒に写真撮られまくり。
いや、私ここの職員じゃないんですけど。
どこか行こうとするたびに呼ばれて写真撮られて、そしたらまた次の人に、って感じで、私の写真、インドのフェイスブックとかに載っているかもしれません(笑)。
インド人の押しの強さを見ましたね~。
餌も買わず、置かれている餌をつかんで鳥を呼ぼうとしたり、みんな並んでいるのにトラムに反対側から乗ってきたり(係員に制止されていたけれど)。

その後、滝のエリアでも餌やりがあると書かれていたので行ってみた。
くじゃくとかが放し飼いされていて、餌やりコーナーっぽいものがある。
そこで待っていると担当の係員が来て、ここは値段は決まっておらず、気持ちの寄付ということで金額はいくらでも良いとのこと。
で、渡された餌は、箱一杯に入ったうごめくミルワームから、マス一杯分けられたミルワーム(ひぃ)!
娘は平気でもらってあげていましたが、鳥が腕に乗ってきてびびって落としました。
もちろんミルワーム拾いましたよ、パパが。
で、おかわりを希望したのですが、ドネーションは一回でいいとのことで、おかわりはただでくれました。
っていうか、ここにいたの私たちだけでした。不人気なのか?
このエリアはものすごく蚊が多くて、かなり虫除け重装備だったのにみんな数カ所以上刺されました。

この後はたくさんの鳥が出てくるバードショーを見て、ハシビロコウと写真撮影。
このパークにもある水遊びキッズコーナーで遊んでお昼過ぎにバードパークを後にしました。

前回、帰りのタクシーが全然来ないという教訓から、今回はUberを使おうと思っていたのですが、Uberでも近くに車が一台もいなくて、結局15分くらい待ってようやく来たタクシーでジュロンポイントのショッピングセンターまで行きました。
バスも調べておけば良かったかな~。でも本数そんなに多くないってことだし。Uberがいてさえくれれば何よりなんだけどね。

スープレストラン
前回同様、バードパークの後はこちらで。
ここのジンジャーチキン、美味しいです。ジンジャーソース、お土産に一つ購入しました。
空心菜炒め、しゃきしゃきしていて、ヒルマンレストランよりもこちらの方が私たち好み。ペナン風ちゃーヌードルというのも頼んでみましたが、これもなかなか美味しかったです。
娘が、料理到着前に力尽きて寝てしまったので、お願いしたら娘の分はテイクアウトさせてくれました。フードパックが普通に出てきたので、結構気軽にテイクアウトさせてくれそうな感じでした。

ジュロンポイントのタクシー乗り場はほとんど待ちもなく、タクシーでホテルへ戻り、荷物をまとめてチェックアウト。セントーサのWホテルへ向かいます。

Wホテルセントーサコーヴ
シンガポールで私たちお気に入りのホテルです。
初めて来た時はあまりに淫靡なインテリアに笑ったけれど、慣れって怖い。
ホテルのスタッフもみんな親切でフレンドリーで、とっても良いホテルだと思います。
セントーサ島のリゾートエリアではなく、居住区エリアにあるため、リゾートエリアに出かけるには正直不便です。シャトルバスはあるけれど、本数も少ないし、島内にはタクシーも少ないのでホテルまで戻るのも大変です。
でも私たちはセントーサ島内で遊ぶためではなく、このホテルのプールで遊ぶのが目的なので良いのです。
今回はファンタスティックスイートという、なんとベランダに個人用プールがついているお部屋にアップグレードしてくれました。
造りは去年まで宿泊していたマーヴェラススイートと同じです。違いはベランダに2.5×5メートルくらいのプールがついていることです。
テンション上がります!
でもまずは早速一階のプールへ。遊びまくって、お部屋に戻って、お風呂のお湯がたまるまでの間も更にベランダのプールで遊んで、これは楽しすぎる!素晴らしい!
思いっきりプールを満喫して、夜はシャトルバスでユニバーサルスタジオ近くのマレーシア食堂街に行きました。

マレーシア食堂街
リゾートエリアのフードコートにしては、わりと有名店が集まっていて、価格もさほどではなく、美味しいです。
ビールは缶ビールなのに7.5ドル!まあ、仕方が無いですね。
去年美味しかったクレイポットチキンライスのお店で思わずラージを注文、あとは娘用に雲呑麺、夫がペナン風ラクサを食べたいと追加。
結局いつものごとく食べ過ぎです(苦笑)。

Uber@シンガポール
ホテルへ戻るシャトルバスは不便だし、タクシーもあまりいないし、と、ここで初めてUberを使ってみました。
セントーサ島内にも結構いて、オーダーすると運転手さんの顔写真と、車種およびナンバーのメモが送られてきます。面白い。
で、お迎えに来たのは、本当に普通の自家用車。白タクです。
(Uberタクシーというのだとタクシーの車が来るらしいですが)
かなりびっくりしましたが、はずれなタクシーよりもずっとずっと運転も丁寧だし、値段もほぼ変わらないし、クレジットカード決済だから現金授受無いし、すごく便利でした。
今度からは動物園に行くときとかはホテルのタクシー待ちしないでUberで依頼しようかな~。

