So-net無料ブログ作成
検索選択

秋休み子連れシンガポール旅行2014(13) [シンガポール]

シンガポール8日目(土)1

今日はシンガポール旅行の最終日です。
朝食はまたラウンジにて。
初日のラウンジのほうが内容は好みだったかな~。でもそれだけ日替わりってことですね。
朝食はほどほどにしておいて、最後のプールです。
もう面倒なので、娘だけは部屋から水着にしちゃいました。バスローブは着せましたが。
アームヘルパーがあればもうすっかり泳げる雰囲気になった娘、何をトチ狂ったか、腕の浮き輪はずして~と。

外しました。
プールに入り、泳ぎ始めました。
…もちろん、沈みました(笑)
人間がマジでトプンと沈むのを初めて見たかも(笑)
それでも懲りずに、でもさすがに腕浮き輪をつけて泳ぎまくる娘でした。

部屋に戻り、最後にシャワーを浴びて着替えるだけの用意をして荷造りをすませ、最後のランチへお出かけです。
最後のランチはバレスティアロード方面へ。
一駅だけ地下鉄に乗ろうかと思ったのですが、MRT駅にちょうどタクシーがいて、娘がタクシー!って言うし、駅からはちょっと離れているし、3人でMRT乗るならタクシーに乗っても大差無いということでタクシーへ。
タクシーに乗ったので、回る順番をちょっと変えてまずはロイキーチキンライスを目指しました。

・黎記海南鶏飯(ロイキーチキンライス)
バレスティアロード、最寄り駅はどこになるのかな。タクシーで来て良かったかも。
お店はキレイで、空調もきいていて快適です。
チキンライスセット7ドルとお値打ちですが、かなり美味しくて良かったです!
もう一軒行く予定だったのでセット1つと雲呑麺にしたのですが、スチームとローストとダークソイソース、全種類食べてみたかったな~。
ライスが特に出汁が上品で、私的にはチャターボックスに近い味でこの価格は素晴らしい!と思いました。
トイレもキレイだったし、次回も絶対ここに来ようっと。

その後徒歩でバレスティアロードからトムソンロードへ向かって徒歩で移動。
途中、ブントンキーあり、発起人肉骨茶あり、バレスティアバクテーあり。
思いっきり食べ歩きでここを目指すなら、タクシーで来て、帰りはMRTのNovenaから帰る、とかでもいいかも。

・威南記海南鶏飯
最初に調べていた住所は移転前だったようで、お店が無い!というか、建物(ビル)が無い!
有名店みたいだし無くなるはずは…とNovena駅付近で調べると、ユニオンスクエアに移転していたらしい。駅からすぐ近くだったのでそのままお店へ行ってきました。
ここも空調が効いていて快適。お店も清潔です。
チキンライスもセット5ドルくらいだったか?安いです。でもボリューム満点。
たくさん歩いたのでビールも注文。缶じゃなくてちゃんとジョッキなのも嬉しい。
チキンは美味しかった。ライスは、お米がリゾットパスタみたいな感じで、ライス自体はロイキーの方が私は好み。
ここで豆苗の炒め物を食べたのですが、ああまさに求めていた青菜炒めの味!幸せでした(笑)

フードコートやホーカーズもいいけれど、快適で美味しくて価格もさほど変わらない、こういうお店でチキンライスもいいなあ~と思ったのでした。
しかしついスペインのクセで食べ歩きしないと気が収まらないのは何とかしないと…。

チェックアウト前にシャワーを浴びたかったので、MRT一駅分でしたがユニオンスクエアのタクシー乗り場で(結構並んでいた)タクシーに乗り、シェラトンまで戻りました。
時間にもう少し余裕があれば、MRTでも良かったのだけれど…。

大急ぎでシャワーを浴びて身支度を調えたらちょうど16時、レイトチェックアウトをフルに利用です。
たくさん歩いて汗かいたので、最後にゆっくりシャワーできて良かった!
空港のシャワーもありだけれど、着替えを持って行かないとならないし、やっぱりラウンジのシャワーよりはホテルのシャワーの方が落ち着くしね。
チェックアウトしてタクシーでチャンギ空港へ向かいました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

