So-net無料ブログ作成
検索選択

ビルバオのバル2015(3) [バル(ビルバオ)]

一眠りから覚めて、夜の部へ出発。今夜は新市街方面を回る予定です。

EL VIEJO ZORTZI
星付きレストランカジュアルラインとしてやっているレストラン併設のバル、3年ぶりくらいの訪問です。
ここはカウンターにはピンチョがなく、すべてオーダー。どれもおしゃれです。
ポテトブラバス(見たことがないくらい上品な感じだった)とカリレラ(こちらも上品、娘にほぼ全部食べられた)、さすがという感じでした。
それでも価格は良心的なのがいいですね。
メリアからだと、ここは近いのもまたいいです。

mugi
前から気になっていたお店。やっと訪問。
こちらはカウンターにたくさんのピンチョが並んでいます(でも並べ方はおしゃれ)。なんと入り口にルイロデ
レールのクリスタルが置いてあります。シャンパン、しかもクリスタルが置いてあるバルは初めてかな~。いや、飲まないけど。
カリエンテはラシオンでしか置いていないとのことでおすすめを聞くと、キノコのピンチョだという。
マッシュルームを薄切りして味付けしてオイル漬けにした感じのものが薄切りトーストにのった感じ。結構普通に美味しかった。

GAZTANDEGI
チーズ専門のバル。
最初に「白ワインと赤ワインひとつずつ」と言ってから、「やっぱり赤(リオハ)2つ」と注文しなおすと、お店のお兄ちゃんに「ここの白はビスカイヤ産のチャコリで、美味しいよ、すごくいいんだよ!ビスカイヤだよ!白すごくいいよ!」と超熱烈にすすめられ、白と赤をもらいました(笑)
冷たいチーズ系ピンチョしか無いと思っていたら、実はよく見たら温めてくれる系のチーズピンチョもあって、これを注文。パイ巻きみたいなピンチョとか、温めてくれる系はかなり美味しかったです。
さほどチーズラブでもない夫も絶賛でした。(私はもともとチーズラブ)

EME
去年行きたかったのに改装中だったお店。中はとてもキレイになっていました。奥にレストランぽいスペースも出来ていました。
ボリュームたっぷりに見える(実際ボリュームたっぷり)のにペロッと食べられてしまうビルバオ人のソウルフードサンドイッチに舌鼓、美味しかったです。

IRUNA
やっぱり娘がピンチョモルーノ食べたい、というので再訪。金曜夜なので激混みです。
屋台に並ぶ私、席とる夫と娘に分かれてなんとか目的のピンチョモルーノをゲット!
娘もあっという間に完食、それなりに食べている私たちもつい完食。魔物ですなあ、ピンチョモルーノ。

すっかり夜10時もまわっていたので、IRUNAの最寄り駅であるabandoからトラムでホテルに帰りました。
寝るつもりだったのに、穀類食べたい夫と娘の熱望で、ごんぶとを食べて寝ました(苦笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビルバオのバル2015(2) [バル(ビルバオ)]

ビルバオ2日目

朝食は例年のごとく、お部屋で炊飯。
ちょうど娘と夫が米に植えてきた頃なので、目の色を変えてご飯にとびつく2人です。
一合炊きのトラベルクッカーなのですが、娘が5分の3はおにぎりにして食べてしまい。
カップラーメンを作ったのですが、麺も半分以上は娘に食べられてしまい。
夫と私で娘の残した(というか、食べさせないようにした)ご飯をラーメンスープに入れて食べました。いや、これはこれで美味しい雑炊状態でしたが(笑)。

ビルバオにもたくさん子供向けの公園があるし、ホテルの裏は大きな緑地公園なので、ぷらぷら散歩と娘の遊びを兼ねながらランチに向かいました。

SERANTES
初めて個人でビルバオに来たとき以来。あの時は、よくわかっておらず、ミシュラン本に載っていたという理由で訪れてスペシャリテを頼んだら、それはレストランメニューでめちゃくちゃお高かった(お金払えるか焦った)という懐かしい記憶のお店です。
今回は訪問予定ではなかったのですが、娘のトイレ!コールのため急遽寄りました。
ビールと、生ハムのおつまみをいただきました。(高くはなかったです、笑)

RIO-OJA
娘の大好きなウズラの煮込みを、と訪問したら、なんと長期休暇中!がが~ん。
この時期にビルバオ来たの初めてだからな~。8月31日から9月25日までお休みと張り紙されていました。
ショック。
ま、また来年にね!

