So-net無料ブログ作成

秋休み子連れシンガポール旅行2014(6) [シンガポール]

シンガポール4日目(火)2

・ナイトサファリ
ナイトサファリは、平日にしたからすごく混んでいることはないだろうな~とは思ったのだけれど、初めてだし、やっぱり日本語トラムがいいし、どこに並ぶとかわからないしな~と、VELTRAから現地ツアーを申し込みしてみました。
基本現地のオプショナルツアーはあまり利用しないので、こういったものの利用は初めてです。
ただ食事とか帰りの送迎までは不要かなと考えたので、「ナイトサファリ:日本語トラムとアニマルショー付き、行きはホテル(何カ所か決まっている)からバスで送迎、食事無し、帰りの送迎無し」というものにしました。

セントレジスからすぐ近くのリージェントホテルに16時45分ピックアップという連絡が来ていたので、16時40分にホテルロビーにて待機。
娘はまだ昼寝から覚めずだったので、夫が娘を抱っこしてロビーの椅子に座り、私は基本ロビー内にいるという感じにしていました。
しかし、来ない。
ピンクのJTBのシャツを着た現地の日本語を話せる係員がお客様のお名前をお呼びして探します、とのことだったのですが、とにかく来ない。
フロント前の割と小さなロビースペースだったのですが、その奥にはロビーラウンジみたいな広いエリアもあって、まさかこっち?と思って何度かそちらも覗きに行ってみたりしたのですが、いない。
15分以上待っても来ない場合は緊急連絡先に連絡を、とのことだったので17時過ぎに電話してみました。
電話口に出た係員は名前を告げるとこちらを把握しており、現地係員と連絡をとりますのでお待ちくださいと言われ5分ほど…
「16時35分からリージェントホテルのロビーでずっと探して20分くらい探したけれどいなかったので、他のお客さんもいるから出発してしまった」と。
いや、私たち約束の時間である16時45分より前から待っていましたけど。ずっとホテル入り口を注目していたし、ロビー内で名前呼んで探しているような人もいなかったですけど。
どうしたらいい?と聞くと、タクシーで来てくださいとのこと。
タクシー代は?と聞くと、現地係員に領収書を見せてもらってくださいとのことだったので、そのままタクシーでナイトサファリへ向かいました。
タクシーで30分20ドル、結果的には娘も寝ていたからタクシー移動できて楽だったんですが、何だかな~。

ナイトサファリではこのツアーは本日10人ちょっとで少なくて、さらに他のお客さんは食事付きだったようで(食事無し、帰りのバス無しは私たちくらいだったらしい)、19時にJTBデスク(入り口近く)で現地係員と出会ってくださいと言われたので、当初の予定通りボンゴバーガーで夕食を買って、火吹きショーの特等席をゲット。
ボンゴバーガーは美味しかったけれど、かなり高い。
バーガーセット(これは案外美味しかった)とナゲットセット(おすすめしない)、ビール小瓶とシンガポールスリングで90ドルくらいです。
しかも驚いたのは、ボンゴバーガーのお店の席なのに、何も買わずにただ席に陣取って座っている人の多いこと。それは反則では…(苦笑)。
まあ、お店の人も文句言っていなかったからいいのかもしれませんが。

で、食べ終わった頃、火吹きショーが始まりました。
この特等席はショーの場所からすぐ近くだったこともあってかなりガソリン臭かったのですが、ショーが始まればそれも気にならず、娘は怖がるかと思いきや大喜び。
ボンゴバーガーじゃない観客エリアはそれなりに人がいたので(椅子は無い)、ここでゆっくり見られて良かったかな。

で、ショーのあとJTBデスクで無事現地ガイドと合流、入場シールなどをもらってまずは日本語トラムに乗車です。
トラムの発車までは20分ちょっとあり、混んでいない日なら自分で予約して乗るほうがいいかなあと思ったりしました(が、トラムのチケットは特に座席指定ではないのでやっぱり早めにトラムに乗って待たないとだめかも)。
トラムは1号車2号車があって、今回2号車だったのですが、基本1号車の方が説明その他がタイムリーな事が多くて良さそうかなと思いました。

