So-net無料ブログ作成
検索選択

サンセバのバル2015(2) [バル(サンセバ・グロス)]

激混みの旧市街を抜けて、川を渡りグロス地区へ。
まずは、土日限定のパエリアタパスでも食べようかと、Vient Surへ行ってみたのですが、どうやら去年はあった大皿パエリアを出している感じも無く、食べている人もいず。
帰りにも実は覗いてみた(店の中まで入ってみた)のですが、やっぱりパエリアやっている感じはなくて、もしかしたらやらなくなってしまったのかなあ?
サンセバでは気軽に割と美味しいパエリアが少量でも食べられて重宝していたのに残念。

まあ、とりあえず今回の目的は、娘も食べたい生ハムだったので、MIL CATASまで歩きます。
あちこちにある公園に娘が引っかかりそうになるのを引き寄せながら到着。
さほど混んでいなくて、のんびり注文できます。
ここはワインがいろいろ置いてあって選べるので、一辺倒かもしれませんが白はリアスバイシャスかベルデホ、赤はリオハ、数種類ある場合は高い方(とは言っても3ユーロ超えることはまず無い)から注文です。
生ハムを注文するとその場でスライスしてくれて、このお店は小さめのフランスパンをスライスしてカリッとトーストしたようなものをつけてくれます。これが生ハムに合うんですよね~。

この後、去年ちょっとお気に入りだったお向かいのANDRA MARIへ行ってみようかと思ったら、お店が変わっていました。
サンセバスチャンで新しいお店が根付くのはなかなか大変なのかなあ?
パエリアも無かったし、初日初回から飛ばしてもね、ということで、荷物整理もしなくてはならなかったのでランチはここまでにしてホテルへ戻りました。

が、ホテルの部屋にウェルカムワイン(マルケスの赤ハーフボトル)と、チーズ盛り合わせが置いてあって…。
軽めにすませたつもりだったけれど、貧乏性の私たちは結局これをいただいてしまったのでした(笑)
荷ほどきを済ませ、シャワーを浴びて(何せパリのシェラトンは水圧が低くて髪の毛洗うことをあきらめるレベルだったので)一休みしたら夜の部のバル巡りに出発です!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2015(1) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

サンセバスチャン初日
さて、正午くらいにホテルに荷物を預け、その足でバルへ、と思ったのですが、フロントマンから「今日はバスクのお祭りで、ボートレースをやっている。ちょうど今から始まっている。旧市街は、ものっっっっっっっっっっすごく混むし、酒飲みがあふれている。特にあなたたちには子供がいるし、旧市街へ行くのは避けた方がいい」と言われました。
映画祭とかジャズフェスとか、いろいろ避けて日程を組んだのですが、この日はバスク週間というサンセバローカルのお祭りで、最終日のこの日曜日はボートレースがあるのだそうです(あとから調べたところによると)。
まあそれでもとりあえず旧市街は行ってみますか、と行ってみる私たちなのでした。

GOIZ-ARGI
バル巡りの象徴とも言えるフェルミンカルベトン通りの入り口にある超有名なエビの串焼きバルです。
去年あたりからどうにも味が落ちた感は否めません。でもやっぱり象徴なので、一回は訪れます。
しかしやはり味が落ちたせいなのか、以前はいつも結構人がいたのに、このときも、そしてお食事ピーク時でも(この後の日程でも通るたびに覗いてはみたのですが)すいています。
お店の人は、去年と同じ人たちでした。
並んでいるピンチョも同じですが、以前の店主の冬山登山写真は取り外されていました。
そしてとりあえずエビを注文
ん~~~~~、上にかけるビネグレットソースは明らかに少ないです。去年の半分くらい?
娘はもともとビネグレットソースはよけて食べるのでいいのですが、私たちはちょっと寂しいです。
不味いわけではないのですが、昔を知っているとやっぱりちょっと悲しいかな~。
でも、もう行かない!ではなく、とりあえず来年も一度は訪れることでしょう(笑)

GANBARA
ここも超有名なキノコのバルです。
ここのところ毎年7月の訪問だったので、ポルチーニはあったり無かったりだったのですが、秋だからどうかな?と覗いてみたら、あるある山盛りオンゴ!
もちろんオンゴアラプランチャ、ポルチーニのみで、の注文です。
やっぱり旬?
いつもよりも美味しいし、しかも7月よりも安い。
とはいえ、バルで一皿20ユーロはなかなかのもんですが。
チャコリがTXOMIN ETXANIZなのもうれしい。大きめのワイングラスに上品に注いでくれます。
そうこうしているうちに、気づくと店内もかなり混んできています。
そしてお会計を済ませて外へ出ると!
そりゃ~~~~~~もう、びっくりするくらいの人出になっていました。
霧雨が降り始めていたのですが、傘はさせないくらい道じゅう人だらけ。
通りがてらBORDA BERRIなども見てみましたが、入れるレベルではありません。
ホテルマンの言うことは正しかった。と、グロスに避難することにしました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