「街歩き」のビルバオ編で見たカエルの置物にコインを投げるというゲーム、RIO-OJAの裏のところだろうとテレビを見ていたときからあたりをつけていたので行ってみたら本当にありました。しかもやっていました(笑)
見ていたら娘にやらせてもらえて、楽しかったみたいです。でもこれはなかなか難しい!
実は夫もやりたかったらしい。そのときやればよかったのに(笑)

CAFE BAR BILBAO
広場にあって、長い時間普通にやっているので、こういうときには助かるお店です。チーズボールのピンチョと、チョリソのピンチョをもらいました。どちらも美味しいです。
ここは、カリエンテメニューはありませんが、ときどきキッチンから出来たてが運ばれてくるので、温かいものとか揚げ物系はそのときが狙い目かも?
チョリソの下に引いてある大きなベーコンを娘はペロリと食べ、「ベーコン」のお代わりを所望。あきらめさせましたが(笑)。

BACAICOA
初挑戦のバル。ビルバオ在住の友人に、キノコのピンチョが美味しいよ、と教えてもらったので訪問。
セタ(ぴろぴろしたキノコ)は、薄い部分がカリッと焼けてなかなか美味!それなりなニンニク臭。
マッシュルームは、くぼみ部分に生ニンニクのすり下ろしが入っていて、ものすごいニンニク臭!
友人が言ってはいたけれど、確かにその通りで、しかもこの後歩いていたらいつまでも自分の息はニンニク臭かったです。
でも安くて美味しくて、お店の人も感じよくて、お気に入りになりました。
娘にお菓子をくれたので、娘も超ご機嫌でした。

KOKKEN
こちらも初挑戦。同じくビルバオの友人が地図に記載してくれていたのだけれど、酔っ払いながら聞いていたので、何がおすすめだったのか今ひとつ思い出せない。
まあでもとりあえず行ってみようと訪問です。
旧市街から市庁舎の方面へ抜けた、ちょっと新しいビルの中にあります。旧市街からすぐなのに、新しいのに、何故かさびれた感が半端ない不思議な場所。
お店の前まで行ってみたけれど、バルというよりレストランって感じで、客もいない。
うーん、何故地図に記載されていたのかなあと思いつつ、お店の近くに行くとお店の人が掃除していたので、「開いているの?」と聞くと、にこやかにお店に招き入れてくれました。でもなんだかメニューも無いし、どうしようかと思っていたら「何にする?」と聞かれたので、「ピンチョを2つくらい何か食べたい」と答えてみた。
お店の人は「肉とか魚とかだったら?」と聞くので、「肉かな~」と言うと、奥のキッチンでシェフと話してきたみたいで「お肉はちょっと今は無いけれど、おすすめのピンチョを2つ出すよ!」と。
かなり不安になりつつ待つことしばし、イカの照り焼き風ソースのソテー・カモ肉のタコス包みの醤油風味ソールの小皿料理が来ました。結構きちんとした量と盛りつけです。
一口食べて思い出しました、「アジアンな食材を取り入れたお店が~」みたいなことを言われたことを!
酔っ払いは駄目ですね。
味は普通にきちんと美味しかったです。シェフズテーブル状態で好き勝手作ってもらったのに、お値段も安くてびっくりでした。
でもあまりにも場所がさびれている感じだったので、来年まで残っているかはやや不安です(笑)。