秋休み子連れシンガポール旅行2014(12) [シンガポール]

シンガポール7日目(金)2

娘が昼寝から起きたので、プールです。
シェラトンシンガポールのプールは、部屋から水着で行けるならやっぱり最高なのにな~。

プールの後はカクテルタイムで食前酒をいただきつつ、そろそろ出かけようか…というころ、これまた超激しいスコールが!
まさにバケツをひっくり返したような雨です。
今日はダックツアーのあとにシンガポールフライヤーに乗る予定だったのですが、動いているのか?
(11月末が期限のチケットだったので明日でもいいのですが、まあとりあえず行ってみようということにした)

ホテルのタクシー待ちも5組くらいいたのですが、そもそもタクシーが来ない。
非常に焦った中年男性が、待っているひとたちに「空港か?」「空港か?」と聞いていました。私たちどう見ても身軽で空港行きじゃないでしょうが、それでも声かけられましたね~。空港行きの人がいたら相乗りしたかったのでしょうね。間に合ったのかなあ。

その後も待つことしばし、なんとかタクシーに乗って、シンガポールフライヤーへ。どうやら動いているようです。
動いていなくて混んでいるかと思ったら、乗り場付近にいるのはもう乗り終わった人たちのようでした。

・シンガポールフライヤー
すごい雨だったので、ほとんど人がいません。
長い待ち時間のために作られたと思われる、いろいろ見るところのある長い通路を通り抜け、乗り場へ。
全く待たずに乗れました。乗った時点では既にスコールも上がっていて、景色もちゃんとキレイに見えて、夜景を楽しめたのでラッキー。
しかし、360度見渡せる、ということ以外は、マリーナベイサンズのプールより高さも低いし、マリーナベイサンズへ宿泊するならあまり行く意味はないかな~と思いました。
まあとりあえずダックツアーと同じで、一度乗ってみたかったってことで。

シンガポールフライヤーを降りて、タクシーで本日の夕食へ向かいます。
今日はバクテー食べ歩きです。

・黄亜細肉骨茶
去年もここはかなり胡椒のきいた味だな~とは思ったけれど。
去年は昼前、今日は夜遅くに来たからなのか(煮詰まっているのか)どうなのかはわからないけれど、かなりの胡椒パンチ力!
お肉は美味しいのだけれど、さすがの私たちもむせるほどの胡椒の辛さでした。
胡椒はけっこう平気な娘もさすがに駄目だったみたい。
トイレは、(トイレに行った夫いわく)病気になりそうなくらい汚かった、だそうです。

・発起人肉骨茶
去年は通っただけで、店構えを見てスルーしていたのですが、結構な有名店らしく、今回初挑戦予定にしていたお店です。
いろんな芸能人と思われる人たちと撮った写真が店の壁という壁に貼られていて、これを見て去年はやめたんだよな~。
で、入店して注文。店内はかなりキレイに保たれています。
そして肉骨茶。かな~~~~り美味しかったです。
今回行った肉骨茶のお店の中で、最も私は好きでした。
ん~絶対定番化!
肉骨茶のスープにヌードルを入れた物も美味しかったです。娘も激食い。
隣の席に娘と同じ年と、2歳の姉妹がいる家族連れがいて、この子供達とすっかり娘は一緒になって遊んでいました。子供の適応能力すごい…。

この通りでタクシーを拾うのは絶望的かな~と思ったので、ムスタファセンターまで歩いて行くことにしました。
が、ムスタファセンターのタクシー乗り場はものすごいことになっていた(激烈に荷物を抱えた人たちであふれていた)ので、ムスタファセンターでお土産のチョコレートを買って、MRTで帰りました。
MRTは乗り継ぎもスムーズで、ホテルも駅からすぐだったので、タクシー待たなくて良かったな。
でもチケットは3人分なので、タクシーにスムーズに乗れるなら値段的には大差無いのでした。