トラムの後はアニマルショーです。特に別途入場料が必要なわけではなく、このツアーだと座席が確保されているということのようです。
これも結構楽しめました(あまり詳細を書くとネタバレなので省きます)。
この日は空席もけっこうあったので、平日なら次回はツアーじゃなくても大丈夫かな?
ここでガイドに申し出たらすんなりタクシー代はくれました。
しかしホテルロビーを確認したのですが、やはり私たちが待っていた狭い方のロビーで間違いないらしく。そこは本当にずっといたので、絶対実はピックアップ忘れただけだろう?って思いました(笑)

アニマルショーの後は、歩きで回るコースをちょっと回ってみました。
スナドリネコのコースと、ワラビーのコース。
結構大人も子供も楽しめて、トラムでも歩きでも動物はかなり見えたし、面白かったです。
歩き終わって娘がアイスクリームを食べた頃には22時を回っていましたが、タクシーは乗り場にたくさん待機していたので全く待たずにタクシーに乗って帰ることができました。

日本語トラムの予約さえ大丈夫なら、次回からはツアーの必要はないかな~。でもトラムの予約については便利は便利だし、ショーも混んでいる場合は座席が確保されているので、どうするかは悩みどころです。

ホテルへ戻ってシャワーを浴びて、バタンキューでした。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

秋休み子連れシンガポール旅行2014(5) [シンガポール]

シンガポール4日目(火)1

朝食はまた昨日と内容が変わっていて全然飽きません、というより食べきれません。
カレー類は昨日の方が好みだったな~。
娘が楽しみにしていた麺類はトムヤムヌードルで、私たちには美味しかったけれど、さすがに娘には辛すぎでした。
ワッフルをパンコーナーで焼いているのですが、これがすごくサックリほろほろしていてとっても美味しかったです。来年は毎朝食べようっと!

午前中はこのホテル最後のプールです。
完全に貸し切り状態!
遊んでいたらホテルマンが来て、私たちのカメラで写真をたくさん撮ってくれました。
なかなか3人揃った写真は無いのでありがたい。

すっかりプールを堪能して、お昼チェックアウトタイムぎりぎりでチェックアウト。
タクシーは
・事前の予約は8ドルの追加料金
・電話して来てもらうのは3ドルの追加料金
・乗せてきたのを降ろしたものに乗るのは追加料金無し
になっています。
待っている人もいなかったので、ドロップオフのタクシーを待つこと約5分、無事タクシーをゲットしてオーチャード近辺のセントレジスに移動しました。

チェックインタイムより早いので、まだお部屋の用意ができていないと言われ(ここは早いチェックインには結構しぶい)、それは予測していたので荷物だけ置いてマンダリンにあるチキンライスの名店チャターボックスへ向かいました。

・チャターボックス
チキンライスセット27ドルはやっぱり高い。高いんだけれど、やっぱり美味しい。
でも今回思ったのは、フードコートで食べるよりもチキンも多くてしっかり厚みもあるし、単純に価格だけ比べてフードコート5~7ドルの5倍!って感じではないのかな。2倍ちょっとという印象。でも税サが入るので、やっぱり更に」高い。
でもでもやっぱり一度は来てしまうのでした。

・タイフォン
有名な小籠包のディンタイフォンではなく、タイフォン。
ホッケンミーが美味しいらしいとのことで、チャターボックスのあとに寄ってみました。
何カ所か店舗があるのですが、帰り道にあって便利だった伊勢丹のビル、ウィスマアトリアにあるフードコート内の店舗へ行ってきました。
この麺類は、やっぱり白い麺と黄色い麺が混じった麺です。味は、まあまあかな。
フードコートに来たならチョイスするけれど、これだけのために食べには来ない、というところでしょうか。

そうこうしているうちに15時もまわったのでホテルへ戻って娘を昼寝させました(今日はナイトサファリに行く予定のため)。
今回は部屋のアップグレードはなかったのですが、ここは夜寝るのに戻るだけだし、朝食が無料でつくだけでも御の字です。
事前に確認したときにはプラチナ向けカクテルタイムの案内はありませんでしたが、チェックインの時にはカクテルタイムもいつものプールサイドのレストランであることを案内されました(今日はどちらにしても行けませんが)。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

秋休み子連れシンガポール旅行2014(4) [シンガポール]

シンガポール3日目(月)

Wホテルは朝食付きレートなので(朝食付きの方が正規ルート予約でも安い)、一階のレストランで朝食です。
去年もそうでしたが、ものすごく豊富な種類のビュッフェで、日替わりのものも多いし、どれも美味しいし、お勧めの朝食です。残念なのは食べきれないことくらい(笑)。