MELILLA Y FEZ
娘がピンチョモルーノを食べたいというので、お昼もやっているこちらへ再訪。
お店の入り口に、昨日ピンチョモルーノを焼いていたおじさんっぽい人がたばこをすって座っている。こんにちは、と挨拶するとやっぱりピンチョモルーノのおじさんでした。そのままお店の屋台コーナーへ。
娘を屋台の中に入れてくれて、一緒に仕事するか?とか、抱っこして焼く前のお肉持たせてくれたりとか、とってもフレンドリーでした。記念撮影までさせてもらっちゃいました。
もちろんピンチョモルーノは完食、その後帰り道がてらラバスで有名なバル(去年は長期休暇中だったと思われる)に行ってみたけれど、今日はラバスはなくて明日だとのこと。
明日はお昼はレストランだから無理だな~。どうにもラバスと、サンセバのFUEGO NEGROには縁が無いらしい。まあ、ラバスは日本に普段住んでいるなら日本で食べた方が絶対美味しいだろうし、無理に食べないことにします。

ホテルへ戻り、バスクにしてはめずらしくプールのあるこのホテル、娘と私はプールへ、夫はジムで腹ごなし。
プールは小さいけれど娘には十分。
お昼寝してから夜の部へ向かいます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビルバオのバル2015(1) [バル(ビルバオ)]

ビルバオ初日

ホテルに無事チェックインして、まずは荷物を整理しつつ一息。
今回は、この日程だといつものカールトンホテルで何かの会議があったようで、お部屋が全然とれなかったので、久しぶりにメリアビルバオ(旧シェラトン)です。
旧市街まではやや距離がありますが、行きは散歩がてら新市街から旧市街まで歩き、帰りはトラムを使うと割り切ると、結構便利です。
お部屋もカールトンより広くて、シャワーブースが別なのもポイント高い。そして安い。次回からカールトンにするかメリアにするか、やや悩みます(笑)
結構な雨が降っていたので、傘を借りて夜ご飯に出発しました。

LA VINA
サンセバは観光地だったから下手でも通じたスペイン語が、やや通じにくくへこむ(苦笑)。でも何とか注文!
今回サンセバであまりいい思いのなかったカリレラ、こちらのものはややソースがピリ辛ですが、やわらかくて美味しい!
今回の旅行のカリレラNo.1でした。

IRUNA
私たちの大のお気に入り、ピンチョモルーノを食べに行きました。
屋台に並んでピンチョモルーノをゲット、娘の分はチリパウダーをかけないようオーダー。
ん~やっぱり美味しいです!ピンチョモルーノ最高!
店舗のバーも混んでいるので、ビールだけ頼んで、会計もビールをもらうと同時にすませます。お店の食べ物を食べない場合は先に会計しちゃったほうが帰りも楽ですしね。
ピンチョモルーノ、私たちもがっつきましたが、娘もあっという間にたいらげて、お代わりを所望する始末です。
さすがにここでもう一回屋台に並ぶのもね、ってことで、もう一軒のピンチョモルーノを出している旧市街のバルへ行くことにしました。

MELILLA Y FEZ
ここのピンチョモルーノコーナーのおじさんはとっても陽気。娘にもたくさんかまってくれます。
IRUNAに比べると忙しくないので、いろいろお話も出来て楽しいです。
こちらの方がスパイシーな味付けだと思っていたけれど、同日に食べると顕著にわかります。うん、こっちの方が断然スパイシー。私たち大人はスパイシーなのも、マイルドなのも好きですが、娘はさすがにIRUNAの方が食べやすいみたいです。
娘の分だけチリパウダーはかけずに提供してもらいましたが、お肉そのものにかなりスパイシーな味付けがされています。でもなんだかんだ言いながら娘も完食でした。

MOTRIKES
ここも私たちのお気に入り、ピリ辛マッシュルームのお店です。
大きなマッシュルームに、私はスリート、夫は小さなカリムーチョ(コーラのサーバーがあるので、小さなサイズで提供してくれる)。これも定番、そしてこれで5ユーロでおつりが来る安さ!