後日談ですが
ムスタファセンターでベタなマーライオンチョコなどのお土産を買ったのですが、やはり正直安かろう悪かろうです。
あまり美味しくないし、すごい上げ底?で中身が少なくて、1個買ったら1個おまけ!って、もともと2個分の値段だろうとしか思えないアーモンドチョコとかでした。
シンガポールはみんなにドンと置く感じのお土産がどうも今ひとついいの無いんだよな~。何か探さなくては。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

秋休み子連れシンガポール旅行2014(11) [シンガポール]

シンガポール7日目(金)1

朝食をしっかりラウンジでいただいて、チェックアウト前のプールに向かいます。
午前中は結構天気が良くてプール日和、気持ちよかったです。
チェックアウトして(チェックアウトは全く並びませんでした)荷物を預け、まずはショップアットマリーナベイサンズへお土産のチョコレートを買いに行きました。
が、なんとこのチョコレートショップが閉店!
マーライオンチョコとかよりはちゃんと美味しいチョコレートだったのにな~。

仕方がないので買い物はあきらめ、ショッピングモールのタクシー乗り場から、今日のランチへ向かいます。
本日はビーチロード方面を初挑戦です。

・大姐ワンタン麺
小さなフードコートの中の一つのお店です。
予想を超える美味しさでした。
ワンタン麺の麺は細くてコシのある麺で(ワンタン麺はこのタイプらしい)、私としてはホッケンミーの麺よりずっと好みです。
娘もワンタンとチャーシューまで、ほぼ一人前を一人で食べました。
満足満足。
ただ、これだけのためにここに来るのには結構交通機関が大変かも。

・ビーチロードプラウンミー
ワンタン麺のお店からは徒歩15分くらいでした。
本当はこの近くにあるバクテーのお店も行きたかったのですが、そのお店の住所と思われる場所のお店は閉店していました。情報が古かったようです。
こちらのプラウンミーのお店はちゃんと見つけられて良かった。
カトン地区での教訓を胸に、座席番号を覚えて注文へ向かいます(麺類系の大きなお店はこういうシステムみたいですね、どこも)。そしてちゃんとイエローヌードルで注文。
無事頼みたかったものが出てきて一安心です。
そろそろ食べ終わるかなと言うころ、またスコールが!
今回の旅行は、前半はほぼスコールもありませんでしたが、後半は結構スコールにあたりました(前半の運が良かっただけとも言いますが)。
しばらく待って、少し弱まったところで軒沿いを歩いて行きました。そうか、歩道に軒というか、雨に濡れないである程度は歩けるような造りなんだな、と納得。
コンコースというちょっと変わった形のきれいな建物があり、MRTの駅かショッピングモールかなと思ったのですが、なんとオフィスビルで時間つぶしできず(笑)
MRTの標識をみつけ、200メートルくらいと書かれていたのでそちらへ向かって歩きました。
今日はダックツアーの予定だったので、シンガポールフライヤー乗り場まで移動しなくてはならないのですが、たどりついた駅はフライヤー乗り場の駅からひとつしか離れておらず、悩みましたが雨もほとんどやんでいたので結局シンガポールフライヤー乗り場までそのまま歩きました(笑)

・ダックツアー
水陸両用車のツアーです。今回はパンダバスという現地ツアーのサイトから申し込みしてました。ダックツアーとシンガポールフライヤーのセット券です。セットだと単品よりかなり安く、シンガポールフライヤーの価格+α程度です。
カウンターでチケットを引き換え、少し時間があったのでフードコートのビール(ここは大瓶で値段もバカ高くはなかった)でのどを潤し、ダックツアーの車両に乗り込みました。
まあ、すごい振動と騒音で、かなり悪い乗り心地です。
揺れと騒音と午後2時という時間のため、乗り込んだ6歳未満の子供たちは5分もしないうちに全員爆睡していました(笑)
水陸両用を味わうために市内観光があるのですが、正直これは不要。
水に入る瞬間はちょっとおもしろかったのと、マーライオンを正面から見られる(ただこれはきっとリバークルーズでも見られる)くらいかな~。
一度試してみたかったので乗りましたが、まあ多分次回乗ることはないと思う。