無事ホテルに戻って就寝です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

子連れシンガポール旅行2015(5) [シンガポール]

シンガポール5日目

今日は朝早起きして朝食をたっぷり食べて、動物園へお出かけです。
セントレジスの朝食は、シェラトンに比べると洗練されている感じです。麺類もあるのが娘には嬉しいですね。
動物園ではお昼ご飯は軽食程度の予定なので、しっかりたっぷりいただきました。

シンガポール動物園
主眼は動物への餌やりです。タイムスケジュールに合わせてどう回るかを予定たてました。
基本餌やりの餌は一回分5ドルで、お釣りは出ないので、頑張ってこのためにためておいた5ドル札の出番です。
タクシーがなかなか来なくてやきもきしましたが、なんとか9時ちょうどに動物園到着です。

・象の水浴び~餌やり
以前は、象の水浴びエリアがあって、そこで朝の水浴びをしていたようですが、展示エリアから連れ出すのが駄目になり(動物愛護系の話らしい)、象のショーをするところで水浴びがされていました。(エレファントライドもなくなったそうです)
平日でもあり、本当にここでいいのか心配になりましたが、9時15分から開始の予定になっていて、ぎりぎりの到着だったのに、その後しばし時間を過ぎた頃音楽とともに水浴びが始まりました。案外時間適当です。そしてその後餌やりです。
人が少ないので、娘は2回餌を購入して、たっぷり餌やりを楽しみ満足だったようです。
この時間帯は動物園スタッフの写真撮影はありませんでした。水浴びのアナウンスを担当していたスタッフが、私たちのカメラで私たちを撮影してくれました。

その後園内を少し見て回ります。
以前とっても可愛かったカンガルーの餌やりは完全に無くなったようです。残念。
というか、カンガルーのエリア(オーストラリアエリア)に、建物が建っていて、ここにコアラが!休日はものすごく混んで入場制限されているんだろうなという感じでした。そして、その建物のわきに、以前はあんなに扱いが良かったカンガルーが追いやられてしょぼいコーナーになっていました(苦笑)。

・キリンの餌やり
ちょうど8月に赤ちゃんキリンが生まれたとのことで、賑わっていました。
キリンの餌やり、開始時間前から並んで餌をゲットです。ここはスタッフ撮影来ていました。

・ヤギの餌やり
キッズエリアで犬のショーを見た後、キッズエリアでヤギの餌やりがあります。
ここは量がたっぷりあるので、同じ5ドルでもだいぶ楽しめます。
この後に、アジア象のショーの直後に始まる象の餌やりに行きたいと娘が言うので向かったのですが、途中ちょっと道を間違えたこともあり、間に合いませんでした。とほほ。
次のサイの餌やりまで、キッズエリアの水遊び場でたっぷり遊びました。

・サイの餌やり
サイは、メロンというかウリをあげるのですが、結構口の中に押し込む形なので、少しびびります。小学生くらいにならない子供は親が手伝うよう言われます。
去年よりも娘はちょっとびびってましたね~。ここもスタッフ撮影がありました。

・キリンの餌やり(2回目)
ちょうどサイの近くで、時間もタイミング良かったので、2回目のキリン餌やり(笑)。2回目もスタッフ撮影あり。

・カワウソの餌やり(これはスタッフによる給餌)
なかなか可愛かった!

・マントヒヒの餌やり
あまり人気がないのか、人が少なかったけれど。
山盛りのカットフルーツを投げ与えるタイプ、これが思ったよりもかなり面白い!
ボス猿とか、よこせよこせとジェスチャーするやつとか、おこぼれ拾って速攻逃げるやつとか。夫希望でおかわりまでしました。
更に(人が少ないので)余っていた皿を娘がもらって、合計3皿たっぷり餌投げ楽しめました。来年もこれ絶対行こうっと。

・オランウータンとの写真撮影
初めて行ってみました。
15時半の撮影ポイントはオランウータンエリアの向かって左側、ママオランウータンが子供を抱っこしてきました。時間的にちょうどタイミングがあったので16時半の撮影も行ってみました。この時間の撮影ポイントは向かって右側の違う場所、こちらは4匹のオランウータン。撮影スタッフもいますが、自分たちのカメラでも撮ってくれるので良かったです。

結局昼食もとらず(娘はチョコレートとかで補給)閉園近くまでたっぷり遊びました。
娘も体力ついたな~。
次回からも、動物園の時はもう丸一日で予定を組まないと、です。

ホテルへ戻ってカクテルタイムのビールで幸せを感じ、夕食にお出かけします。
バレスティアロードにタクシーで行きました。

発起人
Rangoonのほうは行っていましたが、どうもこちらの方が本店?らしい。初訪問です。
時間帯の問題か、待たずに入れました。
少し肉がぱさぱさしていて、私はRangoonの方が好きかなあ?