今日の午前中はセントーサ島にあるアンダーウォーターワールドです。
去年はホテルを経由するセントーサバス(島内の無料巡回バス)が無かったのですが、今年はWホテルも経由するルートが出来たようです。
ただ30分に1本という微妙な感じ…。
タクシーで行ってもいいのですが、島内にはタクシーがほとんどいなくて、乗ってきて誰かが降りたのをもらう、という感じなので、タクシーも微妙です。

とりあえず、まずはホテルが出しているホテルシャトル(これは帰りは島内からは乗れない)でリゾートワールドセントーサまで出て、そこからカジノ前を通って地下の大きな駐車場・バスターミナルからセントーサバスでシロソへ出てアンダーウォーターワールドへ行きました。

アンダーウォーターワールド
平日なのもあり、とってもすいています。
入場したら10分後くらいからピンクイルカのショーだとのことで、まずはイルカのショーへ向かいました。
正直、かなりショーはしょぼいです。
前座かという程度で終わりました(苦笑)。
その後水族館へ。
入り口近くにKOI FEEDINGなる魚の餌がカプセルに入ったガチャガチャマシーンがあり、2ドルで回すのですが、壊れていて出てこない。
係員に言うと開けて確認して出してくれたのですが、1cm四方くらいの魚の餌が2片。
しかも可愛い熱帯魚水槽があるのですが、かな~~~~り餌を持って待っていても来ない。
その隣に大きな金魚(これがKOI=鯉?)の水槽があって、あきらめてそちらへ入れると飛び出しそうな勢いで食いついてきました。
ん~これは次は絶対買わないな~。

その後もプレゼンがやや微妙な水槽を見て、最後にこれがアンダーウォーターワールド、という水槽の下をぐるりと動く歩道で通れる水槽へ。
しかし昔ならいざ知らず、今となってはこれも微妙。
去年S.E.Aアクアリウムの方へ行って、これも微妙かなと思ったけれど、こちらの方がさらに微妙(なのに結構高額の入館料)だし、水族館は「広さや大きさ」はさておき、やはり日本の方が質も高いし良いな~と思ったのでした。

ここからすぐのシロソの砲台などをちょっと見たかったのですが、残念ながらちょうど閉鎖されていたので、セントーサバスでまたリゾートワールドセントーサへ戻り、ユニバーサルスタジオ近くのマレーシア食堂街でランチです。

マレーシア食堂街
・クレイポットライス
今回絶対食べたかった一品。そんなに並んでいなかったので気を抜いていたのだけれど、ミディアムとラージがあって、ミディアムを頼んだら「このラージが最後の一個、あとは今炊いているから45分かかる」と言われ、ラージを注文。後ろに並んだ人ごめんなさい(笑)。
でもこれが予想以上に美味しくて、ラージでもペロリでした。

・マラッカチキンライスボール
チキンはいわゆる海南チキンライスなんだけれど、ご飯がゴルフボールのようなおにぎりになっています。
ちょっとべちゃっとしていて、これなら普通のチキンライスのほうがいいかな~

・ローメン
娘が食べられるように辛くない麺を注文

このフードコートのビールは高くて、缶ビールの350mlタイガービールが2本で15ドル!
ん~~~ありえない(笑)

リゾートワールドセントーサからセントーサバスでWホテルを経由するものは無いので、徒歩でマーライオンまで行ったのですが、この乗り場が分からず、結局そこからまたビーチステーションまで歩き、ようやくWホテル行きのバスに乗ったのでした。

娘がユニバーサルに興味を持つまでは、セントーサ島ではうちの場合はもうホテルプールだけでもいいかも(笑)
とりあえずホテルへ戻るバスの中で娘も寝てしまったので、そのまま一休みにしました。

昼寝からさめた娘とプールへ。
昨日とは打って変わって静かですいているプール、そうよ!これよ!これなのよ!と喜び遊ぶ私たち。
結構広いのですが、腕浮き輪だけで何となく泳げる風味になった娘がのびのび泳ぎ、大満足です。
たっぷり泳いで疲れたことと、今日行こうと思っていたソンファが月曜定休であったことに気づいたため、この日も夕食は成城石井(違うけど)でシャンパンとおつまみを買って部屋呑みにしたのでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

秋休み子連れシンガポール旅行2014(3) [シンガポール]