娘は長距離歩いたこともあってそのままぐっすりだったので、短距離で申し訳なかったのですがここからマリーナベイサンズまでタクシーで移動し、荷物を引き取ってからまたタクシーに乗って、シンガポール最後の宿泊ホテル、初日に泊まったシェラトンへ移動しました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

秋休み子連れシンガポール旅行2014(10) [シンガポール]

シンガポール6日目(木)2

・マリーナベイサンズホテル
タクシーでマリーナベイサンズに到着。相変わらずすごい人です。
今回は、荷物も自分で運ぶ!と言って、まずはチェックインのVIPラウンジへ。
普通のフロントより全然混んではいないのですが、どうしてこんなに一人のチェックインに時間がかかるのというくらいかかる(私のチェックインはそこまで時間がかからなかったのですが、なぜ?)。
巨大ホテルだけに、人が到着してから部屋を決めて、それが決まらないと荷物も運べないという感じなのだと思います。

とりあえず無事チェックイン、今回はタワー2最上階のお部屋です。
荷物から水着だけ出して着替え、さっそくプール!
しかしスコールの合間で、強風かつ寒いというあまりコンディションは良くない状況でした。でもやっぱりこのホテルはプールが目的なので、それなりにプールに人がいます(私たちも含めて)。

とりあえずひと泳ぎして、部屋に戻り、シャワーを浴びて着替えたら大人のお楽しみカクテルタイムです。
なにせアルコールの高いシンガポールで、シャンパンが飲み放題。
残念ながらロゼはなくなったようでしたが(まあ飲まないけど)、幸せに飲んだくれて、おつまみを食べて、あとは寝るだけ~と思ったのですが、天気も回復したので娘がプールに行きたいとせがみます。
酔っ払った老体に鞭打ってプールでひと泳ぎして、部屋に戻って入浴したらもうバタンキューでした。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

秋休み子連れシンガポール旅行2014(9) [シンガポール]

シンガポール6日目(木)1

本日も早起きして朝食をとり、ジュロンバードパークへ行きました。
ホテルで乗ったタクシーだったのですが、高速みたいな道路でバードパークの看板を通り過ぎ、しばらくして側道へ下りたと思ったらまた高速みたいな道路にのって、かなり向こうでまた側道→Uターンして高速を戻る。で、結局最初に見たバードパークの看板がパークだったわけですが。
明らかに道を間違えたと思うし(おりるべき側道を通り過ぎたと思われる)、去年より明らかにタクシー代は高いし。でも途中で怒らせて変なところに置いていかれても怖いので、到着後に文句を言ったのですが、まあシラを切る。間違っていない。と。
たかが500円くらいの差ですが、私たちは時間のほうが重要だったので、腹たちましたね~。
コンフォートタクシーは台数も多い分、ハズレもあります。

・ジュロンバードパーク
とりあえず無事パークに入場、まずはトラムに乗ってロリーロフトへ向かいます。
まだあまり人も来ていなかったようで、餌を購入するや否や(というか、餌を購入する前から)カラフルな鳥たちが我先にと寄ってきました。
やっぱりここは早朝じゃないと!
娘は今回の旅行でこの鳥の餌をあげるのが一番楽しかったらしく、帰国後もずっとこの日のことを言っていました。
実際は半袖だったので、腕に鳥がとまったときは痛い~と驚いていましたが、腕や頭に鳥がとまってくれたのが本当に楽しかったようでした。

結構ここで時間を使ってしまったので、ペンギンの餌やりに行きました。
しかし、このペンギン餌やりはかなり微妙。
ペンギンについて解説しながら解説のねーちゃんが餌を与えまくる。そのあとに希望者は2ドル払って餌(ししゃもみたいな魚が3匹)をもらうのですが、ペンギンは見向きもしません。
結局、ほとんど鵜が食べるみたいな(笑)
これは来年はやらなくていいな~