初日はこのあたりにして、トラムでホテルに戻りました。
旧市街のトラム駅は、旧市街の歩道部分が駅になっています。昼見ればすぐわかるのですが、夜は一瞬駅がどこか探しちゃいました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ゲタリア~Txomin Etxanizチャコリワイナリーと海鮮炭火焼き [レストラン(ビルバオ)]

今日はビルバオへ移動の日です。
朝食も毎朝同じだけれど、これで最後だと思うとちょっと寂しい(笑)
当然カヴァと一緒にいただきました。

10時、頼んだお迎えの車でビルバオに向かいます。
今回は、ビルバオへの移動途中ゲタリアへ寄ってTxomin Etxanizのチャコリワイナリーを見学し、その後ゲタリアの街にあるレストランで海鮮の炭火焼きをいただく予定です。
直接ビルバオへ行く場合は高速道路みたいな道路でまっすぐ行くので1時間程度ですが、海辺の街ゲタリアへ寄るためには海岸線沿いの道路を走るので、ゲタリアまでで1時間弱かかります。

Txomin Etxaniz
チャコリを知った頃から、このラベルのチャコリは美味しい!と覚えていたチャコリのワイナリーです。
家族経営だそうで、この日はお父さんが応対してくれました。
玄関先にあるぶどうの洗浄機の説明後、ブドウ畑へ。
白ブドウも黒ブドウも適当に植わっているのがなかなかにスペイン(笑)。植えた時期にもよるのだそうです。
その後ワイナリーの中を案内してもらい、最後に瓶詰め行程を見学させてもらいました。
瓶詰めをして在庫してあるわけではなく、注文ごとにフレッシュなものを瓶詰めしてラベルつけて出荷するんだって。結構海外にも出荷されていると説明してくれました。日本行きの箱もありました。
そしていよいよ試飲タイム!
自家製のツナと、自家製のアンチョビ、そしてTxomin Etxanizの白と赤。
う~ん、美味しい!
自家製のおつまみもなかなかです。ちょっとアンチョビはしょっぱかったけれど。
すっかり自分たちでお代わりも勝手に注ぐ始末(笑)
最後にはわがままを言って、知り合いのバスク料理屋さんへのお土産にサイン入りボトルと非売品のグラスを無理矢理わけてもらって帰りました。
ワイナリー見学、予想以上に楽しかったです。

KAIA KAIPE
ゲタリアの街で有名なお店はミシュラン星付きのエルカノですが、ここも海鮮の炭火焼きで有名なお店です。
Txomin Exanizで見たけれど試飲は無かったシャンパン製法で作られたTxomin Exanizのカヴァをいただきました。これ、美味しい!価格はカヴァくらいなのでお得感たっぷりです。
そして魚介のスープ、濃厚です。
チャングロ(カニ味噌)のオーブン焼きも美味しい。
そして、魚はロダバージョ(カレイ)を選択、炭火焼きして塩とオリーブオイルというシンプルなものなのですが、美味しかったです。
最近はサンセバからも美味しい魚介類の炭火焼きを食べにゲタリアへ来る人が増えたらしく、海岸線の一車線ずつしかない道路は時期と時間によってはかなり渋滞するそうです。みんな(もちろん自分も)食い意地はっていますね~(笑)
ゲタリア自体は本当に小さな街でした。昔は捕鯨とかしていたのだそうです。
すっかり満足してビルバオへ向かいます。

ビルバオへ到着し、ホテルに行く前に運転手さんにクリーニング屋さん(普通の洗濯もしてくれるところ、洗って乾燥してたたんでくれます)へ寄ってもらいました。ここでサンセバで着ていた衣類の洗濯をお願いしたのですが、サンセバはやっぱり観光地価格?7キロの洗濯機2回分は軽くあった洗濯物ですが、19ユーロでした(サンセバだと30後半だったかな)。
2日後、取りに行ったのですが、最初に「においをつけるか?」と聞かれたので、いらない、と答えたのですが、においつけなくてもものすごい柔軟剤芳香でした(笑)。帰国後2回くらい洗濯してもまだ香っていました(苦笑)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2015(9) [バル(サンセバ・セントロ)]