シンガポール2日目(日)2

シェラトンシンガポールをチェックアウトして、タクシーでセントーサ島のWホテルへ向かいました。
セントーサ島内で遊ぶというより、ここのプールがお目当てです。
広くて、温水で(いくらシンガポールでも夜は冷たい)、すいていて、遊び道具もたくさんあって、プール遊びには最高のホテルです。
去年初めて来た時にはいちいちオオウケした内装ですが、慣れって怖い、もう普通に見えます(笑)。
今回もマーヴェラススイートにアップグレードしてくれました。今回のお部屋から見えるハーバーは、去年のよりももっとお金持ち用みたいな感じでした(思い込み?でも、すごくゆったりして個別のエリアになっていて、船で生活している人はいなくて趣味の船って感じでした)。

チェックインのときにプールを覗いてみたのですが、驚くほどの人・人・人。
えっ、いったいどうしちゃったの?というくらい人がたくさんいます。
人が増えてこうなっているのか、去年たまたますいていたのか?と思いましたが、調べてみたらエンドレスサマーという、月に一回、日曜日にやるイベントで、外来訪問者がワンドリンクとDJの演奏つきで普段より安く(3500円くらい?)プールに入れるというイベントの日だったのでした。
とにかく混んでいるし、うるさいし、酔っぱらいの大人が飛び込んだりして大はしゃぎだし、酒臭いし(いや自分たちも酒飲みですけどね、こぼしまくりなんですよプールサイドもプール内も)、いちゃいちゃべったりぶちゅ~とかしているカップルもあちこちにいるし。
このイベントは毎月不定期の日曜で、前月に開催日が決まるようなので、今後は日曜の宿泊は避けることにします。
しかも宿泊者には「イベントやっていて、本当はオカネかかるところだけれど、無料でプールに行ってもいいよ」な、上から目線。
私たちとしては普通にプールが利用できないお詫びが欲しいくらいでした(笑)。

この日はもともと夜は部屋呑みの予定だったので、プールで泳いでサンセットを眺めたあとはお部屋で入浴を済ませていつでも寝られる体勢を整えてから、近くのワインと輸入食材などを売っている成城石井っぽいお店へ買い出しに行きました。
シャンパン(シンガポールでは税金が高いので高い)とおつまみを購入。夜になると風が気持ちいい広いテラスに出て、お昼に包んでもらったホッケンミーの残りと買ってきたおつまみを食べながらシャンパンをいただきました。

気持ちよく飲み過ぎて撃沈しました(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秋休み子連れシンガポール旅行2014(2)

シンガポール2日目(日)1

朝食はプラチナ特典のラウンジにて。種類は多くないけれど、どれも結構美味しいし、目が特にいやしい私たちとしては食べ過ぎないですみます(笑)。
朝食後は娘お待ちかねのプールです。
ここのプールは室内から着替えるのではなくて、5階のプールサイドに着替え部屋があります。でも部屋から着替えて行けるほうが楽でいいなあ~。
この階のお部屋とか、プールの向こう側にコテージみたいなお部屋があって、このお部屋だと部屋からそのまま水着で出てこられるようだ。
高層階にしてくれているけれど、こっちのほうがいいかも(笑)
価格が安いから仕方が無いのだけれど、これでこのホテルはバスタブとシャワーが別なら最高なんだけどな。

ランチはカトン地区へ行ってみました。
カトン地区は交通の便はあまり良くないので、タクシー利用です。
一応この地区で有名な見所とされる「プラナカン建築」を見ました。
確かにちょっとかわいらしい建物が並んでいるのだけれど、正直これを見ることを目的にここへ来たなら怒るレベル(笑)
まあ、私たちは食べるのが目的だったのでいいのですが。

・328カトンラクサ
ラクサの超有名店。
テラス席というか、お店の前の道路に座席がたくさんあるのですが、お店のひとが奥のカウンター横から隣の建物の中へ案内してくれました。こちらはクーラーが効いていて快適!
価格も外で食べるのと同じなのですが、外で食べている人たちはクーラーが嫌いなのか、外で食べたいのか?
ラクサは食べていると暑くなるしクーラー大歓迎です(笑)
ナシレマッとラクサを注文。
さすがの有名店、美味しかった(でも安かった)です。
ただこれを食べるためにカトン地区まで来るかというと、なかなか微妙です。
最終日に行ったユニオンスクエアにこのお店の出店があったのを見つけたので(食べなかったけれど)、こちらで食べてもいいかも?

