So-net無料ブログ作成

絶景レストランで絶品生ハム [レストラン(ビルバオ)]

バスク旅行6日目(金) 昼

朝起きて何気なくチェックしたら、夫の復路特典航空券キャンセル待ちが取れていました。
やった~。
これで3人同じ便で帰国できます。一安心。
朝食は、恒例のお部屋炊飯です。
日本人だなと実感する瞬間。おにぎりとお茶漬けで生き返る~(笑)

今日は今年からこの日になったというバスクの日(祝日)。
お店やバルもお休みが多くなるとのことで、この日のお昼はレストランにしていました。
毎年お気に入りで必ず旅程に入れている、KATE ZAHARRAです。

KATE ZAHARRA
ホテルからタクシーで10分ちょっと、高台の眺めの良い場所にあります。
子連れの東洋人は珍しいようで、ここでも「去年も来たね!」と言われました(笑)

今回はビルバオ在住の友人も一緒だったので、注文は超おまかせ状態で超らくちんでした。

まずは地下のセラーで定番の生ハムです。
私たちにはハモンイベリコとロモのミックス、娘は自分用の皿がないとということで、同じ大きさの(ここ重要)お皿にハモンイベリコのハーフをお願いしました。
娘もご満悦でぱっくぱく食べます。
生ハムの後は席を移動してお食事ですが、今回は一階テラス席。
気候が暑すぎず寒すぎず、天気も良かったのでとても気持ちよかった。
エビの鉄板焼き、イカのフリット。
あとは、大あさりをアサリご飯に特注してもらったのですが、これがまためちゃくちゃ美味しかった!
このお店は基本お肉はあまり…とおもっているので、メロのソテー。これは1人前で十分だったな~(あさりご飯がすごく多かったので)。
初めてデザートも食べました。
自家製プリンと、イチゴのアイスクリームです。

うーん、お腹いっぱい!
でも最後は2階のテラスで食後酒も当然いただきました。

このお店はサラダも美味しいらしいので、来年はぜひチャレンジしてみようっと。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビルバオのバル2014(1) [バル(ビルバオ)]

バスク旅行5日目(夜)
ビルバオに来ると、やはりサンセバスチャンは観光地だな~と思う。
軽井沢にいるのに通じるモノがあると、個人的には思っている。

今日はモユア広場から大通りを歩いて、旧市街方面に向かいます。

IRUNA
時間がまだ早いからか、広いバルなのにカウンターの中には一人しかいなくて、なかなか対応してもらえない。
このお店は、店内で屋台を出しているピリ辛羊肉の串焼き、ピンチョモルーノをいただきに来たので、ビールだけ欲しいんだけどな~。
しばし粘って、ようやくカウンターの人に用件を聞いてもらえたので、すかさずビールを注文し、また会計に時間がかかるのも嫌なので会計を先に済ませる。
久しぶりのピンチョモルーノ、美味しい!
これはビルバオではまっている味のひとつです。

その足で旧市街に向かう途中のGRAN JAにもTALO(トルティーヤにチョリソなどを包んだもの)の屋台があるので行ってみたが、どうも屋台が撤去されている。
時間帯の問題なのか、たまたま夏休みとかでいないのかはわからないのだけれど、夜遅く戻りがてら見たときも、翌日以降に見たときも屋台は出ていなかった…残念。
今回はここに限らず、お目当てのお店がちょうど改装中だったり、なぜかお休みだったり(たぶんvacation)、ちょっと運が悪かったな~。

RIO-OJA
このお店のウズラ煮込みが食べたくてやってきました。
ここのビールはほろ苦いのですが、それもまた美味しい。
イカスミ煮込みとカジョスも、ある意味いい感じに生臭くて美味しいんだけど、もう少し小盛りのがあるといいなあ。
ウズラは子供達が激釣れで、おかわりまでしました。

BITOQUE
店舗が移転して、モユア広場からほど近い場所に新規オープンしていました。
お店は前に比べてずいぶん明るくて開放的な感じ。
相変わらず色々凝ったピンチョがあります。
一番最初にお店をやっていた、公園近くのほうはもう閉店したのだそうです。
まあ、そちらのお店は正直かなり味も落ちていたし、やっぱりあまり支店出すのは~って感じなのでしょうか。
牛頬肉の煮込み、しっかりしたレストラン仕様の味です。
バニラ風味のラビオリ、どんなものかと思いましたが不思議にバニラの香りが合って美味しかった。

ALAMEDA
LA VINAに行こうと思ったのですが、改装中にて休業。
じゃあサンドイッチでも、とEMEに行ったら、なんとEMEも改装中で閉店だったので、もうひとつのビルバオ人御用達サンドイッチバルということでこちらへ来ました。
EMEより小ぶりなので、お腹には優しいけれど、EMEの方が好きかな~。