黎記海南鶏飯(Roy Kee)
ここはやっぱりチャターボックスに近い味なのに、セットで7ドルという安さ。美味しいです。
チャターボックスは丁寧に骨が処理されていて、肉も厚みがありますが、ここは骨ごとです。たぶん肉の厚みもチャターボックスほどは無い。この差が価格差かな?
でもライスはここの、好きですね~。
満足満足。
ハシゴして、両方とも普通の量を食べてしまったので、昼食抜きだったのが意味をなさないほどに満腹です(苦笑)

明日はバードパークの予定で朝早いので、ホテルに戻って寝ました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

子連れシンガポール旅行2015(4) [シンガポール]

シンガポール4日目

前回の旅行で、ナイトサファリの翌日に動物園にしたら、朝が結構つらかったので、今日はのんびりする予定です。
夜も遅かったので、のんびり起きて朝食。
セントレジスの朝食は、やっぱり種類も豊富で充実、麺コーナーがあるのが娘には嬉しいです。
いつも思うんだけど、卵料理のコーナーの横に、ダックかチキンのローストを切り分けてくれるところがあるのに、蓋がしまっていて、その蓋は客側からはすぐに開けられない。近くにコックさんがいれば開けて取ってくれるんだけど、いないことも多い。客側から開けられるようにすればいいのにな~。いやいつも無理矢理開けるけど。

午前中は少しプールでのんびりします。
お昼過ぎにホテルを出て、昼食と散歩を兼ねて散策しました。

ソンファ(松發):チャイナポイント店
そういえば去年シンガポールに来た時に、チャイナタウンのチャイナポイントにもうすぐ開店!みたいな看板があったことを思い出し、このソンファを訪問。
ショッピングセンターの一階、地下鉄チャイナタウン駅すぐという絶好ポイントです。
地下鉄駅側から入ると、お店の人が案内してくれて、そのまま反対側の出口を出て外へ!?と思ったら、ショッピングセンター内につくられたテラス席みたいな感じの場所でした。店の外のテラス席みたいなんだけれどショッピングセンター内なので空調も効いているし快適です。
さすが新しいのでお店はキレイです。
初日と同じバクテーを注文。
ん~~~~、煮込む量とか、場所の問題なのか、こちらの方があっさりした感じ。お肉もすこしぱさつきを感じます。本店の方が美味しいと思います。今ひとつパンチというかコクが足りない気がしました。
でも価格は高くも無く、お店も清潔だし、これはこれで便利かもしれません。

Chew Kee Chicken Rice(劉記)
そのままチャイナタウンのアッパークロスロードにある劉記です。
隣の店舗を買い取って拡張したようで、最初注文したらあっち(隣)へ行けと言われ焦りましたが、隣はテーブル席だけで、ちゃんと本店?から運ばれてきました。
骨ごとぶつ切りのブラックソイソースチキンライス、美味しくて安いです。でも、このばかでかい付け合わせのきゅうりはあまり好きじゃないなあ(笑)

かなり歩いてぷらぷらしたので、ホテルに戻ったらそのままカクテルタイムの時間でした。
プールサイドでビールをいただいて喉を潤します。
そのままMRTで隣駅のノベナまで出て、ユナイテッドスクエアへ。
買い物ではなく、やっぱり食事が目的です。

328カトンラクサ
ユナイテッドスクエアの店舗前に屋台でラクサの有名店のこちらがあります。
ラクサを食べる分には屋台でもさほど味の差は感じられないので、カトン地区まで行かなくても美味しいラクサが食べられます。カトン地区はアクセスが悪いので行くのは結構大変なので(笑)
ラクサを頼むと、シェル?(貝は入れるか?)と聞かれます。
ここのは大丈夫ことが多いのですが、この謎の貝は、お店によってはかなりやばい(当たる)です。うちの超胃腸丈夫な夫も、どこかのお店で勢いで入れてもらったら、翌日体中に発疹が出たことがあります。
なので、基本シェルは入れずにお願いしています。

威南記海南鶏飯(Wee Nam Kee)
日本にも支店が出来たらしいけれど、日本で食べるとお高い高級料理の価格のようです。
ここは地元民がすごくたくさんで、ものすごく混んでいます。相席でもいいかと聞かれてOKするとすぐに通してくれました。
今回は蒸しとローストの2種類、そして豆苗の炒め物、そしてビール。
ラクサを先に食べていたこともあり、3人でこれでちょうどの感じです。
私は個人的にはローストの方が好みでした。
セットで500円程度は、素晴らしいコストパフォーマンス、地元民に愛されるのもわかりますね~。

さすがにお腹いっぱい。
一駅だけ地下鉄乗るのもな~ってことで、帰りはタクシーです。
娘も地下鉄代金がかかる身長なので、タクシーに乗っても3人でMRTにしても値段は変わらないです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

子連れシンガポール旅行2015(3) [シンガポール]

シンガポール3日目

チェックアウト前にもう一度プールに行きたかったので、7時半頃起床してクラブラウンジへ朝食をとりに行きました。
マリーナサイドで食べたのですが、朝日が昇る側だったようで、非常にまぶしかったです。
朝食は種類も豊富で、美味しくいただきました。