海辺で遊んでからセントロへ。

Ciaboga
もはやコメントは不要か(笑)
結局連日コンプリート!本日も、顔を見ただけでスリート2つが注がれはじめ、パタタアルアヒージョを厨房に向かって注文されました(笑)

Alex
おしゃれなワインバーでお気に入りだったのですが、どうやら居抜きでお店が変わったようです。
メニューも全然違うようになっていたし、ワインリストが無くて完全に「白」「赤」というハウスワインのグラスワインのみになっていました。
結構美味しくておしゃれでワインも楽しめるお店で好きだったのになあ。残念。
ちなみに、一応一品食べてグラスワインいただきました。不味くはないけれど、普通。価格も安いので価格相応ってところでしょうか。

大聖堂で恒例の記念撮影をしてホテルに戻ってラストナイト終了です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2015(8) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

サンセバ4日目(夜)

そういえば今回の旅行は、あまりグロスとかセントロ(除くCiaboga)は行かず、旧市街を多く訪れています。初心に立ち返る感じ?しばらくぶりに行くお店とかも新しい発見があって楽しい。
4日もバル巡りの日をとっているのに、まだまだ回り足りないですが、ラストバル巡りはおさらいと行きたかったお店を回ることにしました。

GANBARA
旬のオンゴはやっぱり美味しいよね!ってことで再訪。秋の味覚です。
どうしてさっとオリーブオイルでソテーして塩しただけのキノコがこんなに美味しいの?

A FUEGO NEGRO
バスク風あさりご飯(ただしミント風味)を食べたくて行きましたが、注文もなかなか聞いてもらえず、やっと注文取りに来てもらえたと思ったら今日はMakobe(ミニハンバーガー)しかないと言われ断念。どうにもこうにも、このお店はやっぱり相性が悪いとしか(苦笑)
何も食べず飲まず撤退。撤退できるのがバルの良いところでもあります。

LA CUCHARA DE SAN TELMO
やっぱり一回は行っておこう、と訪問しました。開店まもなくの時間帯だったので、問題なくお店に入れました。
カリレラと、今回は初挑戦だけれどここの有名ピンチョらしいケソデカブラを注文。
すぐに出てきたカリレラは、Borda Berriのがあまりにもひどかったこともありますが、美味しい!これを食べている間にどんどん店は混雑してきて、身動きもできないくらいになりました。
が、いつまでもケソデカブラが出てきません。注文が通らなかったかなあ?と心配になった頃サーブされたそれは、ホールサイズの「雪印カマンベール」の高さを1.5倍にしたくらいのホールサイズのチーズオーブン焼きにしたものが主体というものでした。大きさにびっくり。
美味しい、美味しいよ、酒にも合うし。しかしこれは4人くらいで食べたいサイズだ(笑)
かなり満腹中枢が刺激された状態でお店をあとにしました。

海辺の公園(娘の希望)から海辺を散歩しつつ、セントロの大聖堂ライトアップを見にセントロ地区へ向かいます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2015(7) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

サンセバスチャン4日目昼

いつもの朝食をカヴァとともにいただいて、今日はようやく気温が高くなったので娘待望の海へ行き、波打ち際で遊ぶ。
その後お部屋に戻って早速ランチに出発です。

Tamboril
鰯のフリットはなかなかおすすめ、美味しいです。マッシュルームは、少し焼いてから時間がたっているかんじですが、これはこれで美味しいかな。でも私は焼きたてで少し生の感触があるほうが好きです。
この後CUCHARAへ行こうと思ったのですが、開店時間を過ぎているのに準備中という感じでいつまでも飽きません。今日はNESTORの予定だったのですが、ここも開くまでは時間があるので、CUCHALAが見えるMARTINEZで待機することにしました。