・ビーチロードプラウンミー
プラウンミーが有名なお店、すごく混んでいます。
並んでいる列が2つあって、向かって右側はサイドディッシュの列、左がプラウンミーの列でした。最初間違えて並んじゃった。
プラウンミーの列で並ぶことしばし、注文の順番がやってきました。
注文しようとしたら席番号を聞かれました。えっ、見ていないよ!
あとで言いに来てね、と言われて注文。これからはちゃんと席番号確認してから並ぼうっと。
プラウンミーとプラウン&ポークリブミーを注文、座席番号を伝えて待ちました。
しばらくして運ばれてきたそれは、結構濃厚なエビ出汁で美味しかった。
麺は、私のあまり好きではない白いやつと、黄色のちゃんぽん麺みたいな麺がミックスされていて、黄色の麺を注文すれば割と私好みの麺になるかなと学習。
そうこうしていると、お店のおばちゃんがやってきました。
「あなたが頼んだのはスモール、でもこれはラージ。差額を払え」と。
10ドルくらいの差額、払ってもいいんだけれど、そもそも間違えたのはそっちだろ、ということで交渉してみたが、おばちゃん引かず。
「たしかに間違えたのはこっちだが、あなたは間違えたのが来た時点で申し出るべきだった。そうすれば取り替えた」と。
じゃあこれ返すよ、と言ったが勿論食べかけなので「それはできない」と。
で、また「その時点で申し出るべきだった」と言うので、私はこれがラージなのかスモールなのかここに初めて来たんだし、わかる術がない!と言うと、ぎゃははは、と笑って肩をたたかれて、そのままレジに戻っていったのでした。
結局差額は払わずに済んだのだけれど、ここで予想外に大盛りを2つ食べてしまったのでした(笑)

・ゲイランローロン29
ホッケンミーのお店。
ここではスモールを注文したのだが、人数を聞かれて3人と言ったらスモールじゃあまりにも小さいといわれ、言われるがままにラージにした。
ら、このラージは普通のラージじゃなくて特盛りのラージでした…。
さすがに3軒目でこれはキツイ。
具材のエビはまあまあ、でもイカはやや鮮度が微妙。味付けは美味しかったです。
でもさすがに食べきれず、お店のひとに言ったら包んでくれたので持ち帰りにしました。

タクシーを拾おうとしたけれどなかなか空車のものも手を挙げてもとまってくれません。
シンガポールはタクシーも多いけれど利用者も多いので、日本の空車みたいにガツガツしていない感じです。そもそも行き先を言うと断られたりもしますし…。
あきらめかけたころ止まってくれたタクシーでホテルへ戻り、チェックアウト。
本当はホテルでシャワーくらい浴びてからと思っていましたが、もう時間もないし、娘も寝ちゃったし、でそのまま荷物を片付けてチェックアウトしました。でもレイトチェックアウトが利用できるのはとても便利です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

秋休み子連れシンガポール旅行2014(1) [シンガポール]

シンガポール初日(土)

シンガポールへ出発
去年と一昨年はシンガポール旅行の前か後ろに沖縄旅行を付けていたのだけれど、今回は休みが一日短いのと、ゆっくりシンガポールを楽しもうということにしたので、純粋にシンガポールのみの旅程です。
いつものように東京で前泊し、ホテルで朝食を軽くとって羽田空港国際線ターミナルへ向かいました。さすが三連休初日、京急も空港も結構混んでいます。でもチェックインと保安検査は優先レーンを使えることもあり、ほとんど待たずに通過できました。
イミグレはほとんど並んでいなかったので、ここはすぐに抜けて早速JALのファーストクラスラウンジへ向かいます。
JALのラウンジカレーが終日提供になったので(これが食べたくて朝食はごく軽くすませた)、カレーとシャンパンをいただきました。
今回は、娘もある程度大きくなった(満4歳)ので、深夜便ではなく日中便を利用してみました。
ラウンジまでは優雅にファーストですが、機内はエコノミーです(笑)
7時間弱の旅程でしたが、機内でも娘は映画を見て昼寝をして問題なく過ごしました。
深夜発早朝着はシンガポールで日中一日分の時間がとれるのですが、睡眠時間としては短いし、ゆっくりぐっすり眠れるというわけでもないので、今後はそれよりも日中移動便のほうが娘を含む私たちの体力的にも良いかも?と思いました。