朝食後、プールへ向かったのですが、風が吹いていて寒いくらいでした。
プールに入っていれば何とかしのげますが、たびたびジャグジーに逃げなくては、というくらいでした。それでもやっぱり泳いでいる人はそれなりにいます。
ジャグジーは、子供は入れないと思っていたら、タワー1側のジャクジーはファミリージャグジーと書かれていて子供OKでした。タワー3側は子供は利用できなかったので、てっきり駄目かと思っていたわ~。
お部屋で風呂に入って暖まってからチェックアウト。風呂から出るとものすごいスコールになっていました。寒かったのはこの前兆だったのかな。

11時のチェックアウトタイムぎりぎりでチェックアウトし、これから滞在するセントレジスへタクシーで向かいました。
セントレジスは、バスタブが別になっていてお部屋はまあ良いのですが、チェックインタイム前に到着しても(スターウッドのページから早着希望連絡していても、メールで直接依頼していも)ほぼ絶対いつもお部屋の準備が出来ていません、なのです。
ここに滞在中は動物園などに出かける予定が多くてお部屋にあまりいないからいいのですがアップグレードもほぼ無いし、次回からはシェラトンにしようかな~。価格は100~200シンガポールドルくらいシェラトンの方が安いですしね。

セントレジスシンガポール
今回は予約通りのレディアスタールーム。ただ、プラチナ向けカクテルタイムは健在で子供連れもOK、朝食もレストランで無料(ただし子供分はチャージされる、5歳になったからかな、去年までは子供も無料だった)です。
ここのいいところは、なんと言ってもバスタブ別で、シャワーブースのシャワーは可動式というところです。
水圧はあまり高くはありませんが、これはシンガポールのホテル全体で言えることかも。
価格は最近上昇傾向。コストパフォーマンス的には私たちは利用を今後検討というところでしょうか。

10Scotts
グランドハイアットホテルのティールームです。ここのハイティーが良いとの噂で初体験。
セントレジスに荷物を預けて傘を借りて歩きましたが、スコールがひどかったので、タクシーにすれば良かったな~。
ホテルに入ってから10scottsを見つけるのにしばし、見つけてから入り口を見つけるのにまたしばし。
平日なのですいています。
メニューをもらいましたが何の説明もなく、とりあえず目的のシャンパンフリーフローのハイティーを見つけてオーダーしました。
3段トレイは比較的おかずっぽいものが多かったです。ビュッフェもおかずやチーズなど、シャンパンのつまみになるようなものがたくさん。お寿司もありました。
ケーキ類もたくさんありましたが、もともとあまり甘い物を食べない私たちはめいっぱいおかずをつまみにシャンパンフリーフロー。ペリエジュエのフリーフローは、アルコールの高価なシンガポールにおいてはありがたいです。ただ、前日クラブラウンジで飲んでいたので、もう少し日程離した方がありがたみがあったかも?(笑)
半分以下になるとどんどん注ぎに来てくれるので、2人で2本近くシャンパンを飲み、大満足でした。

帰りはもうスコールも上がっていたので歩いてお部屋に戻り一休み。
すっかり寝過ごして起きたら17時半過ぎ!
大慌てで支度して、ナイトサファリへ向かいます。

ナイトサファリ
平日の18時前後なので、ホテル入り口のタクシー乗り場も待ちが多く、タクシーもなかなか来ません。
やっと来たタクシーでナイトサファリに到着すると、ちょうどファイヤーショーが始まった18時45分でした。
まあおなかはハイティーのおかげでいっぱいなので、夕食はいらないか~、と、ファイヤーショーを立ち見。
どんどん入場の列が並んですごいことになっていたので、ファイヤーショーのあとはトイレに行ったりして19時20分頃のんびり入場しました。
そのままアニマルショーへ。アニマルショーへ並ぶ列もあったようですが、私たちが入った頃は列も全部はけていて、スムーズにショーのところへ入れました。しかも、入場待ちは結構列があったとはいえ、さすが平日なのか、それとも先にトラムの人が多いのか?ショーのところは良い席も普通に空いていて座れました。
ショーの後にぬいぐるみを10シンガポールドルで売るのですが、今回はヘビとカワウソ。去年は柄違いのヘビ2種類だったので、今回は娘は10ドルをにぎりしめてカワウソをゲット。ショーのお姉さんと一緒に記念撮影もしてもらいました。
あとで知ったのですが、ここで売っているのと同じぬいぐるみが普通にナイトサファリや動物園の売店で売られていて、しかも15ドルとかなんですね~。どうせ買うならここで買うのはいい手のようです。