そしてバードショー。
猛禽類のショーはトークが多くて一度見たらまあいいかなという感じだったので(那須動物王国の猛禽類ショーのほうがおもしろかった)、たくさんの鳥が飛ぶショーへ。
基本構成は去年と同じでしたが、しゃべったり歌ったりするオウムは、去年より明らかに上手でした。

そしてキッズエリアのウォーターエリアへ。
娘は最初大喜びで水着に着替えたのですが(人が少ないので広い遊び場が貸切です)、すごい勢いでざっぱーん!となる水におびえ、結局ちょっと遊んだだけでウォーターエリア以外の遊具で遊んでいました(苦笑)

そして相変わらずここのタクシー乗り場はタクシーが全然いない。
しばらく待っていたのですが、ようやく乗れた一台で近くのジュロンポイントショッピングセンターへランチに行きました。
広いショッピングセンターは、2階までは明るくきれいなアウトレットモールって感じなのですが、3階に入って通路を曲がると、そこはまるで九龍のようでした(笑)。
目的のお店は2階のきれいなエリアでした。

・スープレストラン
チェーン店で、空港にも支店があります。ジンジャーチキンで有名なのですが、今回初めてです。
スープ、というだけあって、薬膳スープがメインのようですが、たしかに薬膳、って感じでした。
ほかにジンジャーチキンとチャーハン、野菜炒め(あとで調べたらケールのピリ辛炒めでした)を注文。ビールが旨いっす。
ジンジャーチキンは予想以上に美味しくて、安くは無いけれど高い!ってほどでもなく、価格の割にボリュームもいっぱい、お店も清潔だし、これだったらチャターボックスは次回無しでもいいかも?ってくらいでした。
ケールは、あの独特の粘りけが、今欲していた物とは違ったな~。豆苗か空心菜のしゃっきり炒めが食べたかった(笑)。

ジュロンポイントのタクシー乗り場は結構並んでいましたが、それなりにタクシーも来るので10分程度で乗ることができました。
本当はホテルのレイトチェックアウトでシャワーを浴びてからマリーナベイサンズへ移動しようと思っていたのですが、すでにマリーナベイサンズのチェックイン時間が迫っていたので、そのままチェックアウトしてタクシーでマリーナベイサンズへ向かいました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

秋休み子連れシンガポール旅行2014(8) [シンガポール]

シンガポール5日目(水)2

動物園から中華街のチキンライスのお店までタクシーで直行です。
お昼時をもう過ぎているので、そんなに混んでいません。

・CHEW KEE
去年気に入った、ブラックソイソースのチキンライスのお店。
お店で食べる人も多いのだけれど、持ち帰りしている人が本当に多い!
チキンライス2つ、と頼むと、ライスの上にチキンが乗った丼(平皿だけど)状態で出てきたので、提供の仕方が変わったのかと思ったけれど、前と同じようにライスとチキンの皿が別になっている人もいて、よくわからない(笑)
まあどちらにしても美味しいからいいんだけど。
それにしてもこのお店はほとんど中国語だけで、英語は全くと言っていいほど通じないな~。
動物園で昼過ぎまで遊んでおなかぺこぺこだったので、あっという間に平らげてしまいました。

このまま少し歩いてクラークキーのところにあるソンファへ、と思ったらスコール!
昨日までは運よく全くスコールに当たらなかったのですが、熱帯雨林地方だったな~。
すでにお店は出てしまってクラークキーへ向かう大きな通りまで出ていたので(ここに新しくソンファの支店がオープンするみたいでした)、屋根のあるところを歩きながら、最後はバス停みたいなあたりで雨宿りです。
クラークキーのMRT乗り場がすぐだったので、そこから行けるかな?と駅へ。
セントラルでちょっと時間をつぶし、小雨になった瞬間走ってお向かいのソンファへ行きました。
しかし、後から見たら、実はセントラルから歩道橋でソンファまで濡れずに行けるのがありました(笑)