チャンギ空港に到着、いつも思いますがここは非常に機能的な空港なので混雑したりイライラしたりしません。フランスにも見習ってほしい…。
入国後にSIMを購入してセットアップをすませてからタクシー乗り場へ。初日は夕食に行って寝るだけなので、コストパフォーマンスを重視したシェラトンシンガポールへ向かいます。
タクシーはちょっといい車で少し高めでしたが(順番でこの車になった、高いけどいい?とは聞かれた)、乗り心地良かったので良しとしよう。

シェラトンでチェックインすると、ラウンジのカクテルタイムが19時半までだから、あと30分しかないけどやっているよ、と案内されたので、さっそくビールを飲みに行きました。
シェラトンシンガポールのラウンジはスパークリングワインこそありませんが、ホットミールも2種類くらいあって思ったより悪くないです。
タイガービールで喉を潤して、IONフードコートへ向かいました。
シェラトンからだと子連れで徒歩15分強くらい。特に治安が悪い感じもなく歩けます。
オーチャードの交差点は地下通路を利用しますが、こちらから行く方向だとショップを通りまくらなくてもちょうどIONの地下に行ける感じでした。
地下4階にあるフードオペラへのエスカレーター入り口は青色ライトでちょっと微妙な雰囲気を醸し出していました(笑)


FOOD OPERA フードオペラ
ION地下4階にある大きなフードコート。広くてキレイでした。室内なのでもちろん空調もしっかりしていて快適です。フードオペラの周りにもたくさん食事できる場所がありますが、今日はフードオペラに出店しているお店のうちお目当ての4カ所へ向かいました。トイレはフードコートエリアのすぐ外ですが、こちらもキレイです。

・バレスティアバクテー
外にも持って行けるみたいだったけれど、区切られたこのお店用のスペースもあったので、そこに入って食べました。
フードコートだからか、もともとそうなのかは分からないけれど、煮込みが足りない感じ?
スープはわりとあっさりで、胡椒をあまり感じない味でした。
最終日にバレスティアロードを歩いていたら本店があったので、次回は本店のほうで試してみようかな?
まあでも久しぶりのバクテー美味しい。ご飯と野菜炒め(というか、ゆで野菜?)も合わせて注文。いつも思うけれど、リブとプレミアムリブの違いが正直あまり分からない(笑)

ここから先はフードコートに場所を陣取って、お目当てのお店のモノを買い集めてきて食べました。

・サージェントチキンライス
かの有名店チャターボックスにいたシェフが出しているお店らしい。低価格で高品質という評判だったので、さっそく試してみました。
チキンは、ホーカーズのチキンだな~という厚さと量。でも柔らかくて美味しいです。
ライスはかなり味が濃かったな~。ダシを感じるというより、チャーハンか?っていうくらいの濃い味でした。

・GOOD LUCK BBQ CHICKEN
チキンウィングが有名らしい。たくさんチキンウィングが刺さった金串で焼いています。
注文すると軽く炙ってから、手羽先の折れ曲がった部分を切って食べやすくしてくれます。
3本からの注文だったので3本頼みましたが、娘がほぼ1人で全部食べました…
美味しかったです(手羽の先のほうだけちょっと食べさせてもらえました、笑)。

・3rd Generation
ラクサのお店、これはまあまあかな~。
私はどうもコシの無い白いふにゅふにゅした麺が好みではないので…。

初日なので夕食は軽め(?)にこのくらいにして、また徒歩でホテルまで戻りました。
時差が無いのは本当に楽です。シャワーを浴びてさっぱりして、ぐっすり休みました。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ビルバオのバル2014(5) [バル(ビルバオ)]

バスク最終日(日)昼

朝食は持ち帰っても荷物になるし、と最後の1合を炊飯して、これまた残ったカップラーメンもいただきました。
今日は日本語ぺらぺらのビルバオ人の友人とお出かけです。
散歩して、アルチャンダの高台へ上り、そこから降りてきつつバルへ。
お目当てのトルティージャのお店がやっぱりお休みだったので、旧市街へ向かいました。
今回はお目当てが休暇中とか改装中とか多かったなあ。残念。

MELILLA Y FEZ
最後までどんだけ好きなの!状態で、ピンチョモルーノ(笑)