ショーが終わってトラム(今回は途中下車して歩こうと思ったので英語トラム)の乗り場へ向かいましたが、ものすごい列!
でも英語トラムは本数も多いので、そんなに待たずに乗れました。
イーストロッジ駅で降りて、レオパルドトレールとイーストロッジトレールをゆっくり散策、楽しかったです。
この時点で21時くらいでしたが、最後にトラムでしか行けないエリアに行こうと思って、ワラビートレイルを通り始発駅近くの停車場へ向かったのですが、係員に「どこいくの?」と。
ここからトラムに乗って、ここ(地図の右のエリア)に行きたいんだ、というと「始発駅の乗り場から乗って、途中で降りずにずっと乗っていなさい」と。
地図を見て、てっきりこの始発駅乗り場から乗ったら右のエリアに行けるのかと思ったら、これはそういう乗り場ではない(もしくは最初の混雑時とか、英語以外トラムの乗り場なのか?)らしい。地図で見たらこの②の乗り場から乗れば行けるんだと思ったのに(笑)

21時になると本当にびっくりするくらい(平日だからか)人が減って、トラム乗り場もがらがら。トラムには私たちを含めて4組くらいしか乗らず、のんびり回ってきました。
人が少なくなったからか、動物もものすごく近くにたくさんよく見えて、結構狙い目かもしれません。遅い時間のナイトサファリおすすめです。
ナイトサファリを出たのは22時40分、タクシーはまだまだ普通にたくさんいて、全く待たずに乗って帰れました。
今後は平日でちょっと遅めに回るコースにしようかな~。
ナイトサファリは毎年はずせないですね!

さすがに小腹がすいたので、ホテルに戻って持参していたカップラーメンを食べて寝ました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

子連れシンガポール旅行2015(2) [シンガポール]

シンガポール2日目
朝起きて、一階のレストランで朝食。チャージされるかもと思っていましたが、ちゃんと無料でした。
朝食後、タクシーを待ってリバーサファリに向かいます。

リバーサファリ
今回は少し長めに滞在日程をとったので、今までなんとなく評判も今ひとつだし行っていなかったリバーサファリに行ってみることにしました。日本で公式HPから4つのパークホッパーチケットを購入、印刷して持って行きました。
事前に色々調べたのですが、口コミサイトなどを見ていて(公式のページを見落としていて)、9時開園かと思って行ったらなんと10時開園でした。
思わず間違えて最初に動物園の方に入場してしまい、入場取り消して続きしてもらいました(苦笑)。
そのままこの日は動物園にしても良かったのですが、日曜だし(動物園は多分かなり混むと予想)、お昼ご飯は予約してしまっていたし。

入り口前でしばし時間をつぶし、ようやく10時、リバーサファリに入場です。多少入り口付近に人はいますが、30人くらいか?日曜なのにこれだけ?って感じです。
これまたしょぼいと評判のアマゾンリバークエストも、まあ今回が最初で最後かもしれないからと事前にチケットを購入していたのですが、ネットの口コミサイトなどを見ると入り口でリバークエストのライド時間予約を、とか書いてあったのですが、まったくそんな場所もそぶりもありません。
行けば乗れるから、とか言われました。

入ってまずは左側、なんとか川とかなんとか川とか書かれているエリアを歩きながら見ます。そうこうしているうちにものすごいスコールになったのですが、ここは通路にだいたいすべて屋根があるので大丈夫でした。動物園とかだったらびしょ濡れだったな~と、一応この点だけは結果オーライです。
淡水魚なので、あまり見た目の華々しさもあるわけでなく、ゆっくり見ながら歩いても30分程度で一番奥まで到達しました。
一番奥はパンダのエリアになっていて、混んでいる時は入場制限があるんだろうなあという感じでしたが、がらすきでした。
ここは、檻でもガラス越しでもなく間近にパンダが見られるので、パンダ好きにはたまらないかもしれません。
私はさほどパンダ好きでもありませんが、それでも近くで(めずらしく)愛想良く活動しながら笹を食べているパンダを見られたのは良かったです。
このパンダエリアだけ、ものすごく空調が快適にされていて、王族の扱いでした(笑)。

ここを出ると橋があり、川を渡って対岸のエリアになります。対岸エリアはボートライド系のエリアです。
ボートライドは11時が初回。私たちはそれなりにのんびり見てきましたが、それでも11時前にはボートライドの乗り場に到着していました。
確かに全然予約も必要なく、行けば順番で乗れるから、って感じでした。

アマゾンリバークエストは、確かにしょぼいっちゃ~しょぼいんですが、思ったよりは楽しめました。ところどころ仕掛けとかもあったりして。
まあでも次回乗るかというと、まあ微妙です。
娘はもう一回乗る!とか言っていましたが(笑)

同じエリアにリバークルーズの乗り場もあります。パークホッパーのチケットだとリバークルーズの乗船券がついているので、とりあえず乗ってみました。
ん~、これは乗る必要ないです。特にお金払ってまで乗る必要は皆無です。
以前動物園でエリア移動に使われていた船に乗って、動物園とナイトサファリの一部を川がわから見るというだけのシロモノです。
左舷に乗っているほうが、岸がわなので、右舷よりはまだ動物とか見えるかもしれませんが…。船に乗ったっていうだけですね。
船内では、きりんのしっぽとかが回されて、触ることができますが、それだけです。
まあ私たちも今日はここしか行かない予定だし、とりあえずお試しで乗ってみたけれど、次回乗るかといったらチケットが無料でついていても乗らないかな~。