・ソンファ
言わずと知れたバクテーの名店。
角のところに昔ながらのお店、その2軒くらい隣に支店があります。
前回は角のお店で食べたので、今回は支店のほうに入ってみました。
こちらはクーラーがきいていて快適です。お店もきれい(角のお店は完全に屋根がある外という感じです)。でもどうして角のほうが人がたくさんいるのかな?もしかしたら、室内提供のぶん、ちょっとお値段がお高めなのかもしれません。
バクテー、美味しかった。娘も激食いです。いつもはご飯なのですが、今回は揚げパンにもチャレンジ。美味しいけれど、カロリー的にはすごそうです。
ここでバクテースープの素も購入、日本でも作るのだ!(実際帰国して一度作りました。いい感じにスパイシーで、美味しくできました。バクテー好きな人にはお勧めのお土産です)

セントラルのタクシー乗り場で待つことしばし、コールボタンを押してもなかなかタクシーが来ません。前に一人待っていたねーちゃんはあきらめていなくなりました。その後私たちももうあきらめかけたころ、ようやく一台のタクシーが来たので、これでホテルへ戻りました。

その後もスコールが結構続いていたので、今日はランチも遅くなったし、カクテルタイムで夕食を兼ねることに予定変更。
プールサイドにあるレストランでおつまみをいただきながらビールで幸せです。

で、夜、風呂に入って身支度していたら、入らないでください、にしてあるにも関わらずノックが。
何かと思って出ると、ホテルの人がクリーニングの終了した服を持ってきました。
いやいや、クリーニング出していないし、間違いでしょ、と言ったのですが、伝票には確かにうちの部屋番号と名字が記載されています。
そして良く見ると、不織布のハンガーケースに入っている服は確かに私たちのもの。
いったいどういうこと?

動物園へ行くのに、前の日に着ていた服を脱いで、ビニール袋(ホテルのランドリー袋、便利なので持ち歩いています)に入れて、それをクローゼットの中にあるスーツケースの上に置いて、クローゼットは閉めて出かけたのですが、部屋の掃除のときに持って行って洗濯してしまったということがわかりました。
これは、オーダーしていない、伝票書いていない、袋に入れてしまっておいただけだと言うと、「また確認して戻ってきます」と言ったのに、30分以上戻ってこず。
これ以上待っていても仕方がないので、寝ました(笑)

結局チェックアウトの時には、何のインフォメーションもなくランドリー代金(約15000円)がついていましたが、同じことを言うとあっさり抜いてくれました。ほっ。
コンビニの400円ハンカチを洗濯代金1000円とか、意味わかんないし(笑)
ん~とりあえず学んだことは、貧乏人にはバトラーは使いこなせないわ!ってことです。
こちらにもランドリーと書かれたビニール袋(でも違うホテルのだったのだけど)に入れていたという落ち度はあったけれど、次回からは全部スーツケースに毎回しまわなくちゃだめかしら。
今までシンガポールでもヨーロッパでもアメリカでも連泊時にこういうことになったことがなかったので、焦りました(笑)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

秋休み子連れシンガポール旅行2014(7) [シンガポール]

シンガポール5日目(水)1

セントレジスの朝食も相変わらず充実しています。ただ、比べるとひとつひとつのものの味はWホテルのほうが美味しいかも?
昨夜は遅かったのですが、今日は動物園に行く予定なので頑張って早起きしました。
ナイトサファリの時は翌日どうするか考えないとだな~。
今回は各ホテルのレートで宿泊する順番などを決めて、そこからアクティビティを決めていったのですが、来年はアクティビティから決めようっと(本来はそうあるべきか)。

・シンガポール動物園
ナイトサファリと動物園は徒歩でも移動できる距離に入り口があるので、2往復することになるのだけれど、動物園→ナイトサファリに移動する体力は娘にも私たちにも無いし、旅程も一週間とっているので一日一アクティビティを基本にしています。
30分、20ドル前後、朝の方が付加税の影響か少し高いです。