移動の疲れもあったので、本日はこれくらいにて終了~。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビルバオ雑記 [スペイン旅行全般]

ビルバオ初日(木)

サンセバスチャンのホテルマリアクリスティーナから、ホテルに依頼したハイヤーで小一時間、ビルバオのモユア広場に到着です。
普通のタクシーよりも格段に乗り心地はいいし、チャイルドシートも準備してくれるので、長距離移動には専らホテル依頼のハイヤーを使うことにしています。
荷物と子供がいなければ、バスが安くて快適だと思いますが。

ビルバオに到着し、ホテルにチェックイン。
場所が便利なので最近お気に入りの、モユア広場にあるカールトンホテルです。
過去履歴がきちんと取られているようで、おかえり!去年も来たね!とフレンドリーなフロントマンでした。
今回のお部屋は、広さはそうでもないし、改装されてラブホテルチックになった部屋でもないけれど、モユア広場真正面で、眺めは最高!
部屋の丸い窓(ちょっと出窓風)が娘の特等席となり、座って外を眺めながら食事したり遊んだりしていました。
でも、改装前のお部屋は、バスタブに半分くらいガラスの扉がついて(シャワーカーテンの代わり?)、当然ながら水はたくさん外へ飛び散るし、非常に子供を風呂にいれるのが大変。シャワーブースが別になっているので、次回は改装されたお部屋をリクエストしようかな~。
それにしても、海外のシャワーブースって日本のそれとは違って、なぜあんなに密閉度が低いのだろう。扉もすかすかだし、水を外に漏らさないようにシャワー浴びるのって至難の業。
外人は上手に浴びることが出来るのかなあ?それともあまりキレイに流すことにこだわっていないのか(笑)

ホテルに荷物をおいて、まずはお土産を買いにお出かけです。
途中、旧市街入り口近くにまた例によって子供用公園が新しく出来ていたので、娘はパパと一緒に公園にトラップされました。
お店は昼休みで17時から再開、すでに2組並んで待っていて、まあこの人達も時間がかかったし私の注文も時間がかかるで、小一時間かかってしまいました。
が、無事お土産もゲットしたので、ホテルに戻ってお土産を部屋に置いて、いよいよビルバオのバル巡りに出発です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

サンセバのバル2014(12) [バル(サンセバ・グロス)]

サンセバ5日目(木) 最終ランチのつづき

今日の目的、グロス地区へ歩く。
途中やはり公園に子供達は釘付け…でも、今日は最後のランチ巡りのほうが重要なので、大人の都合を優先(笑)

一番遠くの方から、飲みながら帰ってくることにした。

ANDRA MARI
スパイシーな味付けの豚耳フライがたまらない。個人的にはワインよりはビールのおつまみ。
でも、ちょっと今日のは油切れがイマイチで、にちゃにちゃと歯にくっつく感じだった。
まあ日によって色々差がでるのも醍醐味か?

MIL CATAS
子供達に生ハムを食べさせるのに訪問。
やっぱりここはコストパフォーマンスが良いなあ。
かぶりつきでガン見している子供達に、生ハムをスライスしていたおじさんが一枚ずつ味見用にくれたもんだから、ますます子供達はテンションアップ!
ほとんど一皿を2人で食べてしまいました(笑)

SENRA
カウンターにいる人が変わっていた。経営が変わったのかな?
時間的にこのお店で最後になるので、少し腰を落ち着けて注文。
コロッケ2種、ギンディージャ。
今日のギンディージャは、辛い当たりのやつが多かった(これは店が悪いわけではない)。
友人が食指をのばしたタコのピンチョは、正直生臭かった…やはり並んでいるものを選ぶときは厳選しないとだな~。

GARBOLA
友人がモヒートを飲みたいとのことで、最後に(もうハイヤーの予約時間過ぎることは明白だったけれど)寄りました。
ここのモヒートは、セントロのLA VIDAよりもドライな感じ。
甘さも控えめで(砂糖を入れるかどうかは聞かれる)さっぱりとした感じ。
胃がすっきりしたところで、ホテルに戻ってハイヤーでビルバオに向けて出発です。

今回は、私たちだけでなくて連れもいたこともあって、しばらくぶりに行くバルにも行けて、見直したりするバルも見つけられて良かったな~。
さて、夜からはビルバオです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2014(11) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