で、最後また出口付近まで歩いて行くと、マナティの水槽がありました。これは非常に見応えがあります。
でも総評として、再訪は無いだろうな…。一回行けば十分です(一回も行かなくてもいいかもしれない)。

ヒルマンレストラン
これまた有名店(特に日本人に)なのに、何故か一度も行ったことがありませんでしたが、今回初訪問。インターネットで見つけた予約サイトで予約しておきました。
リバーサファリから直接タクシーで到着。予約名を告げ、着席、メニューを見ることしばし。
とりあえずは絶対のペーパーチキン10ピース、そして娘用の麺と、夫が食べたいチャーハン、そして空心菜の炒め物をオーダーしました。
ペーパーチキン、これは確かに日本人好みな味です。やわらかく、すこし醤油っぽい味で、白いご飯と一緒に食べたかった(笑)。娘も気に入ったようで半分は娘が食べました。
チャーハンと麺類は、まあ普通。
空心菜の炒め物は、火が通り過ぎてくたくた(もう少ししゃきっとした食感が欲しかった)。干しエビがたくさん入っていて海の味が濃いので、好き嫌いがあるかもしれません。

近くに前回訪問してお気に入りの雲呑麺のお店があったので、麺類は頼まずこちらにハシゴしても良かったな~。

食事を済ませてホテルへ戻り、15時前にチェックアウト(レイトチェックアウトは非常に便利です)。そのままタクシーでマリーナベイサンズへ向かいます。
マリーナベイサンズは、あのプールとカクテルタイムを楽しみたいことから一泊は入れるようにしているのですが、建築を請け負った韓国の会社が倒産したこと、そもそも構造上無理があるらしいこと、実は傾き始めてるという噂もあることから、ちょっと今後は怖いかもです。

マリーナベイサンズ
相変わらずの巨大ホテル、ちょうど15時ころ到着です。
荷物はベルに預けると部屋に届くのにすご~~~~~~~~~く時間がかかるので、自分で運ぶと言って持って行きます。
VIPラウンジでチェックインをすると、スタッフから「とっても素敵なスイートにアップグレードしたわよ!」と言われました。特に会員でも無いのにラッキーです。
お部屋に行ってみると、なんと150平米もの広さがあるサンズスイートでした。ひ、広い、広すぎる。でもすごく素敵なお部屋でした。
このお部屋で一番良かったのは、バスタブ横にシャワーエリアがあって、シャワーブースだけの部屋と違い、日本式にシャワーと浴槽が使えたことです。
固定式シャワーはどうもあまり好きでは無いのですが、ここだと浴槽についている可動式シャワーを心置きなく使ってシャワーを浴びることが出来ました。
リビングも広くて、以前一度泊まったオーキッドスイートよりも使いやすい間取りでした。

部屋でテンションアップのまま、早速着替えてインフィニティプールへ。
たっぷり一時間遊びます。
相変わらず泳いでいる人よりも、つかって景色を見ている人が多いです。
16時過ぎにプールを出てお部屋でお風呂に入った後、17時からはお楽しみカクテルタイムです。
何も考えずに57階に行くと、そこはクラブラウンジでは無くて、一般の人も入れるバーになっていました。
あれ?クラブラウンジどこ?
エレベーターホールにいた係員に聞いたら55階とのこと(あとでチェックイン時にもらった紙を見たらちゃんと55階って書いてありました、思い込みは駄目ですね)。タワー2からしかアクセス出来ません。
で、ラウンジ。入り口でキーを見せて入ります。
シティービューからマリーナビューまで、以前よりもだいぶ広くなった感じです。特にシティービューはプールの分奥まっていたのが、55階全体になっているので、眺め通い感じです。
お料理は今まで通りな感じ、それなりにどれもちゃんと美味しいし、種類も豊富です。
以前よりもウエイターが気づいてシャンパンをどしどし注ぎに来てくれるような感じでした。
ん~至福!

娘も体力がついてきたので、カクテルタイム後ももう一度夜景を見にプールへ行き、へろへろになってお部屋に戻り、入浴後はばたんきゅーです。
うーん、お部屋にいる時間は短いので、スイートの意味はあまり無いかもね(笑)。でもやっぱり贅沢気分でうれしいですけど(笑)。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

子連れシンガポール旅行2015(1) [シンガポール]

今年も夏休みはスペイン(バスク)、秋休みはシンガポールな私たちです。
暦と自分たちの都合の関係上、夏休みが9月後半、秋休みが11月前半だったので、スペインから帰ってきたばかりなのにシンガポールって感じでした(笑)

シンガポール初日

前回利用してみて、やっぱりこの時間帯の飛行機を利用した方が体は楽だったので、シンガポールでの滞在時間を取るには夜行便のほうがメリットがありますが、午前発夕方着の飛行機を利用してシンガポールへ出発です。朝到着する便はシンガポール到着後の時間はたくさんありますが、機内ではエコノミーだし時間も睡眠十分取るには短い飛行時間だし、子連れには厳しい日程になるので保留です。