MARTINEZ
チーズボールの揚げ物を注文、かなりしょっぱいかな~。でも揚げたてなので美味しいし、つまみとしてはいけています。
でも、このお店も一時期より全然人が入らなくなったな~と思います。
しばらくここで待っていたけれど、CUCHALAが開店する気配が無いままNESTORの開店時間が近づいてきたのでNESTORへ移動することにしました。

NESTOR
まだシャッターは半分しか開いていませんが、無理矢理入ってトルティージャを注文します。
チュレタを食べるつもりなのでトルティージャは1個、というと、「小さいぞ!本当に一つでいいのか?」と言われました(笑)
とりあえず飲みながら待ちます。待っている間に、チュレタも注文。トマトとピメントは?と聞かれたので、ピメントを注文。
焼き上がりの時間になり、切り分けられていくトルティージャ、いつもここで自分の注文した分が来るのか心配になりますが、ちゃんと来ました(笑)
ピメントも出てきて、野菜不足解消にもりもり食べちゃいました。
そしてチュレタの登場です。だいたいいつも2つの焼く前の肉を見せられてどっちにするか聞かれますが、躊躇無く大きい方を選んだ娘。焼き上がりはさすがのボリュームですが、骨部分もあるので3人でぺろっと平らげてしまいました。これでこのお肉32ユーロってすごいコスパ良いです。
大満足です!

LA VINA
肉を大量に食べたので、CUCHALAで牛ほほ肉という気分でもなく、デザートのチーズケーキを食べに。
ここのチーズケーキはものすごく美味しいです。酒のつまみにもなります。
1つ頼んだら、ちゃんと2つに分けて出してくれるのもうれしい。娘もかなり食べました。満足満足。

気温もかなり上がったので、海に入ろうとホテルの部屋に戻ると、掃除がされていない。しかも何故かエキストラベッドが入っている。
何でじゃ?と、フロントに行くと、「最後の日だけスイートにアップグレードしました」と。
チェックインのときに聞き漏らしたのかなあ?今日は混んでいるぞ、という話しか聞いていなかったわ。
大慌てで荷物を移動可能な程度にまとめ、海へ。
唯一水着で海に入れるくらいの気温だったので、娘は大喜びで遊んでいました。
部屋に戻ると確かにスイートになっていて、しかもまたウェルカムワインとチーズプレートが!(爆)
とりあえずテンション上がりすぎて昼寝しなそうな娘を風呂に入れて、着替えて夕食へ向かうことにしました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2015(6) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

サンセバスチャン3日目夜

ARZAKのランチの日は、夜ご飯は食べなくてもいいくらいおなかいっぱいなんだけれど、出かけずにはいられない私たち。昼寝から無理矢理起きて夜の部に出発します。

BORDA BERRI
ここのカリレラはお気に入りなのですが、今回はかなりしょっぱい。そしてアロスボンバも、作ってから半日は置いておいたんじゃ?というくらい完全にぶにょぶにょを通り越して、その後硬くなり始めた感じ。
正直、不味いレベル。食べきれません。
味が落ちたのか、昨日から忙しくて駄目なのかはわかりませんが、お気に入りのひとつだっただけにとても悲しいです。
来年は、一度は確認に訪問するとは思うけれど、今回の旅程ではリピートする気もおきませんでした。

ATARI
日替わりアロスは何かな?と行ってみたのですが、昨日と同じでした。
アロスデルディア、と書かれていても日替わりではなく週替わりとか、材料無くなり次第替わりとかなのかな?

Ciaboga
さすがにおなかが苦しいので帰ろうと思ったのですが、やはり娘のポテト!ポテト!に負けてまたCiaboga。もう注文しなくてもスリート2つとポテト一皿が出てきます(苦笑)
娘はお会計のときにガムをもらって大喜びでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。