So-net無料ブログ作成
検索選択

オンダリビアのバル2017(2) [バル(オンダリビア)]

バスク5日目昼

さて、ランチのバル巡りです。
まずは、昨日お休みだった、コンクールで賞を取ったピンチョがあるというお店へ。

Sardara
今までの例にもれず、広くて明るい店内です。
カウンターにバスクの地ビールが5種類ほど瓶で置いてあり、ピルスナータイプを試してみました。さわやかでフルーティなビールです。
賞をとったピンチョはどれかと聞くと、黒板の横に書いてあるメニューだと教えてくれました。
その賞をとったピンチョが表紙になっている立派な本も見せてくれました。
賞をとったピンチョはバカラオの皮をぱりっとさせたものに、バカラオのクリーム仕立てをミルフィーユのようにはさんだバカラオピンチョで、サクサクミルフィーユな感じです。
美味しいけれど、キレイ食べるのは困難(笑)
あとはマルミタコというこの地方の郷土煮込み料理を注文、これまた非常に家庭的な素朴な味わいじゃがいもと鰹の煮込み料理でした。どちらも美味しかったです。
Gran Sol
この後はビルバオに移動のため、昨日美味しいと思ったボラデカルネが食べられない!と、再訪。
ボラデカルネ、サンセバにはときどきあるらしいので、次回からは探してみよう。
ここのトルティージャは、飴色タマネギたっぷりで、NESTORに近い感じです。
そして娘がボラデケソを食べるというので、それも注文。
ついつい食べ過ぎちゃいます。

ALAMEDA
本日のメインイベントのバルです。城壁の外にあります。
星付きレストランに併設されているこのバルは、とてもオシャレでキレイです。
メニューは季節ごとくらいに変わるらしく、繁忙期はピンチョスも多いらしいですが、この時期はラシオンものが多かったです。
セビーチェ、美味しいですが、添えられたトルティヤチップスは不要かなあ。
鶏の金沢風、照り焼き風味がほっとします(笑)。毎年金沢市から料理人が来て、日本フェアみたいなのをするらしく、そのときに置いていったレシピらしいです。
カジョス、これも上品に仕上がっていて美味しいんだけど、いかんせん半分でいいなあ、量的に。
最後にはシェフがおすすめと行ってきた、豚耳のソテー。とても食べやすくて美味しかったです。
うーん、美味しかった。
また是非来たいですね。
サンセバから30分なので、日帰りで来ることもできますしね。

DANONTZAT
パラドールからすぐ近くの小さな通りにあります。
ウエイターが日本語の前掛け(エプロンじゃ無くて、魚屋みたいなやつ)をかけていました。日本人がバイトしていたそうで、その人にもらったんだそうです。
シェフは超ハイテンションなオネエっぽいシェフでした(笑)
ここのスペシャリテらしい、牛タンを目の前でサラマンダーで炙ってくれるピンチョをいただきました。美味しかったです。
さすがにお腹いっぱいなので、これ以外は食べられませんでした。
帰り際、娘にも私にもハイテンションでハグしてくれました(笑)
パラドールから近くの裏通りみたいな小道にひっそりあるバルですが、人気のようで混んでいました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る