動物園に到着し、まずはチケットを購入。
翌日にバードパークも行く予定なので、2パークホッパーでバードパークを指定すると、カウンターの人が「バードパークはここの近くじゃ無くて離れているのよ、わかってる?」とインフォメーションをくれました。
当然了承しているので、わかってるよありがとう~と言って購入です。

動物園、まずはゾウの水浴びを見ようとトラムへ乗りました。
後から気づきましたが、ゾウの水浴びはゾウのエリアではなくて、ゾウ乗り場近くの水浴びプールでした…来年は見ようっと。
公式HPからカンガルーのエサやりが無くなっていたので、カンガルーのところへ確認へ行くと、「しばらくの間エサやりは休止です」という貼り紙がありました。何か事故でもあったのかな?娘が楽しみにしていたのですが仕方がありません。
今回の動物園は、娘がいろいろな動物にエサをやりたい!ということだったので、フィーディングタイムを見ながら園内を移動です。

・キッズエリア
そういえば水着を持ってこようと思っていたのにすっかり忘れていた!と思い出したのですが、水遊びのエリアはこの一週間くらいクローズとのことでした。メンテナンスかな?
キッズエリアで犬と猫のショーを見ました。子供向けなので大人が見て楽しめるという感じのショーではありませんが、娘や子供たちは喜んでいました。
犬が飛んでくぐる輪を持つボランティアを募集され、娘がおずおず手を上げたのですが先に手を上げて前に出た子がいたので「やりたかった」とギャン泣きです。だったら追加募集したときに前に行けばいいのに、まったくも~。
この子供たちが5歳前後みたいでしたが、「お名前は?」は、照れながらも答えます。「どこから来たの?」の質問には「あっち(親の席)」「ホテル」と。
確かにどこの「国から」来たの、と聞いてはいなかったので正しい(笑)
ショーの後はショーに出ていた犬をなでなでして、キッズエリアのやぎさんのえさやりです。
エサやりはだいたい1回5ドル。
やぎさんのエサは小さなバケツにインゲンやにんじんスティックがたくさん入っていて、やりがいがありました。

・ゾウのエサやり
ゾウのショーは、キッズエリアのショーと時間がかぶるので、ほぼショーの終わり頃にゾウエリアに到着、エサやりしたい人が並ぶ席の近くに待機します。
ショーが終わって、バスケットに数個バナナやりんごが入ったカゴをもらい、ゾウのえさやりです。
去年はあげる寸前になって「ぱぱがあげて」と言っていたのですが、今年は全部自分であげられました。

・キリンのえさやり
歩いていろいろ動物をみながら、キリンのエサやり時間に合わせてキリンエリアまで移動します。
時間より少し早めに始まっていました。これも5ドル。
キリンの顔が間近のところでエサやり、写真撮る暇もないくらいあっという間にエサをあげて喜ぶ娘でした。

・シロクマの館
次のエサやりまで少し時間があったので、涼みに(笑)
ここはエアコンが効いていて涼しいのです。同じように涼んでいる人たちがたくさんいて笑えます。

・シロサイのえさやり
メロン4切れくらい、やはり5ドル。
けっこう間近で迫力あります。サイは、娘がまだ小さいからヘルプしてね、と言われ、手伝いながらでしたがちゃんと全部自分でエサをあげていました。

娘はいろいろ動物にエサをあげることが出来て大満足だったようですが、犬のショーで前に出るのをやりたかった~というのが心残りだったようです。
ちゃんと英語をわかって、募られたら前に出て、英語の質問に答えられるようになったら来年やろうね(笑)

今回は結構園内で写真を撮られては番号札を渡されていたのですが、普段は飼わないので写真チェックもしないのですが、今回は自分たちで写真が撮れなかったキリンのえさやりなど、わりと良い写真があったので購入しました。
1枚は20だか25ドルだったのですが、60ドルで3枚のプリントと全部のデジタルデータということだったので、枚数もたくさんあったしお得だったかも。

タクシーでチャイナタウンへ遅めのランチへ向かうことにします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る