サンセバ5日目(木) 昼

今日から本格的にジャズフェスが始まります。
朝はもちろんカヴァ付きで。
もうマネージャーさんは着席するなり「カヴァとティーとオレンジジュースね?」と持ってきてくれるようになりました(笑)
朝食後はコンチャ湾側の旧市街横にある児童公園へ行ってみました。
総合遊具みたいなやつはグロスのほうが大きくて楽しいみたいだけど、ここにはなんとメリーゴーランドがあります。
娘はめざとくアレ乗りたい!を連呼していたのですが、残念ながら始業前…と思っていたら、係の人がやってきて始動!
強力なおねだりに負けました。メリーゴーランドに乗れた娘は大喜びでした。

部屋で荷造りをすませ、サンセバ最後のランチをバルでとったあとはビルバオへ移動です。
ランチはグロス地区方面に行くことにしていましたが、昨日友人が行きたいと言っていたけれどお店がお休みだった串焼きのお店が開いているかどうか見に行ってみることにしました。

EGOSARI
おお!お店が開いている!昨日は臨時休業(たしか定休日はなかったはず)だったのかな?
串を3種選んでグリルしてもらいました。
ムール貝のフライ、鶏肉の串、豚肉の串。
鶏肉は見かけ以上にさっぱりあっさりとした味でした。ムール貝は予想以上に美味しかったなあ。
友人は生ハムとマンゴーのピンチョが気になってつまみ食い。

さ、本日はこれからグロス地区を回ります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2014(10) [バル(サンセバ・セントロ)]

サンセバ4日目(水) 夜のつづき

旧市街をはずれてセントロ地区へ。
今日はジャズフェスティバルの前夜祭なのだが、さすがにまだ旧市街をはずれるとうるさくもないし混んでもいない。
ジャズフェスが目当てではないので、この日程で組んで良かった~。

HARITZA
ここのトルティージャはやっぱり不動の正統な美味しさ。
観光客ずれしていない分、愛想はないけれど、安いし美味しいし、やっぱりはずせないお店です。

CIABOGA
夜遅かったからか、じゃがいもは揚げたてというよりはだいぶオイルに浸った感じ。
でも揚げたてでも浸ったやつでもここのは美味しいのだ。
子供達もぱっくぱく!

さすがに夜10時もまわっていたので、帰り道カテドラルで記念撮影をしてホテルへ戻りました。

サンセバのバル2014(9) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

サンセバ4日目(水) 夜

今年は冷夏だったのですが、この日は気温も上がって海にちょっとくらい入れそうかな~という感じになったので、昼食の腹ごなしは娘待望の海です。
気温と砂浜の砂はそれなりに暖かいけれど、水温は結構冷たくてしばらく海に入っていると明らかに唇が紫色になってくる娘。でも大はしゃぎでなかなか海からあがってきません。
あまりにはしゃぎすぎて、徒歩10分もかからないのにホテル前で撃沈して寝てしまったのですが、身体が結構冷たいので入浴させてお昼寝にしました。
私は寝過ごさないよう注意して、午前中に預けた洗濯物の引き取りです。
朝カウンターが開いたときに出しても、たいてい引き取りは7時。
やっぱり今日はさほど混んでいなかったようで、夜になってもおばちゃんはゴキゲンうるわしく、「あら、お子さんはどうしたの?」なんて聞かれちゃいました。
去年が特別忙しくて疲れていただけで、これが普通なのかな?(笑)

夜は、初日は合流していなかった友人一家と一緒だったので、私の好きなバルのおさらいも兼ねて厳選コース。

BORDA BERRI
テッパンメニューの牛頬肉煮込みはもちろん、アロスボンバとイベリコ豚のケバブを注文。
今日のアロスボンバは、なんというか、出汁の味が濃すぎて、本だしを入れすぎた感が(笑)。
ケバブは非常に好みですね~。

GANDARIAS
やっぱりここではソロミーヨです。相変わらずぶれない美味しさ。
友人が気になったピメントのチャングロ詰めフライを注文。チャングロというよりは、チャングロ風味のする(薄い)クリームコロッケの中身がピメントに詰まっているという感じのモノだった。
正直次回これは注文しない(笑)。

LA CUCHALA DE SAN TELMO
牛頬煮込みの食べ比べも兼ねて。
開店直後はそうでもないけれど、夜8時も過ぎているので激混みです。
やっとの思いでカウンターに到達。でもふと気づいたら、脇の出入り口からだとそんなに大変じゃなく出入りできるようだ。
フォアグラと牛頬肉を注文、相変わらず山盛りカヴァを持って屋外待避。
今日の牛頬肉は煮込み具合がかなり良くて今までの中でも美味しかった!