MOTRIKES
そしてやっぱりどんだけ!なピリ辛マッシュルーム。
昨日の夜に生ハムで大失敗しているだけに、間違いないところばかり行ってしまった…

IRRINTZI
友人が好きだってことで、最後はここへ。
またいろいろ違うモノ食べてみました。基本美味しい。
カンガルーの肉を使ったピンチョがありました。予想以上に美味しかった。
でも、どうしてもこの承認されていなさそうな漫画キャラの絵が気になって仕方がない(笑)

帰り道、旧市街からグランビアに抜ける通り沿いにあるアイスクリームやさんへ寄りました。
娘はイチゴのアイス。
そして夫はカリムーチョのアイスです(私は辛党なのでアイスは食べません)。
このアイスクリームやさん、カリムーチョはまだしも、ハモン味とか、ピルピル味とか、ひと舐めならしてみたいけれど恐ろしすぎるご当地フレーバーが揃っていました…。
これをてんこ盛りで食べる勇気はありません。
ティースプーン1つずつで6種類2ユーロ、とかで売れば試すのに(笑)

ぎりぎりにホテルへ戻って預けていた荷物を受け取り空港へ。
空港は近くて、タクシーで15分程度、エアフラのカウンターは混んでいないので余裕でした。
今回はチケットはCDGでカウンターでの発券が必要でしたが、荷物だけはスルーにしてくれたので、CDGでの移動はすごく楽でした。
無事発券をすませ、今年はさほど混んでいなかったイミグレを通って、エアフラのラウンジへ。
ここでサンセバのはじめの頃一緒だった夫妻と合流です(帰りの便が一緒だった)。
友人はフランス語がぺらぺらなので、カウンターのフランス人が感激したのか、まるでVIPのようにラウンジ内を案内してくれました(笑)

シャワーを浴びてさっぱりしたあとは、シャンパンで乾杯!
実はこの日は娘の4歳の誕生日だったのですが、友人がサプライズでヘアバンドのかぶり物とチョコレートのプレゼントをくれました。
ろうそくが扇子のようにならんでいて、炎の部分に一本のろうそくに一文字ずつで「HAPPY BIRTHDAY」と書かれている、日本では到底売っていなさそうなひと品、娘大喜びです。
機内でまでかぶる始末(笑)
こんなものをかぶっているものだから、CAさんから即席手作りバースデープレゼント(キャンディのネックレスと、お菓子の詰め合わせバスケット)いただきました。
両親は何も準備していなかったのは内緒です(笑)

帰りは映画を見て寝ているうちに日本へ到着でした。
今年は久しぶりのお店や、当たりを再認識したお店、ひどかったお店、いろいろ思い出深いバル巡りでした。
そして帰ってきてすぐにまた来年どうしようか考え始める私たちなのでした(笑)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビルバオのバル2014(4) [バル(ビルバオ)]

バスク旅行6日目(土)夜

ビルバオの、とうか、夏休みバスク旅行のラストナイト。新市街方面へ行ってみました。
2年前に行って美味しかった星付きレストランのバルと、神戸のレストランの人がおすすめといっていたバル(MUGIだったかな?)は残念ながらまだ準備中という感じで開いていなかった(新市街はバルの夜の部もレストラン同様始まりが遅くて20時くらいからみたい)。

DON ULPIANO
生ハムのお店、以前行ったときはとても美味しかった。
以前は美味しかった。のだが!!!!!!
まあ、こりゃひどいの一言につきる。
そもそも、注文したら、素人が見ても明らかに下手くそなハンドスライス(正直、私や夫のほうが絶対上手だね)。てんぱっているのか、飲み物の注文は受けてくれず。
飲みながら待ちたいっていうのに。
このお店のおっさんが汗だくになり、超時間をかけて、見た目のハンドスライスの下手くそさそのままだけど商品として出すことが許されるのか?というくらいびっくりするくらい細切れとか厚切りとかの生ハムが出てきた。
ここでやめておけば良かったんだけど、とりあえず飲み物を注文。
カヴァを頼んだら、こりゃまた驚きの、泡が一筋もたたなくなったカヴァ(気がもう抜けている。栓を抜いてあって、コルクの蓋がされていた)。
生ハム、そりゃもう期待を裏切らない不味さ。
あんなに生ハム好きの娘も手を伸ばさない。
これ以上食べて呑んだら吐きそうだったので、支払いはすませたうえで、美味しくない旨はきちんと伝えてお店を出ました。
ん~もう二度と行かない。絶対行かない。