パリからサンセバスチャンへの移動 [スペイン旅行全般]

旅行2日目。
それでもやっぱり早起きはしてしまいますが、5時過ぎまで寝ていました。時差ぼけはほとんど無いといっていいでしょう。
いつもは朝寝坊な娘も、ご機嫌良く5時半起床。
シャワーを浴びて、荷物を多少詰め直して、いざ朝食です。
朝食は、ラウンジでも、6時半に開くロビーフロアレストランでも無料でOKと言われていたので、ロビーフロアのレストランの方へ(ラウンジは確か7時からとかでちょっと遅いので、出発が早い私たちには難しいのです)。去年は6時半過ぎてもなかなかお店の人が来なくて、さすがフランス~とか思っていたけれど、今回は6時半ちょっと前に開店しました。フランス人もたまにはやるじゃん!
相変わらずおおざっぱに見えて、ひとつひとつが大きいのだけれど、でもどれも美味しくて、肉食パン食の国だなあ、と思う。娘はヌテラ(チョコクリームみたいなやつ)に大喜びです。
今日乗る予定のビルバオ行きの飛行機が8時半なので、7時にはレストランを後にし、歯磨きしてチェックアウトです。今回は朝食分も、そしてエキストラベッド分も追加されていないことを確認してサイン。
海外のホテルは、結構適当なので、しっかりチェックしないとです。

さて、今回は迷わずターミナル2Fまで徒歩で行き、そこから2G行きのバスに乗ります。
このバス、座席を設置したままの状態で一部の座席の上に(もはや座席としては座れない状態に)荷物用のパイプ棚が設置されています。なんというか、座席外して棚にしたらいいのに。まあ、これもさすがフランスってことで。
ターミナル2Gのエアフララウンジは、今まで見たことが無いくらい混んでいて、私のデルタと夫のアリタリア提示で入れたのだけれど、座る場所も無い。
娘の薬(ちょっと鼻水が出ていたので)だけ飲ませるお水をもらって、早々に退散です。
でも例年通り、なかなか搭乗口は決まりません。そうこうしているうちに、多少遅延とか表示されて。
で、搭乗口が表示されてすぐ搭乗口に向かったというのに、やっぱりもう普通に搭乗している人たちがたくさんいるんですよね。もともとこのあたり、ってアタリをつけて待機しているのかしら?
今回は今までで一番この空港のビルバオ行き搭乗口で日本人見ました。夫婦が2組、男性2~3人のグループは少なくとも同じ便でビルバオへ向かい、しかもサンセバスチャンへ行くような話をしていましたね~。バスクに行く人が増えて本当にうれしいです。
 
以前はこの区間はプロペラ機だったのだけれど、今はジェットなので時間も短縮されました。2時間かからずでビルバオに到着です。私たちは預け荷物はスルーではないので、EU内からの旅客ターンテーブルです。
荷物を受け取って外へ出ると、ちゃんとマリアクリスティーナの運転手さんが待っていてくれました。
今までは紙に名字を記載して持っていたのに、今年はiPadでした(笑)
年々物価上昇しているので、今年は空港からホテルまでのハイヤーで160ユーロ。
バスだったらもちろんもっとずっと安いですが、時間を購入の感覚です。だってここでハイヤーにすれば、ランチはサンセバで食べられるんですもの!

車で一時間弱、見慣れたウルメア川沿いを通って、今年もとうとうサンセバスチャンに到着です。
予想通りお部屋の準備は出来ていないとのことで、荷物を預けて早速バル巡りの開始です。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2015年バスク旅行出発! [スペイン旅行全般]

今回は、プライベートで色々あったため、本当にぎりぎりまで激烈に忙しく、ほとんど何もきちんと準備できず、予約確認書なども再確認できない状態での大慌て出発でした。何度も行ったことがあるバスクだからって、適当にも程がある(汗)。

出発前日。友人にいただいた特典宿泊で成田空港近くのホテルに宿泊。
飛行機は午後発だったので、当日の朝に自宅から出発でもいいかな~と思ってはいたのですが、せっかくなので前泊から夏休み気分を満喫です。
貧乏性なのでウェルカムドリンクも飲みに行き、夕食はさすがにこれから暴飲暴食の旅になるのでホテル内のコンビニで買って軽く済ませました。