PACO BUENO
セントロへ移動しようとしたのですが、移動途中に、つい揚げたてのエビフリットだけつまみ食い(笑)
この後はセントロ地区へ移動しました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2014(8) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

サンセバ4日目(水) 昼

いろいろ私事で忙しくしていたので、気づいたらシンガポール旅行前に書き終われるかどうかが微妙になってきてしまった…。

さて、朝食はもう恒例、マネージャーさんがカヴァ?と聞きに来てくれます。
当然朝カヴァをいただいて、今日はコインランドリーに洗濯物を出しに行く日です。
たまたまかもしれないけれど、この日はコインランドリーの機械も1台くらいしか動いていなくて、あまり混んでいません。カウンターが開いて(当然5分遅れくらいで開きます)、カウンターの中にも洗濯物の残り(去年は洗いきれない分が残っていた)も無いし、忙しすぎないせいかおばちゃんもゴキゲンうるわしゅうございました。
勿論お店でたたむところまでやってもらうのを依頼して、そのままグロス地区の児童公園で遊んでからホテルへ戻り、昼バル巡りに出発です。

お昼は、サンセバで合流した友人達が初めてフル出動。本日の目的は旧市街のチュレタです。

ZERUKO
最初にCUCHALAで前菜を食べてからと思ったのだけれど、12時オープンのはずなのにまだ始めていなかったので、今日目的のお店NESTORへ行って、半分開いたシャッターから予約注文をすませて、お向かいのこのお店で開店まで待つことにしました。
ランゴスティーノの天ぷらと、モルシージャのピンチョス、そしてイカのハンバーガー(といっても、パンに挟まっているわけではない)をオーダー。
夫の好きだったフローズンサングリアは機械も無くなっていて、どうやら販売していないようだ、残念。
このお店は前衛的で面白いんだけれど、美味しいモノと微妙なモノの落差が激しい。今回のはアタリかな。

NESTOR
本日ランチのメインイベント。
チャコリを飲みながら、まずは予約していたトルティージャを待つ。
ちゃんと予約しているのだけれど、私たちのぶん、ちゃんとあるの?と心配になった頃、お皿にのったトルティージャを渡されて一安心。
ん~やっぱりこのとろとろタマネギは他には無いな~。
今回は人数もいたので、チュレタが焼けるまでトマトサラダとギンディージャも注文しました。
トマトは美味しいけれど、まあトマトなので、トマト好きにはたまらないと思う。でもうちは娘も夫もさほどトマト好きではないので、次回自分達だけのときに注文するかは微妙。
ギンディージャを食べながら待っていると、チュレタ登場!
旧市街で、予約無しで、しかもこの低価格で、これだけの美味しさ。
トロサのチュレタもすごく美味しかったけれど、正直、タクシー代と時間をかけることを考えたら来年はここでチュレタだな~。

LA VINA
デザートのチーズケーキを食べに。
デザートのはずなのに、つい目がいやしくて他にも注文してしまうのだった…。
スープドポアソン、ややしょっぱいけれど濃厚な蟹とエビの出汁のスープ、美味しかったです。

本日は夜もバルをいっぱい巡る予定なので、ここで終了。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンセバのバル2014(7) [バル(サンセバ・パルテビエハ)]

サンセバ3日目(夜)

ARZAKから戻ったのは18時半、それでもやっぱり夜バルに出かける私たちなのでした。
ちょっと酸の効いたものを食べてからにしようか、ということで、セントロのAntonioに行ってから旧市街。今日は久々に行くバルを巡るという感じになりました。

Antonio
久しぶりにアンチョビを食べに。
酢で食欲が増進され、すっかり元気になったのでした。
少し塩がきついけれど、TXEPETXAよりもシンプルな感じが好き。

Tambolil
ここも非常に久しぶり。
いわしのフライが美味しいという情報を得たので来てみました。
あつあつサックリ、しょっぱすぎずいい味です。
価格もさほど高くないし、これはまた今後寄るお店になるかな~。

SPORT
こちらもかなり久しぶりの訪問です。
チャングロのクレープ包みを注文しようとして、チャングロの甲羅焼きを頼んでしまったのですが、これが予想をはるかに上回る美味しさでした。
カヴァは、LA CUCHALAを上回る表面張力レベルに注がれ、子供にもグミをくれ、ん~なんだかサービス満点で嬉しくなっちゃいました。
ここもまた今後常連入りかな?

GANBARA
メルルーサの卵の酢漬けを食べに。ただ思ったよりは酸っぱくなくて、今ここで求めていたよりも上品でした。

HAIZEA
数年ぶり。やっぱりランゴスティーノを注文、改めて食べてみると結構レベルは高いな~。

しばらくぶりのお店も回れて満足な夜バルでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。