いつものように東京のホテルに前泊し(時間的には当日自宅から出ても間に合いますが、電車が動かなかったりするとアウトなので、前泊しています)、軽く朝食をとって羽田空港へ。
土曜の割に空港はさほど混んでいません。時間帯の問題かもしれませんが。
さっさとチェックインしてセキュリティエリアへ入ります。今回は搭乗までの時間は1時間ちょっとしかありませんが、とりあえず娘がラーメン食べたいというのでCXラウンジへお邪魔してヌードルバーで担々麺と雲呑麺をいただきました。ここの担々麺はなかなか秀逸です。娘は雲呑麺が好きです。
食べた後はJALラウンジに移動してシャンパンをいただき、時間まで待機です。機内はエコノミーなので、お酒と食事はラウンジで済ませるつもりでいました。

さて、いよいよ搭乗、今回の搭乗口は結構遠いなあ~。CXラウンジの方が搭乗口には近いのですが、ラウンジの利用内容的にはCXが先だったので(笑)。
機内で娘はすっかり慣れた感じで首枕で巣作りです。離陸後しばらくディズニー映画を見ていましたが、そのうち昼寝して、最後にはまた起き軽食をとって、と、普段通りのタイムスケジュール?で機内も過ごしていました。
ところで機内食、食事はラウンジで済ませたのでもともと食べるつもりはほとんどなかったのですが、興味もあり一応もらってはみて、しかも一応味見はしてみたのですが。
飯島奈美プロデュースとかいうこの機内食、正直言って食えたシロモノではありません。いまだかつて、ここまで不味い機内食は米系含めて無かったと思えるひどさ、洒落にならないひどさです。やばいです。
料理人ですらないフードプロデューサーのプロデュースとか、そもそも何で?って感じですが、試食してこれをOKしたJALの上層部ひどすぎます。もともと機内食に過度な期待はしていないですし、機内だと美味しく感じないとかいうこともわかっています。が、これはそういうレベルを凌駕する不味さでした。
早くこの奈美プロデュース終わって欲しい。長距離線のエアなんとか系はそれなりにまだ結構いいんですけれどね~。でもこの前のヨーロッパビジネスクラスの機内食もかなり不味かったし(いやそれでもまだこの奈美プロデュースよりはかなりマシだったし、他に食べられるものもあった)、最近JALの機内食は駄目かも?
とりあえず一口ずつ味見の後は、ハーゲンダッツだけいただきました。

さて無事シンガポールに到着、入国審査もすいていたので楽々でした。
荷物を受け取り、SIMを購入して、現金両替して(シンガポールドルは日本で換金するよりもシンガポールで換金した方がレートが良い)、タクシーでホテルへ向かいます。
ここ最近、到着日はどうせ寝るだけなので、と利用しているシェラトンタワーズシンガポールです。

シェラトンタワーズシンガポール
チェックインすると、今回初めて5階(プール階)のテラス付き、カバナルームにUGしてくれました。ラッキー。
でもフロントでチェックインのときに「申し訳ありませんが、ラウンジは12歳未満のお子様は利用できません」と。どうやら前回から今回までの間に規約が変わったようで、12歳未満は入室できないことになったようです。しかもカクテルタイムだけでなく、朝食の時間帯も駄目なんだそうです。
「代わりに、朝食はレストランで無料で提供します」とのこと。まあ、これはこれでラッキーか?
ラウンジのカクテルタイムがあると、つい貧乏性なので寄ってしまいますが、軽いおつまみとビールくらいしか飲まないし、夕食は夕食で食べに行きたいし。朝食はラウンジよりもレストランの方が格段に良いことは間違いないし(実際、レストランの朝食はちゃんと無料でいただけて、しかもフルブッフェだったし、美味しかったです)。
今回初めて宿泊の5階は、プールへのアクセスが楽で、娘的には大変良かったようです。部屋から水着でそのまま行けるし(まあ上層階でも水着で直接行ってもいいのかもしれませんが)。ラウンジアクセスが子連れで不可になったからカバナルームにしてくれたのかな?
でも正直、ハワイとかなわけではないので、カバナはあまり使い道がありませんでした。プール階だからというのが重要ポイントです。
プールは7時~19時。たぶん日の出から日没までって感じです。
プールのバーで何か飲もうかと思ったのですが、あまりたいしたものが無くメニューはもらいましたが飲みませんでした。気軽なカクテルとかもう少しあったらいいんですけれどね。
シェラトンシンガポールはスタッフも良いし、価格的にも割と安いし、良いのですが、いかんせん水回りが古いのとバスが別じゃなくてビジネスホテルみたいなユニットなのが難点です。
あとはタクシーが時間帯によっては全然来ない。でもこれはどこのホテルも似たような物かな。セントレジスも朝は出発するビジネスマンでタクシー待ちの列があって、ホテルマンが一生懸命呼び込んでいるけれど空車も少ないという感じです。
でも地下鉄ニュートン駅すぐだし、オーチャードも徒歩圏内だし、今後もやっぱり旅行時には利用すると思います。