SOTERA
あまりにひどい生ハムと、あまりに美味しくないカヴァで飲めなかったので喉を潤すビールのために入店。
ここもカリエンテは見あたらなかったなあ。
バカラオのピンチョ(ピルピル)は、けっこう美味しかった。
なによりビールが美味しかった(笑)

BRASS
ワインバー。あまりピンチョは心引かれなかったので、子供のために(さっき生ハム食べなかったし)子供用のセットを注文。
バカラオのコロッケ、フライドポテト、チキンのフライ。
おとなしめの味で、子供には良かった。が、スペインまで来てこれを食べるかというと、ファミレスのお子様セット的な感じかしら?

CORMADO IBERICO
先ほどの生ハムをバスク最後の生ハムにするのは自分で自分を許せなかったので、生ハムを食べに。
もちろん先ほどとは比べものにならないほど美味しいのだけれど、ビルバオでは生ハムはKATE ZAHARRAがあるので、他には食べない方がいいかも…。
LA VINAが再開したら、ここのは食べてみてもいいかな。

IRUNA
生ハムで不完全燃焼だったので、またしてもピンチョモルーノを食べに(笑)
これは間違いない味でした。

ラストナイト終了です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビルバオのバル2014(3) [バル(ビルバオ)]

バスク旅行7日目(土)昼

朝食は、本日も炊飯。お茶漬けの素は、もう少し多く持ってくるべきだったな~。
旧市街メトロの入り口付近にある児童公園で娘をたっぷり遊ばせて、ランチバルにおでかけです。

MELILLA Y FEZ
お気に入りのピンチョモルーノの出店がお昼にあるので(IRUNAは夜のみ)行ってきました。
IRUNAよりスパイシー。でも娘も平気で食べます。
さすがに娘のぶんは、あとから振りかけるパプリカ無しにしてもらいますが(笑)
食べ過ぎで疲れてきた胃にも、つい入ってしまうこのピリ辛串なのでした。

CAFE BAR BILBAO
本当は広場にある別のバルに久々に、と思ったのですが、残念ながらお休み。
ここも有名店らしいけれど行ったことがなかったので初入店です。
カリエンテは無し、でもお店の人はすごく愛想がいい。
チーズを使ったピンチョが特に美味しかったな~

RIO-OJA
娘がウズラを食べたいというので再訪(笑)
この日はちょうどパエリアが炊きたてで出てきたので、このお店で初めてパエリアを注文してみた。
まあ、美味しくなくはないんだけどね。
パエリアはやっぱりバレンシアのものだしね。
ま、次回注文するかというと、しないだろうな~。
炊きたてで出てきて、かつ米に飢えていたら注文するかも?

さすがに食べ疲れも出てきて、前ほどハシゴできません(笑)
帰り道、エルコルテでお買い物してホテルへ戻りました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビルバオのバル2014(2) [バル(ビルバオ)]

バスク旅行6日目(金)夜

ランチはかなりおなかいっぱいになったのですが、夜も当然バル巡りです。
さすがにあまりお腹はすいていないので、運動(散歩)を兼ねて軽く…。

TXOMIN BARULLO
こちらでコロッケ(クロケッタ)というと、基本クリームコロッケなのですが、このお店はジャガイモのコロッケです。マッシュポテトの中にいろいろな種類の具を入れたものがウリで、注文すると温めてくれます。
昨日はこのお店を見つけられなかったのですが、もうちょっと踏み込んだらありました。
緑色のソースがかかっているのですが、このソースが美味しい。
夫はあまりじゃがいも好きではないので、お気に召さなかったらしい。

MOTRIKES
ピリ辛マッシュルーム。
ここもピンチョモルーノと並んでお気に入り定番の1つです。
ワイルドなお店、鉄板横の台に娘が座って焼くのをガン見しています。
娘にはまだちょっと辛いですが。

IRRINTZI
どうも今まで足が向かなかったのですが、初挑戦。
カリエンテはなく、基本並んだピンチョを取るスタイル。
凝ったモノが多くて、和風なものや、珍しい食材を使ったモノも多くありました。
お店のキャラクターとして書かれている漫画が、どうみてもあずまんが大王のキャラです。
当然許可なんて取っていないんでしょうけど…(笑)
味はどれも想像以上にレベル高かったです。

ランチを食べ過ぎていたので、今日はこのくらいで軽く済ませました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。