翌朝、出発当日。ホテルは特典宿泊なので朝食はついていませんが、どうせラウンジでまったりする予定だったので無問題。のんびり起きてゆっくり支度して出発です。朝のんびりできるので、とっても楽でした(娘は朝の寝起きが悪いので、早朝出発は結構大変)。今後成田発の時には前泊するようになってしまいそうです。
今回は、マネーパートナーズの外貨両替を利用してユーロを買っていたので(手数料が安いので、10万円以上替えるなら差額はかなり大きくなります)、まずはチェックインして荷物を預け、外貨両替の受取窓口へ向かいます。
京急の駅すぐのところなので、さほど時間のロスもなく、スムーズに受け取れました。
決まったパックしかありませんが、銀行で替えるよりもかなり安く(というか、同額でたくさんのユーロ)なりました。主要な4通貨くらいしかないので、シンガポールには使えませんが、スペイン旅行の時には今後重宝しそうです。
土曜日でしたが空港はすいていると言ってもいいくらいで、荷物検査も出国検査も待ち無し、早速朝食を兼ねて本館のJALファーストラウンジへ向かいました。
朝食というよりはブランチとして、寿司カウンターでお寿司をいただき、これまた定番のカレーをいただき、娘はうどんを何杯もおかわりしていただき。
おなかがふくれたところで、人の少ないサテライトのファーストラウンジへ移動して(今回搭乗ゲートは本館でしたが、時間があるのでいいのです)、窓際の席でのんびりシャンパンを楽しみながら過ごしました。う~ん、これぞ休暇!

そしていよいよ搭乗、初めてのSS8です。今年もなんとか取れた特典航空券でビジネスクラスです。娘はすっかり巣ごもり状態にイソイソと座席に座って準備(苦笑)。
SS8は配列が2-2-2なためなのか、SS7と比べて座席の大きさは変わりませんが荷物を置く場所ちょっと不便かな?という印象でした。でも機内の気圧と湿度がやっぱり787は良いのか、長距離フライトでは疲れ方が全然違う!非常に身体が楽でした。これから旅行という時に、あまり疲れをためずに到着できるのは大変良いことですね。
しかし、行きのビジネスクラスの和食は、過去最悪の不味さでした!日本発の日系航空会社でこれは、正直かなりいただけない。娘には洋食ステーキにしていたのですが、こちらは普通においしかったです。
あまり最近は機内食にステーキをチョイスしていませんでしたが、こんなにレベル上がったの?という驚きでした。昔のステーキは硬くて臭くて美味しくないお肉、って印象でしたが、普通に柔らかくて美味しい和牛でした。それに引き替え和食は…。
一食目の和食は本当にひどかったですが、「お好きなときに」の和食セットは美味しかったです。「お好きなときに」の洋食セットの方はこれまた微妙でしたが。

とりあえず、あまり眠らないよう気をつけながら、無事パリに到着。
ものっっっっっっっっっっっっっっっすごく入国審査が混んでいました。そして、どんなに混んでいてもやる気のないフランス人の対応、そして増えない窓口。30分以上はゆうにかかりました。これだったら乗り換えでいろいろ悪名高いヒースロー(3月にウィーン行きの乗り換えで初めてヒースロー利用した)のほうがずっとマシ。
帰りのときにレーンの人に聞いたら、ビジネスクラスのチケットなら優先レーンが使えるようでした。スカイプライオリティじゃないから(スカイプライオリティ持っているけど、今回JALだったから使えないと思っていた)あきらめていたけれど、優先レーンで聞くべきだったわ。
やっとの思いで入国審査を終えてターンテーブルへ行くと、すでに荷物はずっと回っていた感じで、荷物をピックアップしてから徒歩で本日のトランジットホテル、シェラトンパリエアポートへ向かいます。この道はもう慣れたもの、カートのままホテル前まで行けるのも楽、娘が起きていて歩いてくれたのも楽。

ホテルのチェックインを済ませてお部屋へ。今回はスイートルームにアップグレードしてくれました。でも「添い寝するからいらないよ」と記載していたのにもかかわらず、エキストラベッドが置いてありました。翌日追加徴収されなかったからまあいいけど(使わなかったけど)。
このホテルはトランジットホテルとして利用されることが多いからなのか、ラウンジのいわゆるハッピーアワーは23時までと夜遅くまでやっています。
本当かな?と思って覗きに行ったら、本当にちゃんと軽食もアルコールもありました。貧乏性なので(笑)、つい一杯いただいてお部屋に戻ります。
それにしてもこのホテル、やっぱりシャワーの水圧が絶望的に低いことが残念。いつもは4階のクラブフロアで、今回は2階のスイートだったので、水圧は変わるかな?と思ったけれど、やっぱり全然だめでした。水圧が低いのに、レインシャワーとかになっていて、レインシャワーっていうよりも小雨だよ!
私は髪の毛が長いので、これで髪まで洗うのはかなり厳しいです(あきらめて翌日のホテルでいつも到着後に洗います)。日本の節水式の、勢いよく水圧を上げてくれるシャワーヘッドを教えてあげたい…。

そんなこんなで初日、まずは無事パリまで到着し、あまり時差ぼけのない状態で眠りにつくことができました。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る