松發(本店)
到着日の夕食はカクテルタイムで軽く済ませようかなと思っていましたが、上記理由でラウンジに行けなかったので(娘を置いて大人1人ずつ行くほどまでのものでもないし)、夕食は外へ出ることにしました。
まずはテッパンの松發(ソンファ)バクテーです。
地下鉄でクラークキーまで出て、松發へ。
クーラーの効いている方が混んで並んでいたので、今回は角の本店の方へ。こちらも並んではいましたが、相席OKかと聞かれてOKと言うとすぐ席へ通してくれました。
バクテー、うん、やっぱりここのは美味しい
普通のとプライムリブを頼みましたが、ここのは正直どちらでも柔らかくて美味しいです(っていうか、差がよくわからない)。
スープも何度もおかわりついでもらって、満足です。

京華小吃(チンホア)
カクテルタイムが無かったので、ソンファのあとにもう一軒行ってみようかという話になり、2年ぶりのこちらへ。日本人が多いけれど美味しい餃子のお店です。いや、でした。
去年も行く予定のお店リストには入れていたけれど、他のお店との兼ね合いで行っていませんでした。で、今回訪問。
なんか、お店の活気がない。時間帯的にはさほど夜遅いわけでもないのに、前みたいに混んでいる風も無い。まあ、たまたまかなと思いつつ入店。
愛想が無い。これは中華系だしもともとだし、前回もそうだったし。
で、注文。
焼き餃子と、前回美味しかった野菜蒸し餃子。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ひ、ひどい!ま、まずい!
驚くレベルの不味さでした。いや、それでも何とか奈美プロデュース機内食よりはマシですが、これだと冷凍食品のほうが美味しいかもというレベル。
私の舌がおかしいのかなと思いましたが、ふと向かいを見ると夫も微妙な表情。
二人の一致した意見は「美味しくない。二度と来ることは無い」でした。
ソンファが美味しかったし、これを最終日に食べていたら思い出最悪だったから良しとしよう、とホテルへ戻ったのでした。

それにしてもやっぱりシンガポールに来るたびに思うのは、時差がほぼ無いというのは本当に楽だな~ということです。
シャワーを浴びてぐっすりでした。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

バスク旅行2015~帰国 [スペイン旅行全般]

最終日の朝、やっぱりあまり美味しくないとか文句いいつつ朝食をいただき、お土産に買う予定だったCACAO SAMPAKAへチョコレートを買いに行きました。
CACAO SAMPAKAはビルバオにも以前はお店があったので買いやすかったのですが、ビルバオ店は閉店してしまって。マドリッドのお店は地下鉄駅最寄りなのですが、宿泊ホテル最寄りの地下鉄(SOLかB.ESPANA)からだと路線が乗換えなどもありかなり面倒だし時間もかかる。歩いても30分弱(子連れだからちょっと時間かかります)なので、散歩がてら歩いて行ってきました。種類もたくさんあって、日本で買うよりもずっとお買い得で、実際美味しいのでお土産品として喜ばれます。
お店でチョコレートを買って、さらにチョコレートアイスを食べて戻りました。

チョコレートを詰めた最終荷造りを終えて出発です。体重計がないので感覚で測定、22.5キロと23.2キロ(エアフラでしたがお目こぼししてもらえた)でした。我ながら自分の23キロセンサーだけは素晴らしい(笑)。
タクシーで空港まで移動してチェックイン。やっぱり別切りチケットなのでパリで一度荷物のピックアップが必要です。
マドリッドからパリはエールフランスなので、プライオリティパスおよびスカイチームゴールドを利用したラウンジに行きました。なかなか充実していて、置いてあるミール類も正直ウェスティンパラスの朝食より美味しかった(レンジで温められるお惣菜とかもあって、これらも思ったよりずっと美味しかった)。
だいたい予定時刻で搭乗、パリ到着。荷物をピックアップして、ターミナルを移動してチェックイン。今回パリは平日なので、空港もすご~くすいています。スムーズにすべて終了、ビジネスクラスだと優先レーンが使えますが、それも必要ないくらいのすき具合でした。
パリではエアフララウンジでシャンパンを飲みながらまったり。少し去年までからと比べると提供されるホッとミールが拡充されていて、前よりもずいぶん充実した感じになっていました。さすがにお腹いっぱいなのでシャンパン主体に、ミールはおつまみ程度にしましたが。

いよいよ帰国便に搭乗です。
娘は慣れたもの、ちゃくちゃくと巣作り。一日はしゃいだ後の夜出発便なので、ほどなく寝てしまい、着陸前までぐっすりでした。
SSシリーズのビジネスクラスは、子供が落ちたりする心配をせず置いておけるので、とっても親としては楽ですね~。子供としても、あの秘密基地感がたまらないようです。

食べ通しの旅も無事体調を崩すこと無く終了、あとは帰宅後の体重計が怖い私たちでした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。